JUNSKY blog 2018

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

北朝鮮とアメリカも対話に向かいそうな状況! 韓国の努力の成果!

2018年2月14日(水)

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、
金与正(キムヨジョン)氏が率いる北朝鮮の『高位代表団』が
韓国・文在寅(ムンジェイン)大統領と突っ込んだ会談をし、
北朝鮮に帰国して金正恩委員長に詳細に報告したと云う。


   兄妹で腕組みして仲のいい処を見せ付けているようで・・・
   今や要人であることは決定的!
Mainichi-20180214-01.jpg


 その中には、歓迎を受けたことについての報告と伴に
韓国におけるアメリカのスタンスと動向も含まれていただろう。

 金正恩委員長は、韓国での代表団歓待に対して謝辞を述べたとのこと。

 朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、9~11日に訪韓した妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は金委員長の「特命を受けて活動した」としたうえで、金委員長が代表団から報告を受けたことを写真付きのトップニュースで伝えた。同新聞などによると、金与正氏は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領らとの会談内容や、米国の動向などについて金委員長に報告。金委員長は満足の意を表し、平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせて訪韓した北朝鮮代表団や応援団について「南側(韓国)が格別に重視して便宜を図り、(代表団の)活動をしっかり保証するため誠意を尽くし努力した姿が印象的だった」と謝意を表明した。
【聯合ニュース - 2018/02/14 】



 一方で、韓国・文在寅大統領は、オリンピックを契機に訪韓した
アメリカのペンス副大統領とも会談し、北朝鮮と「探索的対話」をしてみるよう
提案していたことが明らかになった。

Rengo-News_20180214-01.jpg

 既にペンス米副大統領は、ピョンチャン五輪からの帰途
ワシントンポストとの機内会見で「話し合う用意がある」ことを表明している。 


米、北朝鮮と対話の用意 副大統領「圧力は維持」
 西日本新聞 − 2018年02月12日17時09分


 急速な関係改善が進むことを期待したい!


文大統領 米国に「北朝鮮との探索的対話」提案していた
 聯合ニュース - 2018/02/14 16:47


【関連記事】

正恩氏「結果の積み重ねが重要」南北関係改善指示
 毎日新聞 - 2018年2月13日 20時46分


金与正氏とはいかなる人物?五輪で韓国入り、大胆な外交を展開
 毎日新聞 - 2018年2月14日


衝突回避いけないのか NHKが南北首脳会談に否定的なワケ
 日刊ゲンダイ - 2018年2月14日





続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

日米の介入と軍事挑発がなければ朝鮮問題は平和に解決できるのでは?!

2018年2月12日(月・振休)

 北朝鮮と韓国が偶発的戦争を回避し、平和的交流を進めることは、
東アジア情勢を少しでも改善するためには大きな前進だと私は思う。


「心合わせ難関突破を」と文在寅大統領
 金与正氏と楽団公演観覧

 西日本新聞 − 2018年02月11日21時03分

Nishinippon_201802110016_001.jpg
 三池淵管弦楽団の公演を観覧する (左から)
 北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長、
 金与正・朝鮮労働党第1副部長、
 韓国の文在寅大統領
 西日本新聞 =11日、ソウル(聯合=共同)

 日本政府や一部メディアは、北朝鮮の積極的な姿勢をオリンピック向けの
一時的『ほほえみ外交』と揶揄し、軍事的・経済的圧力を一層強化する
と云う方向に傾斜している。

 このような日本政府の姿勢とアメリカ軍の軍事的威嚇・挑発がなければ、
朝鮮半島情勢は随分前に改善が図られていたのではないかと思う。

 日本政府とアメリカ政府は、北朝鮮と韓国の対話・交流・交渉に
口を出すべきでは無く、『内政干渉』的言動をやめるべきである。

 安倍晋三政権は、今やアメリカ以上に韓国に対して内政干渉的発言を
繰り返して、北朝鮮との緊張関係の強化を求めている。

河野外相「ほほえみ外交」けん制 非核化へ日米韓の結束強調
 西日本新聞 − 2018年02月11日17時10分


米、北朝鮮と対話の用意
 副大統領「圧力は維持」

 西日本新聞 − 2018年02月12日17時09分


 毎日新聞でさえ、「南北融和」に冷や水を浴びせる記事

「南北統一の主役」文氏を持ち上げ 
 特使・与正氏が主導権 核・ミサイル棚上げ

 会員限定有料記事 毎日新聞 - 2018年2月11日


 平昌五輪を訪問した安倍晋三総理と韓国・文在寅大統領との会談で
文在寅大統領は「内政干渉をやめるべきだ」と不快感を示したと云う。
日本政府の露骨な内政干渉に対して正式に抗議を受けた訳である!

