JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

米韓軍事演習・中止を言明! 在韓米軍縮小にも含み 煽りで米軍需株が急落!

2018年6月13日(水)

 きのうの米朝TOP会談で朝鮮半島の非核化の道の入り口に立ち、
戦争では無く平和的互恵関係で米朝関係を進めて行くと云う
「共同声明」を私は大歓迎したい!

Nikkei_20180612_NKvsUS_Statement-sign.jpg
   合意文書に署名する北朝鮮の金正恩委員長(左)と
   トランプ米大統領(12日、シンガポール)=ロイター

2018061601471907d.jpg


 記者が入った冒頭の撮影では、金正恩の口数の少なさに対して、
トランプ米大統領は極めて饒舌であった。

 その饒舌さを際立たせたのは、午後5時過ぎから単独で開かれた記者会見と
それに続く記者との「一問一答」というか「一問多々答(笑)」であった。
 記者の質問の十倍位の分量で応えていたように思う。

 その中で、私が注目したのは【米韓軍事演習】を約束したことである。

米韓軍事演習、中止へ トランプ氏が会見で
 日本経済新聞 - 2018/6/12 17:51


20180616014720430.jpg


 理由は、米朝高官レベルの対話を妨げないように『対話が継続しているうちは』
軍事演習を中止するということではあるが、トランプしは軍事演習が『壮大な無駄遣い』
であることを意識的に且つ明瞭に語った。

 北朝鮮と平和の枠組みができたのに、何故軍事演習で金を浪費する必要があるか?!
と云うことであり、その考えには賛成である。

 そして、ビジネスマンらしく、軍事演習が『金喰い虫』であることを知ったからには
この無駄遣いを正して行かなければならないと宣言した。
 ただ、この部分は日本のマスメディアは余り触れたがらないようだ!

 これまでの政権は、オバマ政権も含めて、アメリカ政治を裏で支配する
軍需産業に抵抗できなかったが(オバマ大統領は試みたが挫折!)、
『アメリカファーストの独裁者』であるトランプ氏は朝鮮半島のために何で
アメリカの兵士や資金が浪費されるのか? と気が付いたようだ。

 それ故、米韓軍事演習中止だけではなく、在韓米軍の縮小さへ示唆した、とのこと。

米朝敵対解消を演出 トランプ氏は在韓米軍縮小に含み
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:32


 その煽りを受けて、米国軍需産業の下部が急落したと云う。

米軍需株が急落、米朝会談で東アジアの緊張緩和観測
 日本経済新聞 - 2018/6/13 7:54
 

 共同声明の英語元文を日本経済新聞 電子版が紹介している。


米朝共同声明の全文(英文)
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:06


Nikkei_20180612_NKvsUS_Statement.jpg
        ホワイトハウス報道担当がツイッターで公開した、
        米朝首脳会談の共同声明(ツイッター画面より)

米朝首脳会談、共同声明の全文 (日本語版)
 日本経済新聞 - 2018/6/12 22:44


米朝首脳署名式発言全文
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:22


米朝首脳の発言全文
 日本経済新聞 - 2018/6/12 18:22


非核化「段階別、同時行動の原則順守」 朝鮮中央通信
 日本経済新聞 - 2018/6/13 10:01


続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

北朝鮮の金正恩委員長とアメリカのトランプ大統領が堅い握手!

2018年6月12日(火)

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長と
米国(アメリカ合州国)のドナルド・トランプ大統領が、予定通り
シンガポールで直接対話し、戦争では無く平和の枠組みを約束した。

NHK_201806121616_02.jpg

私は、金正恩もトランプも大嫌いだが、この直接対話と合意(共同声明)は
歓迎するところである!

