JUNSKY blog 2017

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

トランプのシリア空爆は娘イバンカの助言による?

2017年4月13日(木)

日刊スポーツの記事から。

トランプ氏決断、米シリア攻撃裏にイバンカさんあり
 日刊スポーツ - 2017年4月13日8時58分


    Ivanka-Trump-244x300.jpg

2017041421425482c.jpg

 シリアの無辜の人々を化学兵器が襲い乳幼児も含む
多くの犠牲者が出たのは、その後の各国メディアの裏付け取材でも
ほぼ確かなことのようであるが、実行したのがシリア政府軍かどうか
には、多くの疑問が出されている。

20170414214551a02.jpg

 しかし、トランプ大統領は、この悲劇を憂う娘・イヴァンカの助言によって
シリアを59発のトマホークで攻撃した。

Ivanka-Trump-201702.jpg

 イヴァンカの助言によって攻撃実行を決断したことは、弟で実業家のエリック氏や
スパイサー大統領報道官も公式に認めたとのこと。

 米国上院・下院の承認も無く、娘の助言でことを進めるとは、一国の
大統領が行う決断とは・・・ 言葉も無い!

20170414214304be3.jpg

 その上、前にも書いたが、あろうことか日本政府は米空母「カール・ビンソン」
打撃群と共同訓練を要請したとのこと。

 在日米軍基地ばかりでは無く、日本の自衛隊基地も北朝鮮の反撃対象に
するようなものだ!

20170414214549f87.jpg


 米国が北朝鮮の攻撃を行う場合は、事前に韓国や日本政府と協議する
と言ったらしいが、これまでの事前協議が、ことごとく形骸化していることを
考えても末恐ろしいことだ!

 日本国民は、北朝鮮の反撃があって、初めて知ることになるのだろうか?





続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

お馬鹿な安倍晋三政権が米軍空母機動部隊と北朝鮮との戦闘を想定した共同訓練を米国に依頼!

2017年4月12日(水)

 安倍晋三は、心底から戦争をしたいらしい!
 彼の眼には国民が被災する状況は全く思い浮かんでいないのだろうか?!


 「米海軍の原子力空母カールビンソンと海上自衛隊の艦艇が共同で訓練する」
  ことを首相官邸が決めたと云う!


 過去にも共同訓練は行われているが、もっぱら海上自衛隊の護衛艦が
米国の空母や主力艦艇を護衛する訓練だった。
 しかし、今回は「北朝鮮有事」を想定した極めて『キナ臭い』訓練のようである。

 朝日新聞しか報道していないのか? 毎日新聞などではHITしなかった。

 今日、以下の恐ろしい記事が朝日新聞(4月12日付け)に掲載されていた。

米空母、海自と訓練へ 朝鮮半島近海へ航行中
 朝日新聞 - 2017年4月12日05時00分


  以下、朝日新聞記事の引用では無く、私のコメント 

 九州西方の海域で米空母機動部隊と海上自衛隊が
 共同訓練して、北朝鮮からのミサイル反撃を迎撃?!

 自衛隊が米軍と北朝鮮対応の共同訓練を行えば、
 北朝鮮のミサイルの照準は、在日米軍基地だけではなく、
 自衛隊基地にまで広がるではないか?

 政府(防衛省)・軍部(自衛隊)は、何を勘違いしている!
 その上、迎撃ミサイルなど「当たる」はずがない!

 しかし、事態は益々深刻な戦争準備に進んでいる。

 ある朝目覚めたら、「自衛隊幕僚監部発表。」
 「日米連合軍は日本海に於いて北朝鮮軍と戦闘状態に入れり!」
 と放送されて、安倍晋三が待ちに待った戦時体制が敷かれる

 かも知れない。

 その前に北朝鮮から核ミサイルが日本の米軍と自衛隊の基地や
 主要都市に射ち込まれて日本が壊滅しているいるかも!

  真っ先に標的になるのは、沖縄と九州だろう!
  ひとごとではない!
  


    ************ 

 
続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

民進党 東京都連を皮切りに逃亡ドミノ始まる! 小池新党に秋波!