韓国大統領、安倍首相に不快感
 西日本新聞 − 2018年02月10日18時02分
 

文在寅大統領が「わが国の主権の問題であり、内政に関する問題だ」と不快感を示したと明らかにした。



 自らが内閣の一員では無かった時は『ハト派』的な表現をしてきた
河野外相は、『期待』(私は期待していなかったが;笑)に反し、安倍晋三に
忖度して、強硬派に宗旨変えしたようだ。


 日刊ゲンダイでは、この点を解り易く具体的に指摘していた。

あまりに酷い変節漢
 河野外相の答弁は過去の質疑と正反対

 日刊ゲンダイ - 2018年2月10日


 北朝鮮と韓国が和平のために冷静な対応を行い始めた時に
どうにもならない安倍晋三政権の人々の哀れな姿である!


     *****************

【関連記事】

韓国
連日の与正氏歓待 文氏、共に公演観賞

 毎日新聞 - 2018年2月11日 20時57分
https://mainichi.jp/articles/20180212/k00/00m/030/067000c


(2月13日追記)

金正恩氏、南北関係改善を指示
 韓国に謝意、高官代表団から報告

 西日本新聞 − 2018年02月13日08時48分 (更新 02月13日 09時50分)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/393691/


北朝鮮
正恩氏、南北関係改善を指示 与正氏の報告受け

 毎日新聞 - 2018年2月13日 11時02分
https://mainichi.jp/articles/20180213/k00/00e/030/219000c





続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

韓国と北朝鮮の最高幹部が正式会談 朝鮮半島の平和は朝鮮民族間で解決!

2018年2月10日(土)

平昌オリンピックを舞台に韓国と北朝鮮の最高幹部が会談したとのこと。
歓迎したいと思います。

20180211170158e11.jpg

北朝鮮からの訪朝招待に韓国側は受け入れる姿勢と云う。
極度の緊張状態から偶発的戦闘が起こらないように
するための平和に向けた対話を歓迎したいと思います。

ニュースでは、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長から
金正恩氏の意思を正式な親書(文書)で手渡すと伴に
言葉でも伝えたとのこと。


20180211170149103.jpg

‪南北首脳級:ソウルで会談 金正恩氏の意思伝達か ‬‬
 ‪毎日新聞 ー 2018年2月10日(土)
‪https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00e/030/315000c‬



(2月11日 追記)
‪南北会談:韓国大統領に訪朝要請 ‬
‪文氏「条件整え実現を」 ‬

‪ 毎日新聞 − 2018年2月11日(日)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180211/ddm/001/030/170000c‬


201802111701543c1.jpg

ところが・・・
朝鮮半島の平和は 朝鮮民族間で解決しようと言う動きに
安倍政権は盛んに水を差す動きに熱心!
北朝鮮と韓国が民族の中で解決してもらっては困るとばかりに
日本の介入の余地を残したくてしようが無い。
緊張状態をエスカレートさせる発言に終始しています。

民族自決の国際基準に反する行動ではないか?!
米国のトランプ大統領以上にお馬鹿さを示しています。

河野外相「ほほえみ外交」けん制 非核化へ日米韓の結束強調
 西日本新聞 − 2018年02月11日17時10分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/393380


こう云う発言は国際常識では『雑音』に過ぎません。

・・・・・・

南北首脳級
ソウルで会談 金正恩氏の意思伝達か

 毎日新聞 ー 2018年2月10日 12時05分
https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00e/030/315000c


20180211170154655.jpg
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の妹(手前左から2人目)
金与正(キム・ヨジョン)氏 =ソウルの大統領府で、AP

【平昌(ピョンチャン)・米村耕一】
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日午前、平昌冬季五輪の開会式出席のため訪韓した金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長や金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らとソウルの大統領府で会談した。金永南氏は党序列第2位で、対外的な元首格も務めるため、事実上の南北首脳級会談となる。

