FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

国民を“恫喝”する 政府試算 消費税18%に!

各報道機関のニュースによると、
【政府の社会保障国民会議は19日、基礎年金の財源をすべて税でまかなった場合、09年度に9.5〜18%まで消費税を引き上げる必要があるとの試算を公表した。】(asahi.com)という。

消費税を上げるか、年金給付を下げるかの二者択一を迫る、いつもの国民を“恫喝”する政府の手口である。
 騙されてはならない!

 これで得をするのは、大企業・大資産家である。
そういうお金に余裕のあるところから税金を適切に徴収することは避けて、取りやすい庶民の懐から吸い上げようと言うのがいつもの政府のやり口である。

 上記の朝日記事でも
【増税分との差し引きで年金受給者や会社員世帯では負担増となる一方厚生年金の拠出金がなくなる企業の負担は減る。 】と明確に示している。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************


 
税方式導入なら消費税「9.5〜18%」
  公的年金で試算(朝日新聞) - goo ニュース
  2008年05月19日23時46分 

 政府の社会保障国民会議は19日、基礎年金の財源をすべて税でまかなった場合、09年度に9.5〜18%まで消費税を引き上げる必要があるとの試算を公表した。保険料負担は減るが、増税分との差し引きで年金受給者や会社員世帯では負担増となる一方、厚生年金の拠出金がなくなる企業の負担は減る。

 基礎年金を巡っては、保険料と税を併用する現行の「保険方式」を見直し、全額税で賄う「税方式」に改めるべきだとの考えが、民主党や経済界のほか、自民党の一部にもある。税方式に伴う負担のあり方を具体的に示した今回の試算は、今後の年金制度の議論に影響を与えそうだ。

 試算は内閣官房が中心に作り、国民会議の雇用・年金分科会に示された。09年度に一斉に保険料徴収をやめ、消費税を財源とした税方式に切り替えることを前提に50年度までの年金財政を推計した。保険方式を維持した場合でも、国庫負担は増えるが、今回の試算では具体的な財政措置には触れていない。

 試算は4通り。現行の給付水準(6万6千円)維持を前提に(1)加入歴にかかわらず、すべての高齢者に満額支給(2)過去に未納期間があればその分を減額。また基礎年金を全員に支払ったうえで、加入歴に応じて(3)今の保険料相当分(3万3千円)を上乗せ(4)今の給付全額分(6万6千円)を上乗せ――に分けた。

 消費税率が最も高くなるのは、給付の上乗せ額が大きい(4)で、09年度には12%の税率引き上げが必要。現行の5%と、国庫負担を3分の1から2分の1に引き上げる財源(消費税1%分)を加えれば、税率は18%だ。

 一方、(1)は保険料を支払ってきた人と未納者の間で不公平が生じる。(2)は未納期間があれば、その分減額するため不公平は生じない。必要な財源も最も少なく、実現可能性は高いといえる。だが、現在の無年金・低年金の人は救済できない。

 家計への影響も初めて試算。保険料減と消費税増の差し引きを世帯別に見ると、高齢者世帯で負担が重くなることがわかった。(2)では35〜44歳で月額の負担増が会社員世帯で1千〜2千円なのに対し、65歳以上や年金受給世帯では7千〜8千円になる。

 企業は現在約3兆円の負担がなくなる。(2)では従業員1世帯あたり2千〜9千円の負担減。経済界では「企業負担が減る分は従業員に還元する」としているが、具体策は示されていない。


【関連記事】
消費税論争、激化は必至=国民会議の年金試算で(時事通信) - goo ニュース

消費税9・5−18%に 基礎年金「税方式」で政府試算(共同通信) - goo ニュース

現行水準なら5%分必要=消費税、基礎年金の税方式化で−政府試算(時事通信) - goo ニュース

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/927-6e275a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)