FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

道路整備費財源特例法改正案 参議院で否決

 道路整備費財源特例法改正案は12日午後の参院本会議で野党の反対多数で否決された。
 どの新聞もTVも矛盾を指摘しているように、2009年度から一般財源化するという福田首相の言明に反し、
【2008年度からのガソリン税収を10年間道路特定財源に充てる規定のほか、地方自治体に6825億円の地方道路整備臨時交付金を配分する規定などを盛り込んでいる。】(読売)とのこと。

 こういう“内閣総理大臣の言明と法案の”不整合が初めからわかっている法律を政府はどうしてゴリ押ししようとするのか?

 このゴリ押しに対して、社民党の福島頭首の再三の要請にも拘わらず、民主党は【再可決直後の福田首相 問責決議案の参院提出を見送る 方針を固めており、】ということであり、その上きょうの採決でも数名が造反したと言う話もあり、民主党の求心力もすでに緩み始めている。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************


道路特例法改正案、参院本会議で否決…13日に再可決へ(読売新聞) - goo ニュース

 道路特例法改正案、参院本会議で否決
   …13日に再可決へ
           読売新聞  2008年5月12日(月)13:53

 道路特定財源を10年間維持する道路整備費財源特例法改正案は12日午後の参院本会議で野党の反対多数で否決された。

 参院での否決を受け、与党は憲法59条の規定に基づき、13日の衆院本会議で3分の2以上の賛成で再可決して成立させる方針だ。民主党は再可決直後の福田首相問責決議案の参院提出を見送る方針を固めており、ガソリン税など道路特定財源をめぐる与野党攻防は山を越える。

 改正案は、2008年度からのガソリン税収を10年間道路特定財源に充てる規定のほか、地方自治体に6825億円の地方道路整備臨時交付金を配分する規定などを盛り込んでいる。

 道路特定財源を09年度から一般財源化するとした政府・与党決定との矛盾を解消するため、政府は13日に「道路特定財源制度の規定は09年度から適用しない」とする方針を閣議決定し、世論の理解を求める。

 ◆民主2氏が造反◆

 採決結果は、賛成108票、反対126票だった。自民、公明両党が賛成し、民主、共産、社民各党は反対した。衆院で改正案に賛成した国民新党は、参院で統一会派を組む民主党に配慮し、本会議を欠席した。

 民主党からは、渡辺秀央、大江康弘の両氏が党の方針に反して賛成票を投じた。木俣佳丈と広中和歌子の両氏は欠席した。

 改正案は3月13日に衆院を通過したが、税制関連法をめぐる与野党攻防の影響などで、参院での審議入りが4月16日にずれ込んだ。

 民主党は当初、「審議が尽くされていない」として改正案の採決に応じない構えだったが、党執行部が、今後の国会論戦では後期高齢者医療制度(長寿医療制度)などで政府を追及する方針に転換し、改正案の採決には応じることにした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/920-1df504e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)