FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

韓国でアメリカからの自立の強いウネリ

 韓国では、先日(6月10日)の百万人デモに続いて昨日(2008年6月21日)もデモが繰り広げられたようだ。

 中心スローガンは、「アメリカ産牛肉の輸入制限を緩めるな」という内容だが、背景にはアメリカからの自立を求める若者を中心とする国民の意識の高揚があるものと思う。

 この牛肉輸入再開騒ぎで、いわゆる革新政権を倒して政権の座についた李明博大統領の保守政権は、当初の高い支持率を敢え無く割り込み、今や日本の福田政権以下の支持率に低迷していると言う。
 また、大統領の側近、秘書に続き、韓昇洙首相など 全閣僚 も 国民の反発緩和を狙い辞意を表明している。

 日本でも、後期高齢者医療問題や、宙に浮いた年金問題、ガソリン税などの様々な問題で、それなりの大規模なデモや座り込みが行われているが、日本のマスコミはお膝元の国内の運動は無視して放映しないので、「日本人はおとなしすぎる」という誤った評価になる。
 日本のマスコミは、中国や韓国を含む海外での国民の運動を紹介する程度には、せめて国内の運動もニュースとして取上げて欲しいものだ。

 【2008.06.22 Web posted at: 14:29 JST Updated - CNN/AP】
 ソウルでまた米国産牛肉輸入への抗議デモ、
   新たな合意受け

ソウル――米国産牛肉の輸入制限解除が韓国国民の大規模な抗議デモを招き、追加協議で両国が牛海綿状脳症(BSE)の発症例が少ない生後30カ月未満の肉だけの輸出入で21日合意した問題で、ソウルで同日、合意に反発する約9600人(警察発表)が参加するろうそく集会などの抗議行動があった。

 デモ隊は、21日の合意は安全性確保などで十分でないと主張、政府間の取り決めの再交渉などを要求した。韓国政府は同合意を発効させる手続きを23日から始める見通し。これを受けた米国産牛肉の輸入開始の時期は明らかでない。

 一部のデモ参加者は警察車両を使い路上を封鎖する数千人規模の機動隊とにらみ合い、車両をロープで移動させたり窓を割るなどもした。機動隊は消火器をデモ隊に噴射するなどして排除を図った。青瓦台(大統領官邸)へのデモ行進も阻んだ。

 BSEは生後30カ月以上の牛肉での発症例が多い。韓国の李明博大統領は今年4月、生後年齢にかかわらず、米国産牛肉の輸入制限を段階的に解除する方針を発表。BSEを恐れる韓国国民の大規模な抗議デモを招いていた。

 大統領は国民感情への配慮が欠けていたなどとして2度謝罪している。また、大統領の側近、秘書に続き、韓昇洙首相など全閣僚も国民の反発緩和を狙い辞意を表明していた。デモ拡大を受け、韓国政府は輸入再開の合意を見直すことを表明、米通商代表部と協議していた。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
  下のアイコンもクリックしてもらえたら嬉しいです。
    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

牛肉デモ、また破壊行為=韓国(時事通信) - goo ニュース
           2008年6月22日(日)10:30

30カ月未満で輸入再開=米国と牛肉協議合意−韓国(時事通信) - goo ニュース
           06月21日 20:30

30カ月未満だけ韓国へ 米政府保証で協議決着(共同通信) - goo ニュース
             06月21日 19:43

生後30カ月以上の牛肉輸入禁止で合意 米韓追加交渉(朝日新聞) - goo ニュース
              06月21日 20:28
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/962-85364673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)