NHKも含めてマスメディアは『共同声明などの正式文書の調印は難しい』
と言うような論評を数日前から振り撒いて米朝会談の価値を下げようと
画策して来た。

これが安倍政権に忖度したものであることは明らかだった。

いや、忖度どころでは無い。 恐れおののいて『ひれ伏した』と云うか
「恭順の意を示した」というべきだろう。

処が、米朝の【共同声明】が発表されたものだから予想外の関係改善の進展に
慌てふためいて、今度はこの共同声明に難癖を付けようと躍起になっている。
やれ具体性が無いだの包括的だのと・・・

実際には、報道人の予想を超えた歴史的かつ画期的な共同声明が出された。

NHK_201806121618_03.jpg

私は、一回で具体的な行程表が出るとは思っていなかったし、
対話だけでも充分な意味があると思っていたので、
共同声明が出されたのは大きな成果だと思う。

何よりも、去年は『一触即発』と言われて意図せぬ戦争に発展しかねない
緊張状態だった米朝の関係が大きく改善され、
戦争回避が確実になっただけでも素晴らしい成果だと思う!

NHK_201806121614_01.jpg


NHKなどが今回の米朝会談の価値を低めようと躍起になっている中で
会談の成果を率直に評価する日本共産党の
志位和夫委員長の談話は簡潔であるが素晴らしい‼️

    ***************

歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する
日本共産党中央委員会 ー 2018年6月12日(火)
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2018/06/post-787.html
#日本共産党 #志位和夫

【歴史的な米朝首脳会談を心から歓迎する】
 2018年6月12日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫

一、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩国務委員長が、本日、シンガポールで米朝首脳会談を行った。
 両首脳が署名した共同声明によると、金委員長は「朝鮮半島の完全な非核化への強固で揺るぎない決意」を表明し、トランプ大統領は「北朝鮮に対する安全の保証の提供」を約束し、米朝両国が「平和と繁栄を望む両国民の願いに従って新しい米朝関係を樹立」し、「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制を構築」することを宣言した。
 日本共産党は、長年にわたって厳しく敵対してきた米国と北朝鮮が、初の首脳会談を行い、朝鮮半島の非核化と平和体制構築をすすめ、両国関係を敵対から友好へと転換させるために努力することで合意したことに対して、心からの歓迎を表明する。

一、今回の米朝首脳会談は、非核化と平和体制構築に向けたプロセスの開始である。この目標の達成には、両首脳が確認したように、今後も首脳会談を含め交渉を継続し、共同声明の合意を速やかに具体化し、誠実に履行するための真剣で持続的な努力が必要である。そのことを米朝両国に強く期待する。

一、非核化と平和体制構築を実現するためには、米朝両国の努力とともに、関係各国、国際社会の協調したとりくみが必要である。平和を求め、核兵器のない世界を求める諸国民の世論と運動が不可欠である。
 とりわけ、日本政府が、日朝平壌宣言にもとづき、核・ミサイル、拉致、過去の清算など両国間の諸懸案を包括的に解決し、国交正常化のための努力をはかり、開始された平和のプロセスを促進する役割を果たすことを強く求める。拉致問題の解決も、そうした努力のなかに位置づけてこそ道が開けることを強調したい。

一、日本共産党は、北朝鮮問題の「対話による平和的解決」を一貫して主張し、4月上旬には、「朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的・段階的に進める」ことを関係国に要請した。この間の情勢の進展は、わが党の提唱が、関係各国の努力方向とも合致し、情勢を前向きに打開する唯一の道であることを示している。
 南北首脳会談と米朝首脳会談によって開始された平和のプロセスが成功をおさめるならば、世界史の一大転換点となり、地域の情勢を一変させるものとなるだろう。日本共産党はそのために引き続きあらゆる努力を続けるものである。





続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

米軍F15、沖縄近海で墜落 嘉手納基地所属

2018年6月11日(月)


米軍F15、沖縄近海で墜落 嘉手納基地所属
 沖縄タイムス - 2018年6月11日 08:24
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/265235

20180611203414c84.jpg

(資料写真)米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機の同型機

 沖縄防衛局によると、11日午前6時25分ごろ、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が那覇市から南へ約80㌔の海上に墜落した。パイロットは緊急脱出し、米軍や自衛隊の航空機が捜索。救助され、在沖米海軍病院にヘリで搬送されたとの情報がある。

 嘉手納基地所属のF15戦闘機は、最近では2013年5月に国頭村の東海上、06年に伊計島の東海上、02年8月に沖縄本島の南海上で墜落している。

・・・・・・・・・・


⇒ パイロットを救助したのは自衛隊だった!
  米軍は何をしていたのか?
  救助を求める時だけ、日本政府や防衛省に連絡してくる!
  救助を必要としない事故は通告もしないのに!