2017年4月11日(火)

 民進党の長島昭久衆議院議員が、小池新党に合流する意欲満々で
民進党東京都連幹事長と云う重責と義務を投げ捨てて離党した!

蓮舫民進党の離党ドミノ深刻、不信マグマ爆発誘発も
 日刊スポーツ・中山知子 - 2017年4月11日9時42分


 日刊ゲンダイの記事 によると 

 民進党では、これまでに都議選の公認内定者36人のうち7人が離党届を提出。そのうち4人が小池知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」から出馬する。
 もっとも、民進党より「離党ドミノ」が深刻なのは自民党だ。都民ファーストの公認予定者25人中11人は、自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。 

      とのこと。 両党からの「逃散」は今後も続くだろう!

 小池新党と政策協定と選挙協力を結んだ公明党も含め、
彼らに共通するのは 『勝ち馬に乗る』 こと!
 尤も、都議選では 『勝ち馬』 に成るかならないかは不明だが、
都知事選挙や千代田区長選挙の結果や世論調査の傾向から
『都民ファーストの会』 を 『勝ち馬』 と見做すのは
ある意味当然の吸引力の為せる技。


 長島昭久衆院議員(55=比例東京ブロック)が民進党を離党するのは勝手で
民進党が除名処分に相当する「除籍」にしたのも当然の事であるが、
長島氏が、そこまで『道理』を通して『矜持』を示したいのであれば、当然のことながら
選挙区では落選したのに民進党の名前で比例復活した議席は返上するべきである。
 
 野田幹事長は衆議院議員辞職を求めたが、長島氏はこれを蹴ったと云う。

 議席を投げ捨てる覚悟も無いのに、党を裏切って都議選直前に寝返るなど
敵前逃亡そのものである。 戦国時代であれば「謀反」そのものである。

「考え方が違う」長島を説得できない「考え方」
 日刊スポーツ【政界地獄耳】(K) - 2017年4月11日


  日刊スポーツ【政界地獄耳】では、長島氏を説得できず、次々と小池新党に
乗り換える議員や候補者が続出する民進党執行部の能力にも疑問を!

長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず
日刊ゲンダイDIGITAL ー 2017年4月11日


 一方では、自民党東京都連からも小池新党に向けて脱走するものも続出。
     【都民ファーストの公認予定者25人中11人は、
      自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。】

 民進党も自民党も小池新党『都民ファーストの会』への流入が続いているようで
逆に言えば、『都民ファーストの会』そのもののスタンスに疑いも出てくる。

 都民第一どころか、選挙協力と政策協力を結んだ公明党や
自民崩れ・民進党逃亡組の思惑に政策が歪められる可能性が高い!

 その「都民ファーストの会」 が 『綱領』 を発表したらしいが、
これだけ手枷足枷に縛られていて実現可能なのだろうか?

「都民ファーストの会」6・1までに全候補決定へ
 情報公開の徹底などを盛り込んだ会の綱領も発表
 日刊スポーツ(共同) - 2017年4月11日20時27分
 

「都政の第一目的は、都民の利益を最大化すること。私たちは旧来の勢力にとらわれている都政を解き放ち、ちゅうちょなく東京を活性化し、行政力の強化を行う」など (毎日新聞記事から引用)


   「都民ファーストの会」の公式サイトは見付からず、
   「小池百合子政治塾」のサイトでも正式には掲載されていない!
   facebook サイトも見つからない!



続きを読む

テーマ:民進党 - ジャンル:政治・経済

アメリカ軍が日本海に空母カールビンソンなどを急遽集結!

2017年4月10日 (月)


今にも米国が北朝鮮に対する空爆を行いかねない
恐ろしい展開が日経新聞にも掲載されている !


前にも書いたが、今空爆すれば北朝鮮からの核兵器も含む反撃を受けるのは、
日本と韓国の米軍基地であり、その周辺の民衆である。
多大な犠牲者を生む可能性が極めて高い。

今のところ米国本土、中でもホワイトハウスなどの中枢機関がある
ワシントンやニューヨークのような東海岸を攻撃する性能を
北朝鮮が獲得していないだろうと云う見込みで空爆を加える可能性がある。

米国が北朝鮮の数十箇所の標的を幾ら同時にピンポイントで攻撃した
としても、北朝鮮には潜水艦発射型のミサイルもあるし、トラック搭載型の
小型核兵器も持っている可能性がある!