 大統領府関係者によると、文氏が大統領府本館の玄関で出迎え「昨日は寒い中、ご苦労様でした」と声をかけると、金永南氏は「大丈夫でした」、金与正氏も「大統領に気を使っていただいたので大丈夫でした」と答えたという。会談には韓国側から趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相や徐薫(ソ・フン)国家情報院長、北朝鮮側から崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長らが同席した。

 文氏は五輪を契機とした南北対話を核問題解決に向けた米朝対話へとつなげたいとの意欲を持っており、こうした考えを北朝鮮側に伝えたとみられる。一方、金永南氏らは核問題とは切り離し、南北の関係改善や協力に関する金正恩委員長のメッセージを文氏に伝達した可能性がある。文氏の北朝鮮訪問を要請する見通しを伝える報道もある。文氏と北朝鮮側代表団は会談後、昼食も共にする予定だ。

 朝鮮中央通信は金永南氏を団長とする代表団の9日の開会式出席を伝え、その場で金与正氏が文大統領夫妻と「温かい握手を交わした」と報じた。開会式に先立つレセプションで金永南氏が各国首脳とあいさつを交わしたことも伝えた。金氏は安倍晋三首相とも握手し、短く言葉を交わした。

 一方、レセプションにペンス副大統領は短時間しか出席せず、文氏が望む米朝対話のきっかけはつかめていない模様だ。ペンス氏は9日、北朝鮮によって沈没した哨戒艦「天安号」記念館を訪問した際「(文氏との会談で)北朝鮮が永久かつ不可逆的に核とミサイルを放棄するまで北朝鮮の体制に立ち向かうとの共通の目的を確認した」と述べた。




続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

この処冷静な金正恩に比べても低劣さが目立つトランプ大統領が『くそったれ』暴言で総スカン!

2018年1月14日(日)

北朝鮮の金正恩氏は『何を考えているか解らない』とは言われているが、
トランプ米国大統領のような国際常識に反する人種差別発言はしない。

どちらの方が政治家としての資質を備えているかと問われれば、
今や、その回答は明らかである。もちろん相対的な話ではあるが。

今回の人種差別発言は、一夜を経ずして世界中に拡散し、
アフリカ諸国や中南米諸国は言うに及ばず、国連からも
非難されている。

そして、アメリカの国民の大半や、民主党、
更には与党・共和党からも批判が出ている!

まさに『総スカン』と云う状況である。


2018011420135980c.jpg

201801142014000bc.jpg


「くそったれ国家」発言:アフリカ「人種差別だ」一斉反発 ‬
‪ 毎日新聞 − 2018年1月13日(土)‬



トランプ氏の差別発言世界が批判 アフリカや中米へ「くそったれ国家」
 西日本新聞 − 2018年01月14日 06時00分




続きを読む

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

戦争回避の為に画期的な合意だと思うが日本のマスメディアの 見出しは Negative !

2018年1月10日(水)

昨日、朝から夜まで十数時間に渡って繰り広げられた
韓国と北朝鮮の会談は突発的な戦争を回避する為には
『画期的成果』を得たと私は思う。


20180110201320bc1.jpg


しかし、その合意事項を正面に掲げて論評したマスメディアは少なく、
北朝鮮の『思惑』ばかりを勝手に想像してネガティブに描いている。

合意事項を掲載している記事も、その論評の後に配置している。

合意事項(別掲)のポイントを言えば下記である。

1)平昌冬季五輪に北朝鮮は選手団および応援団を参加させる。

2)突発的な戦争を回避する為に軍事当局者の会談を開催する。

3)朝鮮半島の問題は他国の干渉なしに 朝鮮民族で解決する。


20180110201320b73.jpg

これ程明確な合意事項に謂わば『イチャモン』を付ける日本のマスメディアは、
事態解決を望んでいないのでは無いか? と思わざるを得ない!