******************

那覇沖で米軍機墜落 パイロット大けが
 NHK NEWS WEB - 2018年6月11日 8時57分

 11日朝、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に配備されているF15戦闘機が那覇市沖の海上に墜落し、緊急脱出したパイロットが自衛隊に救助されましたが大けがをしているということです。

 11日午前6時半前、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に配備されているF15戦闘機1機が那覇市の南およそ80キロの海上に墜落しました。

 沖縄防衛局によりますと、乗っていたパイロット1人が緊急脱出して、その後、航空自衛隊のヘリコプターに救助されたということです。

 警察によりますと、足の骨を折る大けがをしているということです。

 第11管区海上保安本部の航空機や巡視船が現場の海域に到着し、詳しい状況の確認を進めているほか沖縄県も情報の収集にあたっています。

【在日米軍も墜落発表】

 在日アメリカ軍司令部は、午前9時すぎ、ツイッターで「F15戦闘機が、けさ早く、訓練中に沖縄本島の沖合で墜落した」と発表しました。また、「パイロットは無事救助された」としています。

【翁長知事「子孫に責任持てない」】

 沖縄県の翁長知事は、午前10時前、県庁で記者団に対し、「去年1年間緊急着陸などいろいろなことがあったが、一つも解決しないまままた、F15が落ちた。これを当たり前のように思ってしまっては、わたしたちは将来の子や孫に責任が持てない」と述べました。
          
 沖縄県基地対策課の金城典和課長は11日午前8時半ごろ県庁で報道陣の取材に応じ「今のところ県民への被害の情報は入っていない。これから事実確認と、今後の対応を検討したい。米軍には安全面を十分に確保してほしい」と話しました。

【小野寺防衛相 安全対策求める】

 小野寺防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、「アメリカ軍F15戦闘機から搭乗者1人が洋上に緊急脱出したという情報が統合幕僚監部にあり、航空自衛隊・那覇救難隊のUH60救難ヘリコプターがパイロットの救出を行った。搭乗者は1人で、7機で飛行していた。けがはしているが意識はあり、命に別状はない」と述べました。

 小野寺大臣は、事故を受けて、在日アメリカ軍に対し、情報提供と安全管理の徹底を申し入れたことを明らかにしたうえで、「アメリカ軍機の事故が繰り返し起きており、飛行の安全をしっかり求めていきたい。墜落したF15は日本も使っている航空機であり、原因についてアメリカ側から詳細な報告を受けたい」と述べました。

【嘉手納配備のF15 過去にも事故】

 アメリカ軍嘉手納基地がある嘉手納町などによりますと、基地には去年3月の時点でF15戦闘機54機が常駐しているということです。

 基地のF15戦闘機は、過去にも墜落事故が起きていて、5年前の平成25年5月に沖縄本島北部の国頭村の東およそ60キロの海上に墜落したほか、12年前の平成18年にうるま市の伊計島の東およそ70キロの海上に墜落しました。

 いずれもパイロットは墜落の直前に脱出していて、命に別状はありませんでした。

 このほか部品の落下なども相次いでいて、ことし2月に重さおよそ1.4キロのアンテナが落下したほか、去年5月には重さおよそ2キロの部品が落下しました。いずれも、けが人はいませんでした。

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

第9回平和祈念資料展 赤煉瓦文化館で

2018年6月10日(日)