今時、小型核兵器と言っても広島・長崎型の数十倍は威力があるだろうから
日本や韓国の惨劇は考えるだに恐ろしい !

このような予想は私のような素人の幻想では無い!
多くの学者や軍事評論家が真面目に心配している話である。

絶対に攻撃しないで欲しい!

米が北朝鮮に圧力 国務長官、対抗措置を示唆
日経新聞 ー 2017/4/10 10:27
【ワシントン=永沢毅、ソウル=山田健一】
トランプ米政権が北朝鮮への圧力を強めている。ティラーソン国務長官は9日の米テレビ番組で、先のシリアへの攻撃を引き合いに「国際合意に違反し他国への脅威になるなら、いずれかの時点で対抗措置をとる」と話し、国際合意に反してミサイル発射を繰り返す北朝鮮を強くけん制した。米海軍は8日、当初予定を変えて朝鮮半島周辺に向け原子力空母カール・ビンソンを派遣した。
 ティラーソン氏は9日、米ABCテレビなどに出演し、米のシリア攻撃を北朝鮮はどう受け止めるべきかと問われ「他国への脅威となるなら、対抗措置がとられるだろう」と述べ、北朝鮮への警告の意味があると示唆した。一方で「我々の目的は朝鮮半島の非核化と明確にしている」と強調し、一部で伝わる北朝鮮の体制転換が目的ではないとの考えを示した。
 同氏は先の米中首脳会談での協議にも触れ「緊張感は高まり、なんらかの対応をせざるを得ない状況だと(中国側は)はっきり理解したはずだ」と述べ、北朝鮮問題での中国の対応を促した。

(以下略)



こちらの記事では一層具体的な記事が・・・

私のFacebook投稿
⇒ 北朝鮮攻撃の具体的動き!
  極めて恐ろしいシナリオ
  米中首脳会談の前の時点。
  北朝鮮の新たなミサイル実験やシリアへの空爆よりも前の話し。
  (以下、記事から)
*********
MONEY VOICE - 2017年4月2日
 
北朝鮮は、そのときどきの米中の都合によって脅威が調整できる便利な国である。この利便性がある限り、北朝鮮の存続は許され、攻撃はないと見たほうがよい。したがって、いまの北朝鮮の脅威は、アメリカがTHAAD迎撃ミサイルの配備を中国に容認させるための口実であり、また、いま国防省が進めている軍需産業再編計画の口実でもあるので、当面の間は実際の攻撃はない、とした。
ティラーソン国務長官の発言でにわかに高まる攻撃の可能性
しかし他方、アメリカの歴代政権は、北朝鮮攻撃の現実的なシナリオも作成しているのは間違いない。
北朝鮮の分析者の間では、いまも当面は北朝鮮攻撃はないとする見方が強いものの、状況次第では攻撃もあり得るとの意見が多くなっている。それというのも、日中韓の3カ国を訪問し、北朝鮮情勢を話し合ったティラーソン国務長官が、対北朝鮮政策の根本的な転換を示唆する、以下のようなニュアンスに富んだ発言をしているからだ。
(以下、ティラーソン国務長官の発言でにわかに高まる攻撃の可能性)

・米国は外交、その他の努力を20年間やってきた。北朝鮮の非核化を求めてきたが、失敗した。新たなアプローチが必要なのは明らかだ。
・北朝鮮の核は差し迫った脅威であるため、(北朝鮮の核)状況の展開によって米国は韓国と日本の核武装の容認を考慮しなければならないかもしれない。
・外交的、安保的、経済的なあらゆる対北朝鮮オプションを検討することもできる。
・北朝鮮が核実験を継続し核兵器と運搬システム開発を継続するならば、われわれは「誰も望まない所」へ進むだろう。
・最近の北朝鮮の行動を見ると(北朝鮮の威嚇は)バブルが弾ける直前。(対北朝鮮対応の)第1段階オプションは北朝鮮に対し非常に強力な制裁メッセージを伝えることであり、(その次に)北朝鮮政権に追加的圧力を強化すること。
・米国政府は韓国とそこに駐留している米軍が脅かされる場合、北朝鮮に対する軍事行動の可能性を除外しない。


これらの発言を見ると、米政府の過去20年間の北朝鮮政策は完全に失敗だったとしながら、当面は北朝鮮への圧力と制裁の強化で対応するも、もし米軍と韓国軍に脅威が及ぶならば攻撃も辞さないという態度であることが分かる。

(以下略)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

トランプ米国大統領は北朝鮮に対しても単独速攻の意思表示!