 ≪南北高官級会談で採択した共同報道文全文≫
韓国聯合通信 ー 2018/01/09 21:53


【板門店聯合ニュース】

韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で高官級会談を行い、来月開催の平昌冬季五輪に合わせた北朝鮮代表団の訪韓、軍事当局者会談の開催などに合意する内容の3項目の共同報道文を採択した。

 以下は共同報道文の全文。

 会談で双方は北側代表団の平昌冬季五輪・パラリンピック参加問題と、全民族の念願と期待に応じて南北関係改善に向かうための問題を真摯(しんし)に協議し、以下の通り合意した。

 1.南と北は南側地域で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックが成功裏に進められ、民族の地位を高める契機となるよう積極的に協力することにした。

 これと関連し北側は平昌冬季五輪に高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣し、南側は必要な便宜を保障することにした。

 双方は北側の事前の現地調査に向けた先発隊派遣や北側の平昌五輪参加と関連した実務会談を開催することにした。日程は今後、文書交換の形式で協議することにした。
 

 2.南と北は軍事的緊張状態を緩和して朝鮮半島の平和的環境をつくり、民族の和解と団結を図るため共同で努力することにした。

 南と北は現在の軍事的緊張状態を解消すべきとの見解で一致し、これの解決に向け軍事当局会談を開催することにした。

 南と北は多様な分野で接触と往来、交流と協力を活性化し、民族的和解と団結を図ることにした。

 3.南と北は南北宣言などを尊重し、南北関係を巡る全ての問題についてわが民族が朝鮮半島問題の当事者として対話と交渉を通じて解決していくことにした。

 このため双方は南北関係改善に向けた南北高官級会談とともに各分野の会談も開催することにした。



20180110201319596.jpg


【日本のマスメディアの見出し】

‪南北閣僚級会談:北朝鮮、平昌五輪参加を表明
 ‪毎日新聞 − 2018年1月9日 東京夕刊‬
 ‪https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c



‪南北閣僚級会談:北朝鮮「核」対話を拒否 ‬
‪韓国と軍当局会談合意 ‬

 ‪毎日新聞 − 2018年1月10日(水)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180110/ddn/001/030/010000c‬



‪南北閣僚級会談:日米静観「五輪限定」 圧力の分断警戒 ‬
‪ 毎日新聞 − 2018年1月10日(水)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180110/k00/00m/010/179000c



‪南北会談、北朝鮮ペース 非核化はゼロ回答
‪ 日本経済新聞 − 2018年1月10日(水)
‪https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25489400Z00C18A1EA2000/‬



‪北朝鮮の五輪参加、合意 軍事会談開催も 南北協議
 ‪朝日新聞デジタル − 2018年1月10日(水)‬
‪https://www.asahi.com/articles/DA3S13305952.html‬



20180110201318877.jpg


続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

平昌五輪を誘導路にして韓国と北朝鮮が公式交流の道が再開! 

2018年1月9日(火)

さまざまな困難を克服して、話し合いの窓口が開かれ、
北朝鮮の冬季五輪参加が正式に決まったことを歓迎する!

今後もこの窓口を活かして『突発的戦争』に至らないように
交渉を続けてほしい!

今の段階では戦争阻止が第一命題であり、
拉致被害者の問題や従軍慰安婦の問題は
次の課題(Next Stage)だと思う。

日本政府は、北朝鮮と韓国の話し合いにネガティブな
メッセージを送ったり、介入したりしてはならない!


     ***********

韓国代表「非核化対話など必要」 
北朝鮮は反応示さず=南北会談

 聯合ニュース - 2018/1/9(火) 15:13配信

YONHAP NEWS_20180109-01
   会談を前に握手を交わす、韓国の趙明均統一相(右)と
   北朝鮮の祖国平和統一委員会の李善権委員長
      =板門店で9日、AP

【板門店聯合ニュース】
 韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で高官級会談を行い、韓国首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は全体会議の冒頭、朝鮮半島で互いに緊張を高める行為を中止するとともに「速やかに非核化など平和定着のための対話を再開する必要がある」と述べた。韓国代表団の千海成(チョン・へソン)統一部次官が伝えた。

 これに対する北朝鮮の反応について、千氏は「特別な言及や反応はなく、耳を傾けている様子だった」と説明した。

 北朝鮮が制裁の緩和や南北経済協力事業・開城工業団地の操業再開などに言及したかとの質問には「明示的に話さなかった」と伝えた。




北朝鮮、平昌五輪参加を正式表明 2年ぶり南北会談で韓国に
 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時26分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/385078/
 

【ソウル共同】
 韓国と北朝鮮は9日、南北軍事境界線上の板門店の韓国側施設「平和の家」で、2年1カ月ぶりとなる南北当局間会談を開いた。韓国代表団は、北朝鮮が韓国・平昌冬季五輪に参加すると正式に表明したと明らかにした。首席代表は閣僚級で、南北会談は韓国の文在寅大統領の政権発足後では初めて。文氏は北朝鮮の五輪参加を実現させ緊張緩和につなげたい考えで、会談の行方は朝鮮半島情勢に大きく影響する。
(以下略) 