西日本新聞記事を見て、この展示会を知り行って来ました。

十数年前から、福岡に公的な【平和祈念資料会館】を建設しようと
議会請願を続けている団体が今年も開催されました。

写真をいくつか掲載します。

2018061017094794a.jpg

2018061017094899b.jpg

20180610170951f28.jpg


20180610170949958.jpg

20180610170956963.jpg

20180610172010a32.jpg
焼夷弾の解説と中学生が作った実物大模型など
20180610172008fca.jpg

20180610172011548.jpg

20180610172011de8.jpg
現在も高齢にも拘らず平和運動の先頭に立たれている
石村善治さんが防火で成果を上げたことへの表彰状!
昭和22年に発行されているので戦後になって表彰された。


20180610172611f5a.jpg

20180610172612ca7.jpg

201806101726145f7.jpg

20180610172713e92.jpg
戦前の教科書の一部

201806101727122a9.jpg
戦後間もなくの頃のカラフルになった教科書


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

『デジタル赤旗への懸念と期待』日刊スポーツ【政界地獄耳】

2018年6月9日(土)


デジタル赤旗への懸念と期待
日刊スポーツ【政界地獄耳】がエール?!

電子化進む「しんぶん赤旗」の悩み
日刊スポーツ/政界地獄耳 ー 2018年6月9日(土)
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201806090000167.html

201806092211049de.jpg

 ★7日、共産党委員長・志位和夫は会見で党機関紙「しんぶん赤旗」の電子版を7月2日から発行すると発表した。1928年創刊の日本最大の党機関紙にも電子化の波が押し寄せたといえるが、志位は「しんぶん赤旗が基本で、より多方面の方、新聞が配達されにくい方などに読んでいただきたい。電車の中で赤旗を広げて読むのに抵抗があっても、スマホやタブレットだったら読めるという人に届けたい」とアピールした。

 ★同時に「今後も部数増に重点を置きたい」というが、現在同紙の部数は日曜版含み113万部。17年1月公表した数字だが一般紙の部数激減の波は党機関紙にも及んでいるはずだ。「それでなくとも赤旗は党員が配達するがその減少と高齢化が悩みの種」(党関係者)とも言われる。また値段も月決め3497円となかなか立派な値段だ。電子版も同額、紙との併読割引や廉価版の運用はない。党にとっては組織維持と活動率の向上に欠かせない機関紙活動という考え方だろうが、生活の中での負担は重い。

 ★同党は今年1月からインターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用した「JCP(日本共産党)サポーター」制度を導入。こちらもネット社会の対応と気軽さで党へのハードルを下げることが目的。若者や無党派層への浸透を図るが、「どこも同じだが来年の統一地方選挙や参院選が近づかないと、盛り上がるほどの勢いは出てこない」(他党のネット担当者)。ここでは党費は取らないが寄付は受け付けている。ネットへの対応はいずれも党員拡大とともに無党派層への浸透だ。そこに柔軟さがあるかが問われる。来週11日には組織・党活動の対策が討議されるであろう第4回中央委員会総会(4中総)が党本部で開かれる。暗闇を照らす赤旗の役割を議論してもらいたい。(K)※敬称略



テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

米朝会談 先ずは『朝鮮戦争終結宣言 合意』?

2018年6月8日(金)


米朝首脳会談
朝鮮戦争終結合意も トランプ氏
毎日新聞 ー 2018年6月8日 10時28分
https://l.mainichi.jp/OAyJbSi

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は7日、12日にシンガポールで開かれる史上初の米朝首脳会談で、朝鮮戦争(1950~53年)の終結を宣言する合意文書に調印する案について「可能性がある。検討しており、先方とも協議している」と明らかにした。さらに、合意調印は「最初のステップで、合意後のことが重要だ」と指摘した上で、「(非核化などを含め)すべてが片付いた時点で国交正常化することを望んでいる」と述べた。

 安倍晋三首相との日米首脳会談後、ホワイトハウスで開いた共同記者会見で語った。トランプ氏は「朝鮮半島の非核化は南北朝鮮をはじめ、すべての人々を繁栄と安全、平和の新時代に導く」と非核化への意欲を改めて表明。「いつでも席を立つ準備はある」として、北朝鮮の対応次第で協議を打ち切る考えを示す一方、「その必要がないことを願っている。金正恩(キム・ジョンウン)(朝鮮労働党委員長)も素晴らしいことを成し遂げたいと考えている」と述べた。

