FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

潘基文国連事務総長 緊急「食糧サミット」で危機打開を訴え

 世界を亦に駆けて儲かりそうなところに資金をつぎ込む国際投機資本の買いあさりでありとあらゆる物の価格が上昇しているが、その象徴が石油と食糧である。

 昨日の当ブログでもガソリンの値上げの話を書いたが、今日は食糧の話である。
この食糧高騰に対して何らかの規制策が必要との判断からか、国連の潘基文事務総長が緊急に【食糧サミット】を開催し、各国が対策を出し合って実効のある対策は何か討議するようだ。

 問題は、食糧を増産すれば済むという簡単なものではない。(もちろん日本などでは増産しなければならないし、増産は簡単なものではないが、ここではそういう意味での用法ではない)

 随分前にNHKで食糧高騰の特集を組んでいた。
それによると旱魃や台風などで小麦の生産量が不安定で先が読みづらいという話がベースにあったのだが、幸い結果的には豊作となり生産量が最終的には増えたにも拘らず、日本の商社の見通しを裏切って、小麦価格は一層上昇したという話であった。増産となった分も含めて投機対象として買占め、転売利益を得ようとするケシカラヌ輩が暗躍しているからである。

 福田首相が、このサミットでは積極的に発言し、日本は追加の5000万ドル拠出するつもりだし、30万トンの海外米の在庫を放出する用意があると発言したようである。 それはそれで今までに無い頑張りだったとは認めるが、これらの拠出は結局国際投機資本の餌食になるだけで、食糧危機を回避するには焼け石に水となる可能性が高い。

 国際投機資本による石油・食糧などの基幹部分・生活必需品の高騰が世界経済を崩壊の危機に陥れている訳であり、世界各国が共同してこの『癌』を除去しなければどんどん増殖し、結局はおおきくなりすぎて、母体と供に自らも死滅することになることを知らしめなければならないのである。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
  下のアイコンもクリックしてもらえたら嬉しいです。
    にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

備蓄輸入米30万トン放出=「洞爺湖」で強力な対策−首相が食料サミットで演説(時事通信) - goo ニュース  2008年6月3日(火)20:30

途上国に5000万ドル支援 食料サミットで首相表明(共同通信) - goo ニュース  2008年6月3日(火)20:20

食糧サミット政治宣言案、バイオ燃料焦点(産経新聞) - goo ニュース  2008年6月3日(火)08:15

国連総長、輸出規制撤廃を訴え=食料サミット開幕−危機解決に向け政治宣言採択へ(時事通信) - goo ニュース  2008年6月3日(火)22:30
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/942-9805f7b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)