FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

十和田湖鳥インフル 30キロ圏内異常なし  

 十和田湖でみつかった死んだ白鳥がH5N1型の鳥インフルエンザであることが判明して数日。
 青森や北海道でも死んだり衰弱した白鳥が見つかったという話もあり、ますます影響が広がる様相だ。

 十和田湖畔の宿泊施設では、予約のキャンセルも出始めていると言う。
配信を受けている「さきがけOnTheWeb」から記事を紹介すると。

 十和田湖畔、一部で宿泊キャンセル
    鳥インフル影響か

              (2008/05/01 11:13 更新)
 小坂町の十和田湖畔で見つかったハクチョウの死骸(しがい)から鳥インフルエンザウイルスが検出されて以降、同湖畔の本県側宿泊施設で30日までに、予約キャンセルが計30数件あったことが、同町の調べで分かった。鳥インフルエンザウイルスとの関連ははっきりしていないが、大型連休本番を控え、町は「今後、キャンセルが拡大しないか不安だ」としている。

 町は同日、町内の商業、宿泊施設など計50カ所に鳥インフルエンザに関するポスターを配布するとともに、聞き取り調査を実施。ホテルなど14軒のうち数軒で29、30の両日、計30数件の予約キャンセルがあったという。大半が個人客だった。

 町によると、6日までの大型連休期間中は、本県側施設に延べ約6000人以上の観光客が宿泊する見込み。 


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

30キロ圏内異常なし 4道県で鳥インフル調査(共同通信) - goo ニュース

 30キロ圏内異常なし 4道県で鳥インフル調査
             共同通信 2008年5月2日(金)21:39

 秋田県でハクチョウの死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で農水省は2日、半径30キロ圏内にある秋田、青森、岩手3県の養鶏場56カ所で異常は発見されなかったと発表した。北海道でもハクチョウの死骸から簡易検査でウイルスの陽性反応が出たが、30キロ圏内の養鶏場5カ所に異常はなかった。4道県は死骸発見場所から30キロ圏内の養鶏場を立ち入り調査した。


十和田湖鳥インフル 東北3県の56養鶏場「異常なし」(朝日新聞) - goo ニュース

鳥インフル、県内養鶏場に異常なし  さきがけOnTheWeb 2008/05/02 21:47
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/907-2ac7b0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)