 トランプ氏はまた、今月1日に金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長から受け取った金委員長の親書の内容について、主に「あいさつ」と「首脳会談での対面への期待の表明」だったとし、「本当にとても温かく、すてきな手紙だった」と説明した。会談が成功した場合、金委員長の訪米を招請するのかとの問いに対し「まずはホワイトハウスに招くことになるのではないか」と述べ、前向きな考えを示した。

 一方、トランプ氏は安倍首相との会談冒頭、米朝首脳会談が「単なる記念写真撮影で終わることはない。実りある協議になる」と強調、「状況次第では1、2日もしくは3日間に及ぶかもしれない」と述べた。




テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

こちらも記録改竄! 神戸製鋼の材料強度データ改竄で家宅捜索? 今頃?!

2018年6月7日(木)

去年から度々問題になって来た日本の名だたる大企業における
有ってはならない材料強度データ改竄不正!

モリカケ問題と並行している処に日本の政治経済システムの
腐食劣化が見えて来ている。

この惨憺たる状況は日本国内だけでは無く世界中に知れ渡っている!

ホントにお恥ずかしい限り話しである。

その大企業による不正の1つ。

神戸製鋼の材料強度データ改竄に関して、強制捜査が入ったとのこと。

しかし、不正がバレてから既に半年以上経っているだろう。

今頃、家宅捜査に入っても、証拠書類などはとうの昔に
破棄しているだろう。

まぁ、心有る職員が『手控え』を残していて提供するかも知れないが。

‪神戸製鋼本社をデータ改ざんで家宅捜索 東京地検など:‬
‪日本経済新聞 ー 2018年6月5日(水)‬
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31369480V00C18A6MM0000/‬

 神戸製鋼所による品質検査データの改ざん問題で、東京地検特捜部と警視庁は5日午前、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、同社の東京本社(品川区)など関係先を家宅捜索した。特捜部などは資料の分析や関係者の事情聴取を進め、組織ぐるみとされる不正の解明を目指す。

東京地検などが家宅捜索に入った神戸製鋼所の東京本社(5日午前、東京都品川区)
画像の拡大
東京地検などが家宅捜索に入った神戸製鋼所の東京本社(5日午前、東京都品川区)
 特捜部などは既に神鋼側から任意で資料提出を受けたが、全容解明に向けて強制捜査が必要と判断。米司法当局も調査を進めており、日本の製造業への信頼を揺るがした問題は刑事事件に発展した。

 関係者によると、捜索対象は神鋼の東京、神戸両本社のほか、長年にわたり不正が続いていたアルミ・銅事業部門の真岡製造所(栃木県真岡市)など3つの製造拠点。

 神鋼によると、これまでに不正が判明したのは国内外のグループ23拠点。顧客との取り決めを満たすように強度などのデータを改ざんしたり、検査自体を行わずに数値を偽ったりして、海外企業を含む600社以上に製品を出荷していた。

 23拠点の約半数はアルミや銅製部材の製造拠点で、出荷された製品は自動車や航空機などに使われていた。一部の不正は1970年代から続いていたとされる。

 神鋼は2018年5月時点で出荷先のほぼ全てで安全性を検証済みとしている。同社の不正を巡っては、航空機大手ボーイングなどを抱える米国の司法当局も調査に乗り出すなどしている。





テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

理財局長主導の森友事件の核心部分の隠蔽工作を日本共産党が入手して公開!

2018年6月6日(水)

森友学園予定地のゴミ撤去費用について、会計検査院を騙すために
財務省と国土交通省が謀議して隠蔽工作を画策し、功を奏して
誤魔化しに成功したと云う話し!

