FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

長女転落、殺意あった=精神鑑定医が証言

秋田小1児童殺害事件−86
****************************

 畠山鈴鹿被告の第12回公判が開かれたが、相変わらず『物的証拠』は何も提示された様子は無く、今度は精神鑑定で従来「精神分裂病」と呼ばれていた「統合失調症」とよく似た、「分裂病質人格障害」など複数の人格障害があると指摘されたという。

 何を立証しようとしているのか良く解らない。

********************************

長女転落、殺意あった
  =精神鑑定医が証言
  −連続児童殺害公判・秋田地裁

             時事通信社  2007年12月21日(金)13:20

 秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人などの罪に問われた畠山鈴香被告(34)の第12回公判が21日、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開かれ、同被告の精神鑑定を担当した青森市の西脇巽医師が出廷し、長女彩香ちゃん=当時(9つ)=の橋からの転落について、「心中未遂とも考えられる」と述べ、殺意があったとの見方を示した。

 西脇医師は、「被告は子どもを殺害したつらさを忘れたいという思いがあった」とし、自らの過失で彩香ちゃんを死亡させ、ショックで記憶を失ったとの弁護側の主張を否定。米山豪憲君=同(7つ)=殺害時の責任能力については、「低下は認めてもいいが、著しく低下してはいない」と述べた。

 また被告には統合失調症とよく似た「分裂病質人格障害」など複数の人格障害があると指摘。「社会性が欠如している」と述べ、母親との関係に問題があるとした。彩香ちゃんとのスキンシップに嫌悪感を持っていた点は、「誰でもあり得る」とし、病的ではないと結論付けた。 

長女転落、殺意あった=精神鑑定医が証言−連続児童殺害公判・秋田地裁 (時事通信) - goo ニュース

****************************
秋田小1児童殺害事件−86

【連載第1回目から読む】 「“任意”で16時間の取調べで“自供”?」    
    第85回へ    第87回へ  

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

「畠山被告は社会性欠如」 人格障害と鑑定医が証言(共同通信) - goo ニュース
「長女の遊び相手に殺害」 豪憲君事件で鑑定医が持論(共同通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/761-a008be4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)