2017年4月9日(日)

日刊スポーツの記事によると、アメリカ軍は現在は撤収していた
戦術核兵器を再び韓国配備する方針だという。

20170409192053db7.jpg

ここでは、日本への配備は書かれていないが、日本では今も
「核兵器を配備しているかいないかを言わないことが抑止力である」
との立場のようで、配備されている可能性は残っている。

20170409192053c7b.jpg

20170409192051c94.jpg

また、折から開催されていた米中首脳会談で、トランプ大統領は、
習近平主席に「中国が北朝鮮に対して毅然とした制裁措置を行わない
ならば!単独行動も有り得る」と迫ったとのこと。

20170409192054569.jpg

シリアへの空爆決定が国連なども通さず、米国議会にも諮らないで、
国家安全保障会議だけで行われたと言うから、北朝鮮に対しても
同様のやり方を行うかも知れない。

20170409192132614.jpg

北朝鮮に空爆を行ったら、核兵器も含む反撃が韓国や日本の
米軍基地に対して行われる可能性が高く、両国は廃墟と化す!
新たな朝鮮戦争は、50年代と比べ物にならない地獄と成る!

20170409192132614.jpg

201704091921351a6.jpg

20170409192133984.jpg

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

ニセ情報対策 ドイツは五千万ユーロ、Twitterは政府に憲法違反を突き付け、Googleは

2017年4月8日(土)

世界中で、いわゆる『ニセ情報』が、いかにも本当のニュースのように
拡散していることに対して、ドイツはSNSサイト管理者が放置し続けた
場合に5000万ユーロ(約60億円)の罰金を課すことを発表した!
ひとつの抑止力としての発表ではあろう。

‪ドイツ:IT大手に最大罰金59億円 偽記事対策違反で
- 毎日新聞 ー 2017年4月5日 21時58分
https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00m/030/129000c‬


一方で、トランプ米国大統領が頻繁にニセ情報も含めて呟いている
Twitter 社は、米国政府や情報機関による監視を米国憲法違反として
訴える模様。

米ツイッター、実名開示を拒否 大統領批判のアカウント:
東京新聞・国際(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017040701001159.html

検索最大手のGoogle社も、ニセ情報管理を徹底するとのこと。

グーグルが偽ニュース対策 信頼できるか第三者が意見:
東京新聞 経済(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017040801001035.html 続きを読む

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

化学兵器サリンを使用した?シリア軍基地に米国がミサイル攻撃!

2017年4月7日(金)

 シリア政府軍と思われる?勢力がシリア国内の反政府派の支配する地域を
化学兵器サリンを使用して攻撃し、子どもや乳幼児を含めて多くの自国民を
殺戮した。
 そのことは、許されるものではない!

 【後日追記:その後の報道で、シリア政府が毒ガス兵器を使用した証拠も
  無いし、使うことによって得られるものより失うものの方が遥かに多く、
  シリア政府軍が毒ガス兵器を使用した可能性は少ない、と言われている】

 しかし、このシリアの内戦(実際には米ロの代理戦争的な側面もあるが)に
米国が軍事介入して、ミサイルによる空爆を加えた。

 初の習・トランプ首脳会談の最中(さなか)に、シリア空爆をトランプ大統領が命令!
 プーチン・ロシア大統領は、シリア政府がこのサリン兵器使用を行ったのかどうかを
精細に調査した後に、報復を検討すべきだと言っていたようだが・・・

 日中首脳会談の最中に北朝鮮が実験ミサイル発射!
 米中首脳会談の最中にアメリカが実戦ミサイル空爆!
 国際関係は武力行使一色になりそうな気配である!
 自民党も便乗して「報復攻撃」を声高に主張し始めたし!