南北閣僚級会談
北朝鮮、平昌五輪参加を表明

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c
 

【ソウル米村耕一】
 韓国と北朝鮮の閣僚級会談が9日午前10時、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で始まった。北朝鮮側は平昌(ピョンチャン)冬季五輪(2月)に選手団を派遣すると韓国側に伝えた。韓国側は開会式での南北合同入場を提案した。南北軍事境界線付近での緊張緩和や南北離散家族再会事業についても議題となる可能性がある。
(以下略) 



**************

【関連記事】

韓国代表団、北朝鮮に平昌冬季五輪の合同入場行進と
合同応援を要請

 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時27分
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/385131/



北朝鮮、非核化対話などの提案には反応せず 南北会談
 北朝鮮、非核化対話などの提案には反応せず 南北会談

 西日本新聞 - 2018年01月09日 14時29分
https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/385132/



南北閣僚級会談
北朝鮮、平昌五輪参加を表明

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/001/030/062000c


南北閣僚級会談
代表、ベテラン同士 韓国・会談通VS北朝鮮・強硬派

 毎日新聞 - 2018年1月9日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180109/dde/007/030/022000c
 

【北京・共同】
9日の南北会談には、韓国から趙明均(チョミョンギュン)統一相、北朝鮮から対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長がそれぞれ首席代表として出席。両者とも南北交渉の経験が豊富なベテランで、硬軟自在の駆け引きを繰り広げそうだ。

 趙氏は、統一省内で北朝鮮との折衝経験が「最も多い会談通」(聯合ニュース)。同省の官僚として、開城(ケソン)工業団地など南北の経済協力事業に長く携わった。2007年の盧武鉉(ノムヒョン)大統領と金正日(キムジョンイル)総書記による南北首脳会談に同席し、首脳宣言の文言調整にも関わった。

 一方の李氏は朝鮮人民軍出身。00年代半ばから主に南北の軍事会談で代表を務めてきた。
(以下略) 





テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

トランプは超有名になりたかっただけで大統領に成るつもりは無かった!

2018年1月6日(土)

 きのうからきょうに掛けて、ドナルド・トランプに関する『暴露本』
の話題がマスメディアやSNSを賑わせている!

 それによると、ドナルド・トランプは、大統領選挙に勝利するなど微塵も
考えていなかったようで、選対関係者やメラニア(大統領)夫人や子ども
(イヴァンカと婿のクシュナー)にも共通認識であったと云う。

 その中でトランプ氏は「世界一有名に成る」のが大統領選挙に立候補した
目的であり、大統領になりたいとは思っていなかった」と本音を語った!


 ガセネタみたいな感じだが、そのことを暴露したのが『陰の大統領』と言われ
トランプ氏の古くからの盟友であるバノン氏の話となっているので、
満更デタラメでも無いらしい。

 今日のお昼のNHKニュースでも二番目のニュースとして12:05頃に放送
されていた。 まぁNHKが取り上げる程度の信憑性はあるのだろう。
(1/9 追記:その後もNHKは繰り返しこのニュースを取り上げている)

 ニュースでは、日本を訪問もした娘のイヴァンカ・トランプが
大統領選挙のまさかの勝利を知って、ヒラリー・クリントンが為し得なかった
初の女性大統領を目指すことを表明したとのこと!


 その『NHKニュース』をガラケーで撮影したものを以下に貼り付ける。

SBSH4754.jpg
 著者はMICHAEL WOLFF, 題名は 
 【FIRE and FURY inside the TRUNP WHITE HOUSE 】


SBSH4755.jpg

 この本の著者は内容の信憑性には自信を持っているようす。

SBSH4758.jpg


 トランプ大統領からの出版介入を警戒してか?
販売予定を早めたようだが、どの書店でも即刻完売したと云う。

SBSH4756.jpg

産経新聞による日本語訳から冒頭の部分を引用

トランプ暴露本、内容は… 「大統領になるつもりなかった」
 産経新聞 - 2018年1月6日 (土) 9:30配信

 トランプ米政権に関する暴露本「炎と怒り」の主な内容を米誌ニューヨーク・マガジン(電子版)が報じた抜粋から構成した。
著者のコラムニスト、マイケル・ウォルフ氏はトランプ大統領を含む200人以上に取材したと主張するが、ホワイトハウスはトランプ氏への取材や、暴露本の内容を否定している。
(ワシントン 加納宏幸)