日本共産党が会話記録を入手して暴露した。

先だっての国会の集中審議でも公表したが財務省が答弁を回避したので
会談記録をマスメディアに公開したらしい。

以下、本日付の西日本新聞記事紙面より。

2018060622342444a.jpg



森友・加計問題 共産党追及チーム
 2文書公表/政権への忖度 赤裸々/政府のごまかし今も
しんぶん赤旗 ー 2018年6月6日(水)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-06/2018060601_01_1.html

 日本共産党国会議員団の森友・加計問題の追及チームは5日、国会内で記者会見し、財務・国土交通の両省局長らが森友学園との国有地取引をめぐる対応を「口裏合わせ」した文書(別項)と、国交省が会計検査院への意見をまとめた文書の二つの証拠文書を公表しました。宮本岳志衆院議員は「5月28日以降の質疑でわが党は、新たな事実を示した。政府がいかにごまかすかを今もやり続けているという事実だ」と強調しました。

(記者会見で公開した森友関連の文書)

 共産党がこの間新たに入手していた資料は3種類。一つは、昨年2月13日に近畿財務局が作成した森友学園との「応接記録」、次に昨年9月7日に財務省の太田充理財局長と国交省の蝦名邦晴航空局長が検査院や国会への対応を協議した「意見交換概要」(A4判2ページ)、三つめは同8月に国交省が作成したとみられる「会計検査院報告原案への主な意見」(A4判30ページ)です。

 このうち「応接記録」は財務省が4日に提出した資料に含まれ、真実性が確認されています。このため、同じ方法で入手した他の2資料も公表しました。

 「意見交換概要」では、検査院に8億円値引きの理由をどう主張するか検討したほか、否定できない点については「『金額』よりも『トン数』のほうがマシ」などとごまかす方法を話し合っています。また、「官邸との関係も含めてメリデメ(メリットとデメリット)をもうちょっと考えさせてほしい」「政権との関係でデメリットも考えながら対応する必要はある」など首相官邸への忖(そん)度(たく)が生々しく語られています。

 「主な意見」は両局長の意見交換に先立ち、国交省が検査院への言い分をまとめた資料で、「処分費用の試算額『1億9706万余円』や『4億4367万余円』を例示として示すことは、合理性のない試算値が出回るだけ」と撤回を求めるなど、「意見交換概要」で協議した内容と同様の主張が盛り込まれています。

 辰巳孝太郎参院議員は「国会への資料提出を官僚や官邸の都合で出すのか出さないのか相談していた。これほど立法府をばかにした話はない」と批判。宮本徹衆院議員は「彼らのつくったストーリーに合う文書は出し、合わないものは隠している。太田局長の『政権のデメリットも考えて』という対応が今も続いているということだ」と指摘し、引き続き追及するとしました。





続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

麻生太郎の処分は僅か170万円の減給のみ!

2018年6月5日(火)

大阪地検特捜部が佐川理財局長(当時)を不起訴にしたのを受けて?
財務省が森友事件の 調査報告書を提出した。

201806052336264a5.jpg

それによると、財務省による文書改竄の原因が、去年2月の安倍総理の
国会答弁に端を発するものであることは認めたのだが、肝心要の
安倍総理と昭恵夫人の関与については明らかにしなかった。

20180605233623dae.jpg

安倍総理夫妻の言動が元で、この文書改竄が起こったことは認めたのに、
当事者の安倍総理は何の処分も為されず、安倍総理を忖度して文書改竄を
実施した関係者のみが処分された。

官僚として、然るべく行動したことで処分されたのでは堪らないだろう!

麻生太郎財務大臣は、大臣給与1年分を返上すると言うから、期待したら
僅か170万円だと云う。 一桁間違えている喉はないか?と思ったほどだ!

20180605233632537.jpg



西日本新聞社説では、麻生太郎財務大臣責任を厳しく問うている。

20180605233632672.jpg


 麻生大臣自身が大臣年俸を返上すると言ったが、
 国会議員歳費に大臣年俸として上乗せされた僅か170万円
 とのこと。 私は最初一桁間違えた(1700万円)かと思った!
  この方が財務大臣を辞任するべきだと云うのは世間一般の
 声であるが、新聞各紙も社説などで辞任を要求している。

*****************

森友問題処分 納得いかぬ麻生氏の続投
 西日本新聞【社説】- 2018年06月05日 (火)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/422066/

