FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

取調べ過程の 「全面可視化が必要」 (西日本新聞)

 当ブログでも何回か書いたが、
 取り調べの可視化
 「裁判員制度」 の 重大な欠陥!
鹿児島・志布志冤罪事件に見られるように、強引な言わば“暴力的・脅迫的”取調べによる冤罪が後を絶たないことに対して、「取調べの可視化」が求められているが、中途半端な『可視化』は、却って裁判員に有罪の心象を与えるものであり、逆効果である。

 昨日、日本弁護士連合会(日弁連)が志布志事件に関するシンポジウム「志布志事件〜国家賠償判決を受けて、捜査の適正化を考える〜」を鹿児島市で開催した。(主催は鹿児島県弁護士会)

 この中で、「取調べの全面可視化」が強く訴えられた。

**************************

鹿児島・志布志事件でシンポ
 “取り調べで権利侵害”
   全面可視化求める

             2008年4月6日(日)「しんぶん赤旗」
----------------------------------------------------
 日本弁護士連合会第十回国選弁護プレシンポジウム「志布志事件〜国賠判決を受けて、捜査の適正化を考える〜」が五日、鹿児島市内で開かれました。二〇〇三年の鹿児島県議選をめぐる公選法無罪事件(志布志事件)を通じて、取り調べの全過程の「可視化」など捜査の適正化を求め開かれたもの。主催は鹿児島県弁護士会。

 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が基調講演しました。北海道警の裏金問題などを引き合いに、「警察の腐った部分が典型的にでてきたのが志布志事件だ」と指摘。おどしやすかし、ない事実をあるものにするという「冤罪(えんざい)の手本」「集大成だ」と厳しく批判しました。

 シンポジウムでは事件に関し、被疑者と弁護人が立会人なしに接見できる権利・秘密交通権が「どのように侵害されたか」をテーマにパネルディスカッションが行われました。捜査の適正化をめぐって鳥越氏や弁護士、学者ら五人が活発な議論を交わしました。

 シンポジウムに先立って志布志事件の被害者ら十一人が記者会見を開きました。自白段階での録画を導入するなど捜査機関が一部「可視化」を掲げたことについて、「無意味だ」と強く非難しました。

 藤山忠・国賠原告団長は「警察の都合のよいところだけ録音・録画するのであれば、裁判員がえん罪の片棒をかつぐ可能性がある」と語りました。「踏み字」事件被害者の川畑幸夫さんは一部「可視化」が、かえって無実の人を犯人に仕立て上げるおそれがあると警鐘を鳴らしました。
             (以上、しんぶん「赤旗」4月6日付け) 


 西日本新聞でも、冤罪被害者の記者会見の模様を記事に取上げ、
「密室で取調官にガンガンやられて調書を取られてからの可視化では、逆に冤罪がつくられてしまう」
「部分的な可視化なら、100パーセント有罪になる。導入しない方がまし」と訴えた。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

鹿児島冤罪 被害者ら会見 「全面可視化が必要」(西日本新聞) - goo ニュース
***************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/878-2ebc1fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)