FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

劇団ひとりの小説 「陰日向に咲く」 100万部突破

今公開されている映画「陰日向に咲く」の原作である、お笑いタレント劇団ひとり(NHK解体新ショーのレギュラー)の小説が 100万部を突破して売れ行き好調とのこと。
 
 残念ながら、小説も映画もまだ見ていない。

 【06年1月の初版は1万5000部だった。】
 【ストーリーや繊細な人物描写への評価が高まった。増刷を重ね、今月1日に54刷100万部を記録した。】 とのこと。

 公開されている映画「陰日向に咲く」が急速に販売数を押し上げたこともあるだろう。
 (この映画のサイトへの上記リンクは、他の映画のサイトと比べて相当重いのでご了解の上クリックを!)

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************


***************************
劇団ひとりの初小説100万部突破
           日刊スポーツ  2008年2月3日(日)09:48

 お笑いタレントの劇団ひとり(31)が初めて書いた小説「陰日向に咲く」が100万部を突破、断っていたサイン会を行うことが2日、分かった。発売から2年、口コミを中心にじわじわと売れ続け、V6岡田准一主演で映画化されたことも売り上げを加速させた。この日、誕生日を迎えたひとりは「100万人の人に読んでもらえたと思うと、うれしいような恥ずかしいような気持ちです。古本屋さんなら100円で売っているのに、新品を買ってくれた人たちに感謝します」と喜んでいる。

 人気タレントの初小説も、06年1月の初版は1万5000部だった。出版した幻冬舎は、発売前からひとりに出版PRのサイン会開催を提案した。しかし、ひとりはシャイな性格に加え「サイン会などをすると、タレント本のように見られるのでは」という思いで、断ってきた。同社の見城徹社長はあきらめ半分で「100万部を超えたらサイン会をやりましょう」と再度提案。ひとりもありえない数字と思い約束したが、2年かけて実現となった。

 派手な宣伝はしなかったが、ひとりが望んだようにストーリーや繊細な人物描写への評価が高まった。増刷を重ね、今月1日に54刷100万部を記録した。「ダディ」「大河の一滴」「弟」など、創設14年の同社で14作目のミリオンセラーとなった見城社長も「これだけ長い期間で100万部売ったのは、僕にとっても初めて。小説のレベルが本物で、人々の胸を打ち続けたということ」と驚いている。

 最近ではリリー・フランキー氏が05年に半生を小説化した「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が220万部のヒットとなったが、100%フィクションの100万部突破は、03年の146万部を売り上げた綿矢りさ氏「蹴りたい背中」以来。本が売れない時代、小説不況と言われる中での快挙だ。


劇団ひとりの初小説100万部突破(日刊スポーツ) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/811-d1b4592a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)