FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

富山の冤罪事件 「弁護活動にも問題」

 日弁連(日本弁護士連合会)が、富山の冤罪事件について、弁護活動にも問題があったとの報告書を出したと言う。asahi.comによる。

【報告書では、警察・検察の捜査について「(容疑を認める)供述書が具体的、詳細で迫真性に富んでいる」と指摘。「調書の内容や供述経過を重視して任意性を判断するという従来の裁判所の手法は、通用しなくなっている」と述べ、可視化の必要性を訴えている。

 弁護人の活動についても「接見回数も時間も少なかったため、男性との意思疎通が不十分なままに起訴事実を認めていると判断した」と言及。弁護活動のマニュアルや、容疑者や被告に弁護活動の内容を説明する文書を用意するといった改革の必要性を説いている。 】 

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

******************************
富山の冤罪事件 日弁連が報告書「弁護活動にも問題」
                朝日新聞  2008年01月27日08時05分

 強姦(ごうかん)など2事件で富山県警に逮捕され、実刑判決を受けた男性が服役後に無実とわかった冤罪事件について、日本弁護士連合会が調査報告書をまとめた。捜査のあり方だけでなく、有罪となった裁判を担当した弁護人の活動の問題点も指摘したうえで、「捜査機関の暴走を防ぎ、弁護活動の万全を担保するシステムとして、取り調べの全過程の録音・録画(可視化)の導入が不可欠だ」と提言している。

 日弁連は昨年9月に調査チームを設置。現地で関係者からの資料収集や聞き取り調査などを行った。報告書は近く公表する。

 報告書では、警察・検察の捜査について「(容疑を認める)供述書が具体的、詳細で迫真性に富んでいる」と指摘。「調書の内容や供述経過を重視して任意性を判断するという従来の裁判所の手法は、通用しなくなっている」と述べ、可視化の必要性を訴えている。

 弁護人の活動についても「接見回数も時間も少なかったため、男性との意思疎通が不十分なままに起訴事実を認めていると判断した」と言及。弁護活動のマニュアルや、容疑者や被告に弁護活動の内容を説明する文書を用意するといった改革の必要性を説いている。

富山の冤罪事件 日弁連が報告書「弁護活動にも問題」(朝日新聞) - goo ニュース
******************************
冤罪防止を考えるシンポ 「踏み字」被害者も参加(共同通信) - goo ニュース
捜査と報道のあり方問う 「12人無罪」検証シンポ 鹿大で27日(西日本新聞) - goo ニュース
鹿児島「踏み字」事件 元警部補に懲役10月求刑 福岡地裁公判 3月18日判決(西日本新聞) - goo ニュース
「踏み字」で懲役10月求刑 元警部補、3月に判決(共同通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/802-52e4bca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)