米国 シリアにミサイル攻撃
… アサド政権基地に50発超

 毎日新聞 - 2017年4月7日 14時14分


 上記、毎日新聞などによると
【地中海の洋上に展開する2隻の米艦船が59発の巡航ミサイル
「トマホーク」をシリアに向け発射。
CNNはシリア西部のシャイラット空軍基地が標的になったと伝えた。】

 そして安倍晋三政権は『案の定』 早速この攻撃を支持!

米、シリア攻撃
 安倍首相「米国政府の決意支持」

 毎日新聞 - 2017年4月7日 15時47分


  そうくるとは思ってはいたが、何と自主性もプライドも無いアメリカ追従!

 
シリア攻撃
民間人巻き込む恐れ…中東情勢さらに混迷

 毎日新聞 - 2017年4月7日 11時58


以下、私のfacebook 投稿より転載 

 結局この『反撃』でも犠牲になるのは
 殆どが民間人となるだろう。
 過去の事例がそれを悲劇的にも証明している!
 何故シリアの内戦に米軍が関わろうとするのだろうか?
 北朝鮮に対するシグナルと言う解説者も居るが、
北朝鮮に空爆とかしたら、核兵器も含む反撃を受けるのは
駐韓米軍であり、在日米軍基地である。
 今の処、米国東海岸に到達するまでの技術的到達には
至っていないとの判断で空爆するつもりなのだろうが、
攻撃を受けるのは韓国と日本であり、核兵器が使われたら
沖縄が更なる悲劇に襲われるだけでは無く、本土の米軍基地
も核兵器攻撃される可能性が高く、日本は壊滅する!
 トランプ大統領は何の痛みも感じないだろうが!
 米軍は北朝鮮の主要軍事基地の位置と能力を殆ど把握
しているのだろうが、トラック搭載型とか潜水艦搭載型も
既に開発しているようであり、反撃は必ず行われるだろう。
 「あらゆるオプション」から「軍事攻撃」「武力行使」などは
削除してほしいものだ!
 しかし、安倍晋三政権は、黙々と米軍に従う積もりのようで、
こういう危機感を米国に提示することさえしないだろう! 



     ***************

続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

非道! 原発被災者の苦悩は知らん顔の“復興大臣”

2017年4月6日(木)

 『開いた口がふさがらない』 と言う喩は、こういう時にピッタリだ!

 記者会見の場で、テレビも収録している最中に
「避難先から帰れないのは自己責任だ!」 と言い
その発言の問題点を丁寧に且つ穏やかに問う記者に対して
「何と無礼なことを言うんだ」「二度と来ないでください」「うるさい」
などと暴言を連発した!

 この暴言を引き出したのは、大手新聞やテレビなどの記者では無くて
フリーランスの記者だった。

 こういう防衛大臣といい、法務大臣と言い、安倍晋三総理も含め
こうも無能でお馬鹿な閣僚が政治を司っている!(表向きだけ)
 こんなヤカラでも日本国の政治は続いているのだから野党でも
充分にやって行けるに違いない!
 立憲4野党共闘政府なら何しろブレーンに日本共産党が居るし!

    ***************

 毎日新聞から、今村復興大臣と記者のやりとりの状況の一端を!

今村復興相
「出ていきなさい」「うるさい」会見発言要旨
 毎日新聞 - 2017年4月6日 19時18分
 

 今村雅弘復興相が4日の記者会見で発言した要旨は次の通り。
     *************
 --3月31日に自主避難者の住宅の無償提供が打ち切られた。自主避難者に対する国の責任をどう考えるか。

 ◆福島県に窓口をお願いしている。国は県の対応をサポートする。

 --関東から関西に避難している人もいる。対策を立て直す必要があるのではないか。

 ◆福島県が現地の事情に詳しい。このままでいきたい。

 --福島県に押しつけるのは無理だ。路頭に迷う家族もいる。どう対応するつもりか。

 ◆基本的には本人が判断することだ。帰還の環境づくりをしっかりやっていこうということで、福島県を中心に寄り添う方がいいだろう。国の役人が……県の事情をわきまえない人がやってもしょうがない。

 --それは復興相がなぜ帰れないのかという実情を知らないからではないか。

 ◆人のせいになんかしてないじゃないか。誰が人のせいにしたのか。

 --帰っている人も、帰れない人もいる。

 ◆帰っている人もいろいろな難しい問題を抱えて帰ってもらっている。

 --帰れない人はどうするのか。

 ◆それは本人の責任でしょう、本人の判断でしょう。

 --自己責任か?

