FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「50年半減」 『世界全体の目標』 と逃げて数値目標定めず

 G8サミットで温暖化ガスの排出量の長期目標を一応決めた。

 一見、前向きな目標を決めたかのように見せかけて、G8“先進”諸国の率先削減の(80%〜95%)数値目標を明確にすることから逃げた『結論』を出して、地球温暖化の排出量削減を先送りにするものであった。

 政府関係者は、この結果を高く評価しているが(支持率低迷の福田やブッシュにとっては「高く評価する」=自画自賛するのは当然である)、各国のNGOはもとより、報道陣も多くがこの『先送り』的結果を強く批判している。
 

下のアイコンをクリックしてもらえたら嬉しいです。
    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

「50年半減」世界全体の目標=中印に共有呼び掛け−G8首脳宣言・温室ガス(時事通信) - goo ニュース

温暖化ガス、50年までに8割削減を=中印などが先進国に要求−サミット(時事通信) - goo ニュース
             時事通信 2008年7月8日(火)20:30

 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)に招待された中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国の新興5カ国首脳は8日、札幌市内で会合を開き、気候変動問題などに関する政治宣言を発表した。宣言は先進諸国に対し、温室効果ガスの排出量を2050年までに1990年比で80〜95%削減するよう求めている。

 また、先進諸国に排出削減の中期目標として20年までに少なくとも25〜40%削減することを促している。このほか、気候変動への適応などで途上国を支援するため、先進諸国に国内総生産(GDP)の0.5%の資金提供を求める考えを示している。

 主要8カ国(G8)首脳は同日のサミットで50年までに温室効果ガスの排出量を現状比で半減させるとの長期目標を「世界全体の目標として採用を求める」ことで合意したが、主要排出国の中で、中印両国など新興5カ国とG8との立場の隔たりが浮き彫りとなった。 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/979-dd6975b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)