FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

藤里町・連続児童殺害 物的証拠は何もないのか?

秋田小1児童殺害事件−80
****************************

 藤里町の「連続児童殺害事件」公判では、連続して被告人質問が行われているようですが、自白の任意性ばかりが焦点となり、肝心の証拠物件の開示が行われていないように思われます。

 もちろん、私はマスコミ報道を通してしか事件をフォローできませんので、実際の裁判法廷でどのような証拠のやり取りが行われているのかはわかりませんが、報道を見聞きする範囲では、自白が唯一の証拠となっているかのようであり、その信憑性の真偽だけが争われているように思われます。

 これまで何回か御紹介しましたが、「唯一の証拠が被疑者の自白である場合には有罪とされない」のが日本国憲法の定めるところです。
*************************************************************
日本国憲法 第38条 自白の証拠能力
 (1)何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
 (2)強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
 (3)何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。
*************************************************************

 昨日の法廷では、取調べを行った検察官が証言し、「自白を強要していない」と言っていますが、このような“証言”は全く信用に値しません。
それは、これまでの「冤罪事件」で数多く証明されてきたところです。

 私の知り合いにも“無実の”嫌疑で、警察や検察に取り調べられた人が何人か居ますが、意識朦朧となるまで休憩や睡眠も与えず取り調べたり、壁の間近に壁に対面する形で長時間立たされるなど、人権無視の取調べを行っています。
 そういう状況に耐えかねて、拇印を押させられたり署名を迫られたりするのです。

 昨日は、検察官が証言したようですが、警察も人権無視は同じことで、あらかじめ自白に追い込む“有罪の”ストーリーを警察が偽造し、これを拒否すると「ウソを付くな!」と大声を上げて威嚇・威圧し(やり方は手馴れたものですから、素人は抵抗できないのが普通です)同意するまで休ませないというやり方です。

 当連載の第一回が「“任意”で16時間の取調べで“自供”?」という記事から始まっていることにももう一度ご留意ください。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

****************************
秋田小1児童殺害事件−80

【連載第1回目から読む】 「“任意”で16時間の取調べで“自供”?」    
   第79回へ    第81回へ 

****************************
【関連記事】
自白の経緯を証言=男性検察官が出廷−連続児童殺害公判・秋田地裁 (時事通信) - goo ニュース  2007年11月22日(木) 22時02分
自白の強要否定=男性元警察官が証言−連続児童殺害公判・秋田地裁 (時事通信) - goo ニュース  2007年11月22日(木)13:10
「長時間の取り調べはない」 元警察官証言、連続児童殺害公判 さきがけOnYheWeb  2007年11月22日(木) 14:19  
供述の強要「ない」 秋田連続児童殺害公判で取り調べ官証言 河北新報 2007年11月22日(木) 23:38
関連記事
スポンサーサイト



コメント

暗示

お久しぶりです。

香川の事件の容疑者が逮捕されました。まだかなり不可解なところもありますが、警察が逮捕したのが別の人でなくて、少しほっとはしました。それは今度の事件では被害者の姉妹のお父さんに対するマスコミの取材に、どうにも意図的なものがあるような気がしてならなかったからです。私は最近は昼間のTVはほとんど見ていないので、夕方のニュース番組でチラリと見るくらいだったのですが、それでも、この事件の報道ではお父さんに対して底意地の悪い意図のようなものを感ぜざるおえず、秋田の事件の時を思い出し、嫌な気持ちになっていました。

今になって聞けば、昼間の番組などでは私が想像した以上に、かなり露骨に意図的な報道のされ方をしていたようです。

この国ではいつの間にか「被害者遺族は被害者遺族らしくあるべき」という不文律に冒されてしまって、マスコミと世間が作り上げたその「らしさ」に合わないと見做された人は疑われても仕方ないものであるようです。

秋田の事件で母親が逮捕された後も「私は初めから怪しいと思っていた」、「俺は直感でわかっていた」と自慢げに言う人が、私の身近にも幾人かいました。ところが、そう言っていた同じ人の一人が、今回の容疑者の逮捕を聞いて「てっきり、あのオヤジだと思っていたのにそうじゃなかったのか」とちょっと残念そうに言ったものです。

それは本当にあなた自身の考えでそう思っていたことなのか?マスコミが放った大量の情報によって暗示を掛けられていただけなのではないか・・・

そういえば、〝郵政民営化を問う〝選挙の頃も、郵政を民営化することがどうして良いことなのか、まともな説明など少しも出来ないのに、自らの意見として、そうすべきだと信じていると言う人たちも結構いたものでした。

  • 2007/11/29(木) 19:57:44 |
  • URL |
  • 田原 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/728-b83bf00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)