 ◆基本はそうだと思う。

 --国はそういう姿勢か。

 ◆一応の線引きをして進んできたわけだから、そこの経過は分かってもらわないといけない。(不服があれば)裁判でもなんでもやれば……やったじゃないか。それなりに国の責任もあると言った。しかし、現実の問題としては補償の額もご存じの状況。国としてはできるだけのことをしたつもりだし、まだまだ足りないとなれば、福島県を中心に国が支援する仕組みでやっていく。

 --自主避難者にはお金は出ていない。

 ◆ここは論争の場ではない。

 --責任を持ってやってほしい。

 ◆やってるじゃないか。君は何と無礼なことを言うんだ。ここは公式の場だ。撤回しなさい。

 --撤回しない。

 ◆しなさい。出ていきなさい。もう二度と来ないでください。人を中傷することは許さない。

 --避難者を困らせているのはあなただ。

 ◆うるさい。

ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170407/k00/00m/010/044000c#csidx49c01f111a9f9969f78bf3081a3f8be
Copyright 毎日新聞
 






テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

中高生英語力、目標到達36% 文科省16年度調査 : 西日本新聞

2017年4月5日(水)

 西日本新聞の記事で注目したものがあったので御紹介致します。

 英語教育の強化に文部科学省は躍起になっているようだが、
世界的水準で見ると最低レベルに低迷!

 上位は(ネイティブの国を除き)やはり北欧が独占!

中高生英語力、目標到達36% 文科省16年度調査
 西日本新聞 - 2017年04月05日17時56分
 

 文部科学省は5日、全国の公立中学・高校の生徒の英語力を調べた2016年度英語教育実施状況調査の結果を公表した。高3生のうち「英検準2級程度以上」の生徒は、前年度より2・1ポイント増の36・4%。中3生で「英検3級程度以上」は0・5ポイント減の36・1%だった。政府は東京五輪なども見据え、卒業段階での割合を17年度までにそれぞれ50%にすることを目指しているが、達成が困難になりつつある。

 ここ数年、中学、高校ともに英語力は少しずつ上がっていたが、中3で低下に転じた。
 文科省は「今後、現場の取り組みも大きく変わる。徐々に計画に近づけていってほしい」としている。

 (紙面では、もっと詳しかったがWeb版では以上! 



【関連記事】

【発表】世界の英語力ランキングが判明!
  ハングリーフォーワーズ メールニュース

英語教育大手の“EF English First”が行った
「世界の英語力ランキング」

で各国の英語力が明らかになりました。

気になる、ランキングTOP10 は、以下の通り。

1位:オランダ
2位:デンマーク
3位:スウェーデン
4位:ノルウェー
5位:フィンランド
6位:シンガポール
7位:ルクセンブルク
8位:オーストリア
9位:ドイツ
10位:ポーランド

・・・いかがですか?

全体的に見て英語能力が最も高いのは
ヨーロッパで、1位はオランダ。
その後はデンマーク、スェーデンなどが続きます。

ちなみに、気になる日本の順位は、、、
72カ国中 35位。


能力レベルは「低い」と認定され
昨年の「標準的」から陥落する結果に終わりました。



「裕福で発展した国にも関わらずグローバル社会で必須となる
国民の英語力の向上に苦心している国は
ヨーロッパ諸国と比較して稀なケースといえる。」


とのコメントもあり残念な結果となっています。

(ここから『英語教材』に引き込んでゆくので途中で割愛!)

