FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

若者の就業意識に変化

 今日午後7時のNHK−TVニュースで、新入社員の就業意識についての世論調査結果を紹介していた。
題して【新入社員 終身雇用志向強まる】

 終身雇用を希望する傾向が過去最高になったのに対して、自ら起業を希望する若者は2割と、過去最低になったようです。

一部を紹介すると、
「今の会社に一生勤めようと思っている」 34.6% 前年比+5.4%
「条件のよい会社があればさっさと移る方が得だ」 34.1%で、前年比 −2.4%
「社内で出世するより起業して独立したい」 20.3%で、この5年間で12%下降

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

【新入社員 終身雇用志向強まる】
*****************************
 この調査は、労働問題を研究する財団法人「社会経済生産性本部」が去年10月から11月にかけて行ったもので、春に入社して半年ほどたった企業の新入社員およそ970人から回答を得ました。

 この中で、新入社員に転職や勤続の意識について尋ねたところ、
「今の会社に一生勤めようと思っている」と答えた人が3人に1人を超える34.6%に上り、前の年より5.4ポイント高くなって、平成9年に調査を始めて以来最も多くなりました。
逆に
「条件のよい会社があればさっさと移る方が得だ」と答えた人は34.1%で、前の年より2.4ポイント下がってこれまでで最も低くなり、転職への指向が弱まって、終身雇用を望む傾向が強まっていることがわかりました。

 また、処遇について尋ねたところ、
「業績や能力主義的な給与体系を希望する」人が57.5%で、調査開始以来初めて60%を切ったのに対し、
「業績や能力よりも年齢や経験を重視して給与が上がるシステムを希望する」と答えた人が前の年を4ポイント上回る42.5%と過去最高になりました。

 さらに、「自分の将来」について尋ねたところ、
「社内で出世するより起業して独立したい」と答えた人は20.3%で、この5年間で12ポイント下がって過去最低になりました。
 これについて、労働経済学が専門の慶應義塾大学の清家篤教授は「バブルの時代には能力給がもてはやされたが、
父親の世代がリストラされたり労働現場での格差が広がるなかで育った若者たちは安定志向で
正社員という地位が守られる終身雇用に魅力を感じているのだと思う」と話しています。
              NHKニュース 1月19日 18時49分
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/792-460988f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)