 国会審議への影響は直接の引き金かもしれないが、解明する必要があるのは、その背景である。麻生氏は「それが分かれば苦労はない」と述べた。「私のリーダーシップの下、再発防止と信頼回復を図る」と辞任も否定したが、もはや麻生氏のリーダーシップには期待できない。
 民主主義の根幹を揺るがす一連の公文書改ざん、廃棄だけではない。事務次官のセクハラ問題も含め、かつて「最強官庁」と言われた財務省の威信は失墜し国民の信頼も失った。これだけの疑惑や不祥事を引き起こした組織の最高責任者が部下の職員を処分し、自らは給与返納だけで居座り続ける。そんな組織が本当に再生できるだろうか。



森友文書改ざんの調査結果 居座った財務相の不実さ
 毎日新聞【社説】- 2018年06月05日 (火)
https://mainichi.jp/articles/20180605/ddm/005/070/131000c

 公文書の改ざんや廃棄、たび重なる虚偽答弁で1年以上にわたって国会を欺き続けた前代未聞の不祥事だ。財務省職員の処分だけでは済まない。当然ながら麻生太郎副総理兼財務相の引責辞任が不可欠である。

 

森友問題と政治責任 社会のモラルを掘り崩す
 朝日新聞【社説】- 2018年06月05日 (火)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13526068.html?ref=opinion

■麻生氏は即刻辞任を
 麻生氏は再発防止に全力で取り組むとして、職にとどまる意向を表明した。首相も「麻生氏に責任を全うしてもらいたい」と支持した。しかし、この問題を軽視する発言を繰り返してきた麻生氏の下で、行政への信頼回復や財務省の抜本的な立て直しが実現できるとは到底思えない。麻生氏は速やかに辞任し、新しい大臣の下で財務省は出直すべきである。



     ***************

あきれた麻生節 職員20人処分も「改ざん組織的ではない」
 日刊ゲンダイ -  2018年6月4日(月)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/23046

続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

トランプ大統領が「最大限の圧力 もう言いたくない」と言ったら 日本も早速追従!

2018年6月4日(月)

 日替わりで状況が変わる北朝鮮とアメリカの直接頂上会談に関して
きのうの当ブログ記事で
【トランプ大統領さえ「最大限の圧力 もう言いたくない」と言った訳だから
 安倍晋三も明日くらいには屈服して撤回するかも ・・・】
 と書いたが、まさにその通り、きのうの内に追従してしまったようだ!

SBSH6541.jpg

対北朝鮮「圧力」明記せず 日米韓防衛相が共同声明
 西日本新聞 - 2018年06月03日更新 19時33分



 幾ら強い言葉を発してもそれはアメリカさんの傘の下に居るからこそ!
傘が無くなって、ハシゴも外されたら、またもや言い逃れ!
まさに『虎の威を借る狐!』そのもの・・・

SBSH6537.jpg

アメリカさんも既に『虎』を誇示する威力は無くなっているが・・・

SBSH6539.jpg


「最大限の圧力、もう言いたくない」
 トランプ氏“成果”へ焦り 「非核化」のハードル下げる

 西日本新聞 - 2018年06月03日 06時00分

20180603221246229.jpg 

     (前略)
 1日、正恩氏側近の金英哲(キムヨンチョル)党副委員長との約1時間半にも及ぶ会談を終え、ホワイトハウスの中庭に姿を現したトランプ氏。英哲氏と握手を交わし記念写真に応じるだけでなく、車に乗り込んだ後も手を振って見送るなど、破格の対応で友好ムードを演出した。記者団には「今から本当の交渉が始まる」と述べ、正恩氏との会談に意欲を示した。

 だが、歴史的な会談になると意気込んでいた史上初の米朝首脳会談は「非核化への出発点」とトーンダウン。これまで対北朝鮮戦略として展開してきた、強大な軍事力を背景に経済制裁などを科しながら追い詰める「最大限の圧力」については「その言葉はもう使いたくない」と強調した。

     (以下略)






続きを読む

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

前のページ 次のページ

FC2Ad