 ■勝利想定せず

 トランプだけでなく大統領選の陣営のほぼ全員がおそらく大統領にならないという考えで一致していた。

 フリン(前国家安全保障問題担当大統領補佐官)は選挙戦の最中に友人から、ロシア側から受け取った多額の講演料に問題があると指摘されていたが、「問題になるのは選挙で勝ったときだけだ」と答えた。

 メラニア(大統領夫人)も夫から大統領にはならないだろうと約束されていた。
大統領選の夜、勝利が近づいたとき、トランプは幽霊のような様子で、メラニアも喜ぶどころか涙ぐんでいたという。

 一方、トランプの長女のイバンカ(大統領補佐官)は夫のクシュナー(大統領上級顧問)と政権入りした後、初の女性大統領を目指して将来出馬することについて夫婦で真剣に話し合った。



【関連記事】

米政権暴露本、前倒しで5日発売へ 「中身嘘だらけ」とトランプ氏
 CNN - 2018.01.05 Fri posted at 18:45 JST


トランプ氏、反旗の元側近バノン氏を猛批判 「正気失った」
 AFP-BB - 2018年1月4日 7:33 発信地:ワシントンD.C./米国


当選への戸惑いから髪形の秘密まで…バノン氏、トランプ政権の内幕暴露
 AFP-時事 - 2018年1月4日 12:04配信



続きを読む

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

韓国と北朝鮮が話し合いの場を再開! 緊張緩和を期待したい

2018年1月4日(木)

北朝鮮の金正恩委員長が平昌オリンピックへの北朝鮮選手団の参加と
韓国との関係改善の交渉に入るよう指示したことを年初に表明した
ことを受けて、韓国の文在寅大統領もこの表明を歓迎して交渉を命じた
ようです。


米国トランプ大統領の強硬姿勢による一触即発の緊張状態のもとで、
話し合いの場が公式に再開されたことは意義深いと思います。

2018010418253321b.jpg
(西日本新聞より)

アメリカ側は、今回の金正恩委員長の提案は 『日米韓分断』 の意図では無いか?
と勘ぐる方に重きを置いているようです。

201801041825320b7.jpg
(北朝鮮・韓国・米国 関係性トライアングル:西日本新聞より)

トランプ米国大統領は、相変わらずツイッターで色々と言っているが
何を言いたいのかはいつものように不明!

トランプ氏「私の核の方が強力」金正恩氏発言に反応
 日刊スポーツ - 2018年1月4日(木)
 https://www.nikkansports.com/general/news/201801040000184.html



20180104182537a15.jpg
(日刊スポーツ嵌め込み記事より)


北朝鮮「五輪派遣など協議」 南北連絡チャンネル再開
NHKー 2018年1月3日 19時17分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180103/k10011278071000.html


北朝鮮は、ピョンチャンオリンピックへの代表団の派遣に関連して韓国と実務的な協議を行うとして、南北の軍事境界線にあるパンムンジョム(板門店)の韓国との連絡チャンネルをおよそ2年ぶりに再開し、南北関係の改善に向けた姿勢を強調しました。
北朝鮮で韓国との窓口機関である祖国平和統一委員会のリ・ソングォン委員長は3日午後、国営テレビを通じて南北関係に関する立場を発表しました。

この中で、これまで北朝鮮側の発表で「南の執権者」などと呼んでいたムン・ジェイン(文在寅)大統領を初めて肩書を付けて名前で呼び、「キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、ピョンチャンオリンピックへの参加と南北関係改善の立場にムン大統領が積極的な支持を表明したことを肯定的に高く評価し、歓迎の意を示した」と述べました。
そのうえで、キム委員長の指示として「オリンピックへの代表団派遣を含め、会談の開催と関連して南側と連携する」として、日本時間の3日午後3時半に、おととし2月以来途絶えていた南北の軍事境界線にあるパンムンジョムの韓国との連絡チャンネルをおよそ2年ぶりに再開すると発表しました。

韓国統一省によりますと、日本時間の午後3時半に北朝鮮側からパンムンジョムに設置されている電話回線を通じて連絡があり、双方が名乗ったうえで20分程度通話したということです。




続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

金正恩委員長が韓国に関係改善を示唆し文在寅大統領も反応!