実は、北欧の国々では、英語圏のテレビなどに
『吹き替えがないこと』が一般的です。

日常から文字に頼らずに
英語を「耳から理解する」という機会が多いのです。


一方、私たち日本人はどうでしょう。

テレビで洋画が放送されるときは、
必ず日本語吹き替えで放送されていますよね。

さらに、洋画に限らず、「聞くだけ」のような使った学習をしていても
『目』で英文を確認しないと落ち着かないのではないでしょうか。

つまり、字幕をみたり、英文を確認したりと
目からの情報に頼りすぎていて、
「耳から英語を聞く時間」
が圧倒的に少ないのです。

しかし、実際の英会話というのは
「音」で成り立っています

当たり前ですが、会話中に文字など出てきません。

耳から聞こえてくる情報を
即座に理解して、返答をしなければいけません。
(以下略)
 





テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

籠池理事長が安倍昭恵付き『秘書官』谷査恵子さんに宛てた手紙を公式開示!

2017年4月4日(火)

 今日の【日刊スポーツ】に先日、日本共産党の大門議員が暴露して追究した
手紙の原本が政府側から公式書類(証拠)として提出されたとの記事が載った。

 森友学園の籠池理事長(当時)が、安倍昭恵の留守電に『御願い』を残し、
これに対して、安倍昭恵が谷査恵子・安倍昭恵付き『秘書官』に指示して
籠池氏からの「要求事項」を谷査恵子さんに問い合わさせた。
 これに対する返答を籠池氏が筆致も明瞭な手書きの手紙に記して
谷査恵子さんに送達した封筒と中身の依頼状が政府から公式に開示された
と云う話し。

なんか文章にまとめにくい経過 (笑)

170404_132047.jpg

 日刊スポーツの記事を引用すると以下の通り!

政府が籠池氏の手紙コピー公表
 賃借料などに触れる

 日刊スポーツ - 2017年4月4日9時45分
 

 政府は3日、大阪市の学校法人「森友学園」への国有地格安払い下げ問題に関し、籠池泰典前理事長が安倍晋三首相の昭恵夫人付だった政府職員に送った陳情の手紙のコピーを、参院予算委員会理事懇談会で公表した。

 籠池氏は、手紙の中で国有地について「半値で借りられたらありがたい」と、賃借料を半額とするよう求めているほか、学園側が行った立て替え払いへの支払いの遅れについて「ふりまわされています(原文ママ)」と不満を表明。
 賃借料の5割カットは、「安倍総理が掲げている政策を促進するため」としている。手紙のタイトルは「小学校敷地の件について (H27・10・26)」で、ノート2ページに書かれている。

 手紙を巡っては、先月28日の参院決算委員会で共産党の大門実紀史議員が独自入手したとして、内容を公開。手紙で籠池氏が要望したことはその後、すべて実現しているとして「(首相が主張する)ゼロどころか満額回答だ」と指摘した。 



     *************

こちらは、本日の日刊スポーツ【政界地獄耳】

170404_132410.jpg

「最大の抑止力は友人」に共感

 日刊スポーツ【政界地獄耳】 - 2017年4月4日9時29分

(後半から一部引用)
 先月(2017年3月)31日、政府は戦前・戦中の教育勅語について、終戦後の48年、衆参両院が排除・失効の確認を決議しているにも関わらず
「勅語を我が国の教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切である」としたうえで
「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」
との答弁書を閣議決定したり、
文科省も同日付の官報で「新学習指導要領」を告示し、中学の保健体育の武術の種目に
新たに戦前に学校の軍事教練に採用されていた「銃剣道」が加えられた。
 核廃絶に興味を示さず、戦前・戦中の軍事教練を取り入れるなど一体、この国は何を目指そうとしているのか。

 ★俳優渡辺謙はツイッターに
「1人の兵士も戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯でできた憲法であれ僕は世界に誇れると思う。複雑で利害が異なる隣国ともポケットに忍ばせた拳や石ころよりも最大の抑止力は友人であることだと思う。そのために僕は世界に友人を増やしたい。絵空事と言われても」と書いた。同感だ。(K)

⇒ (引用者注:この数日の渡辺謙さんの『スキャンダル』は、
  著名人による政府批判への『口封じ』のひとつだろう!)



テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

前のページ 次のページ

FC2Ad