FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

ホンマかいな?「福井県小浜市がオバマ氏にエール」

 2月15日付け讀賣新聞Web版によると、NHK朝ドラ 『ちりとてちん』 の舞台の一つでもある福井県の小浜市が、アメリカの大統領選挙の予備選挙でこの所快進撃を続けているオバマ氏にエールを送って、小浜市の知名度をUPしようと言う作戦を始めたという。



 小浜市がエールを送ったからと言って、オバマ氏の得票率がUPすることはあまり考えられないので、予備選挙への影響は殆どないとは思われるが、パロディ的とは言え、外国の大統領選挙の特定候補者を日本の自治体が応援するのは如何なものなんだろう。

 もとは、地域活性化に取組む有志の勝手連的運動だったというから、その範囲では地域のアピールのためにどんどんやって良いことだと思うし、自治体関係者が個人で勤務時間外に参加するのも許されるとは思う。
 動機が地域活性化であるようだから目くじら立てるほどでは無いといえばそれまでのことではあるが・・・

 自治体が公務としてやって良いものなのかどうか・・・?

 なお、当ブログは小浜も栗金団も応援しておりません。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************



「同じ名前」のよしみ
  福井・小浜市がオバマ氏にエール

              読売新聞  2008年2月15日(金)22:57


 米大統領選の民主党候補選びで快進撃を続けるバラク・オバマ上院議員を応援しようと、福井県小浜市が盛り上がっている。

 単に、市名の「オバマ市」が「オバマ氏」と発音が同じというのが応援理由だが、市民が勝手連を結成したことがインターネットなどで紹介され、海外メディアの取材も相次いでいる。同市は「小浜の名前が売れるなら」と、オバマ氏に特産の必勝ダルマを贈ることを決めた。

 勝手連は「オバマ候補を勝手に応援する会」で、観光業者ら16人が、5日のスーパーチューズデー直前に結成。地元のホテルに、オバマ氏の似顔絵や「頑張れOBAMA」のポスターを張り出し応援した。今後、応援ホームページを開設し、「オバマまんじゅう」の販売も企画中だ。

 海外からの取材や問い合わせは、米ABCテレビやAP通信、英ロイター通信など約10社。応援する会事務局長の藤原清次さん(55)は「最初は語呂合わせから始まったが、市民の熱は高まっている。オバマ氏が民主党候補になれば、小浜市のPR効果は絶大だ」と力を込める。

 また、オバマ氏の誕生日(8月4日)は、特産の「若狭 塗箸 ( ぬりばし ) 」をPRする「箸の日」にあたる。当初は静観していた市も、転ばないとして受験生に人気のある、特産「漆ダルマ」に村上利夫市長の手紙を添えてオバマ氏に届けるという。

「同じ名前」のよしみ、福井・小浜市がオバマ氏にエール(読売新聞) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/826-a7a2e1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)