2018年1月2日(火)

NHKなどのニュースによると
韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、
北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が
年初の所信表明で、平昌オリンピックへの参加の意欲を示し
南北関係の改善に意欲を示したことを歓迎する、と表明し
北朝鮮との対話の再開を急ぐよう関係閣僚に指示した
とのこと。

また、今年2月から行う予定の米韓軍事演習を延期するよう
米国に要請したことを明らかにした。

一触即発の緊張状態を緩和するために日本としても歓迎する!

米国は軍事演習の延期の要請は受け入れない意向。
おそらく安倍政権も米国に同調することだろう!

・・・・・・・・

キム委員長 ピョンチャン五輪参加に前向きな姿勢 |
 NHKニュース ー 2018年1月1日‬ 10:21
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180101/k10011276681000.html‬



‪キム委員長 五輪参加前向きに 開催地では歓迎の声 |
‪ NHKニュース ー 2018年1月1日
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180101/k10011276881000.html‬



‪北朝鮮:米韓分断狙う 硬軟両様の姿勢示し
 ‪毎日新聞 ー 2018年1月2日(火)‬
‪https://mainichi.jp/articles/20180103/k00/00m/030/082000c‬



‪韓国大統領 南北対話の再開急ぐよう指示 キム委員長の演説受け | ‬
‪ NHKニュース ー 2018年1月2日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277401000.html‬
 

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が1日、南北関係の改善に意欲を示したことを歓迎すると表明し、北朝鮮との対話の再開を急ぐよう関係閣僚に指示しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は1日発表した新年の演説で、来月のピョンチャン(平昌)オリンピックへの参加に前向きな立場を明らかにするとともに、南北関係の改善に意欲を示しました。

これについて、韓国のムン・ジェイン大統領は2日の閣議で、「オリンピックを南北関係の改善と平和のきっかけにしようというわれわれの提案に応じたものと評価し、歓迎する」と述べました。そのうえで、「対話を速やかに再開して、北の代表団がオリンピックに参加できるよう準備を急いでほしい」と関係閣僚に指示しました。

さらに、ムン大統領は「南北関係の改善と北の核問題の解決を同時に進めることができるよう友好国や国際社会と緊密に協議することを願う」と述べ、アメリカや日本などに対し、韓国の立場への理解を求める考えも示しました。

ただ、ムン大統領は、キム委員長が1日の演説で核弾頭と弾道ミサイルの量産と実戦配備を指示したことや、韓国に対して、アメリカとの合同軍事演習をやめるよう要求したことには触れませんでした。

ムン大統領は、例年、2月から3月に始まる合同軍事演習をことしは延期するようアメリカ側に求めたことを明らかにしています。北朝鮮が依然として挑発を繰り返すおそれがある中、北朝鮮への対応をめぐるアメリカとの調整は、今後、難航も予想されます。
韓国各紙 革新系は評価 保守系は警戒感
キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が新年の演説で南北関係改善への意欲を示したことについて、韓国の新聞各紙は大きく取り上げ、革新系は評価する一方、保守系は強い警戒感を示しています。

このうち、革新系の「ハンギョレ新聞」は、「平和への突破口を開く契機になる」と評価したうえで、ムン・ジェイン大統領が定例の米韓合同軍事演習を延期するようアメリカ側に求めていることについて、「早くアメリカと意見を調整して北の代表団が参加できる環境を整えるべきだ」と主張しています。

別の革新系のキョンヒャン(京郷)新聞も、「アメリカと北の緊張を戦争に発展させないことが韓国の課題であり、南北対話がそれに役立つならば反対する理由は全くない」と対話を急ぐべきだとしています。

一方、保守系の「中央日報」は、南北対話の再開は重要だとしながらも、「対話ムードを維持するために北の無理な注文を受け入れてはならない。北に対する制裁と圧力は国際社会との連携の中で、維持すべきだ」と強調しています。

同じ保守系の「朝鮮日報」は、キム委員長の演説は「アメリカと韓国の分裂を狙ったものだ」と指摘し、「北は、ICBM=大陸間弾道ミサイルの弾頭の大気圏への再突入技術を確保するまで、アメリカを動けなくする必要があり、そのために韓国政府を利用している」と強い警戒感を示しました。
中国「五輪きっかけに情勢緩和を」
北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が新年の演説で韓国との関係改善に意欲を示したことについて、中国外務省の耿爽報道官は、2日の記者会見で、「中国は、北朝鮮と韓国がオリンピックをきっかけに関係を改善し、情勢を緩和させて、朝鮮半島の非核化の実現に向けて適切に努力することを歓迎し、支持する」と述べました。

その一方、耿報道官は、キム委員長が演説で「核のボタンが机の上にいつも置かれている」と述べて、アメリカのトランプ政権を威嚇したことについては「中国は朝鮮半島の非核化の目標を断固として推進し、朝鮮半島の平和と安定を守るために力を尽くす」と述べるにとどめ、直接的な言及を避けました。

そのうえで、「北朝鮮とアメリカが主要な当事国として対話を再開し、信頼を築くことを望む」として米朝両国の対話が必要だとの立場を改めて示しました。



‪「核のボタンが私の机の上に」‬
‪ 北朝鮮 キム委員長が演説 | ‬

 ‪NHKニュース ー 2018年1月1日‬
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180101/k10011276671000.html



続きを読む

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

『エルサレムをイスラエルの首都に』 トランプの傲慢に国連総会が【No !】

2017年12月22日(金)

 アメリカのトランプ大統領が自分ファーストで支持率回復のために
世界の安定を揺るがす『エルサレムをイスラエルの首都に認定する』 
との決定をした12月6日(米国時間)から2週間。

 このブログでは、
誰か短絡的に戦争を煽るお馬鹿なトランプを止める賢者は居ないのか?
 エルサレムをイスラエルの首都に!

 JUNSKY blog 2017 - 2017年12月7日


 きのう世界は、このトランプの傲慢な決定に【No !】の『判決』を下した!

 正確に言えば、
 2017年12月21日、国際連合が緊急特別会合を開き、
『エルサレムをイスラエルの首都に認定した米国の決定』
撤回を求める決議を賛成128の多数で採択した。

 ということ!

しかし、なんと『総会決議には拘束力が無い!』とのこと。
【総会決議は安全保障理事会の決議のような法的拘束力を持たない】
 構成国が圧倒的に少ない安保理の決議には拘束力があるのに!
 第二次世界大戦の戦勝国にしか拘束力のある決定ができないのか?!

 賛成は日本を含む128カ国。

 反対したのは当然イスラエルとアメリカ合衆(州)国、と幾つかの追従国。
  日本がその中に入らなかったのは幸いである。

 一方で、トランプ米大統領が「決議案に賛成した国には経済援助を打ち切る」
と兵糧攻めを表明したことから、この強圧に屈服して(?)一部の国は棄権した。 

 しかし、「賛成したら日干しにするぞ!」と云う恫喝は却って裏目に出たのでは?

米の圧力、反発続々
 トランプ氏、援助停止示唆 エルサレム決議

 朝日新聞 - 2017年12月22日05時00分


 日経新聞によれば、
【棄権はカナダ、オーストラリアのほかハンガリーなどの東欧諸国、
 ジャマイカなどカリブ海諸国を中心に35カ国だった。】 とのこと。

国連総会、エルサレム巡り米非難決議 反対9・棄権35
 日本経済新聞 - 2017/12/22 3:28

Nikkei_20171222-01.jpg
  画像:21日、ニューヨークの国連本部で総会の緊急会合が開かれた=AP

     ****************

エルサレム問題 国連総会での決議案めぐり
 トランプ氏、財政支援打ち切りを示唆

 毎日新聞 - 2017年12月21日 11時23分


Mainichi_20171222-01.jpg
     (採決概況一覧表:毎日新聞 Web 記事よりコピペ)

国連総会
エルサレム首都認定、撤回求める決議採択

 毎日新聞 - 2017年12月22日 12時44分
 
 こちらは128か国が賛成しても「拘束力」が無く・・・

国連安保理
エルサレム「首都」撤回決議案を否決 米が拒否権

 毎日新聞 - 2017年12月19日 09時28分

 こちらは僅か15か国の構成国にも拘らず「拘束力」はあるが
 アメリカなど常任理事国が1国でも拒否権を発動すれば否決。 

     ****************



続きを読む

テーマ:中東問題 - ジャンル:政治・経済

前のページ 次のページ

FC2Ad