FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

調査捕鯨とか

 「調査捕鯨」と称する鯨猟の船団が下関から出航したという。



捕鯨に反対する各国は、批判を展開している。

 日本政府の盟友たるアメリカも批判を行なったらしい。
  日本の調査捕鯨自粛を求める 米国務省報道官(朝日新聞) - goo ニュース

 オーストラリアでは、特にホエール・ウォッチングの対象であるザトウクジラの捕獲に抗議して一文字を作ってデモをしたとのこと。



 今回の調査対象(早い話が捕まえて解体するもの)は、クロミンククジラ765‐935頭、ナガスクジラ50頭、ザトウクジラ50頭という。
 調査と称して、これほど多くの鯨を捕獲する必要があるのだろうか?
捕鯨には様々な論点がある。

捕鯨を正当化する論点としては、
? 鯨食は日本の古くからの食文化である。
? 鯨が魚類を大量に捕食するので、漁業資源を維持するためにも一定数の捕獲をして、魚類を守る必要がある。
? 一定数捕鯨を行っても、鯨資源が減ることはない。
等など

一方『保護派』の論点は、
? 鯨を食料とするのは野蛮である。
? 鯨は知性ある動物である。
? 鯨は絶滅の危機に瀕している。
? ホエール・ウォッチングに支障がある。
等など 

これに反論しよう。

? 古くからの食文化であることは認めるとしても、鯨資源がが乱獲などにより枯渇している面もある訳であり、そういう状況で「食文化」だからと、鯨を殺し続けて良いのか? 昔は牛・豚などを食べる習慣がなかったという前提があり、そういう「食文化」は壊れているのに、牛も豚も鯨も食べ続けるというのれは日本人のエゴではないか?

? 太古の昔から(人間が出現する前から)鯨は大量に魚類を捕食してきたのであり、漁業資源(魚)が減っているのは鯨のせいではない。寧ろ、人間による特に日本の漁船団による乱獲によって漁業資源が減っているのである。鯨のせいにされたら鯨としては、とんだ迷惑である。

? 鯨は魚と異なり、数万個も卵を産み数年で成魚になる訳では無く、成長に多くの年月を要する。世界中の国が捕獲し始めれば絶滅まではあっと言う間である。
「日本だけが捕獲するなら問題ない」というならそれこそエゴである。

? 鯨食を野蛮と言うなら、牛や豚や鳥を食べるのは野蛮ではないのか?
欧州人は、『スポーツとして』野鳥や野獣の狩りをするが、これは野蛮ではないのか?

? 知性があるから殺してはいけない。知性がない動物は殺して良いという判断は能力による差別思想に通じる。また、人間から見た知性が、その動物達にとって差別的に扱われる何の意味があるのか? “知性”や能力は、その動物が必要とする能力として与えられたものなのである。

? 鯨は絶滅の危機に瀕しているのはある意味では確かだろうが、こういう状況に追い込んだのは、『鯨油』だけのために大量の鯨を殺戮してきた欧米の行為から起こっている。自らはやり放題に殺戮してきて絶滅の危機に追い込んだことは頬被りして、現在捕鯨を行っている日本を批判する資格は欧米には無い。

? ホエール・ウォッチングのために、鯨は生存しているのではない。
こういう議論は個人の趣味の話であり極めて情緒的な批判であって聞くに及ばない。

私の結論
 捕鯨は、それなしでは生きてゆけないようなイヌイットなど特定の地域の人々にのみ認めるべきであり、飽食の国々では鯨に替わる「養殖」した資源を食するべきである。
 調査と称した捕鯨で得た肉を市場に売り出すべきではない。現在の「調査捕鯨」は、市場で鯨肉を売るための『方便』に思える。
 もちろん、戦後、鯨が日本人の飢えを凌ぐ為に大いに役に立ってきたことには感謝する必要があるし、私も鯨肉を食べて育った世代である。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

【リンク】
日本捕鯨協会
IWC

調査捕鯨船団 緊張の船出 下関港(西日本新聞) - goo ニュース
             西日本新聞朝刊  2007年11月19日(月)10:10

 南極海のクジラ資源を調査する第21次調査捕鯨船団(石川創(はじめ)団長)が18日、山口県下関市の下関港を出港した。前回の調査では反捕鯨団体による妨害活動で負傷者が出ており、緊張の船出となった。

 捕鯨船団は母船の日新丸(8、044トン)のほか目視採集船3隻、目視専門船2隻。期間は来年4月中旬まで。この日、下関を出港したのは日新丸と目視採集船3隻。目視専門船は15日に宮城県塩釜市から出港している。

 捕獲対象はクロミンククジラ765‐935頭、ナガスクジラ50頭、ザトウクジラ50頭。新たに加わるザトウクジラも含め、大型クジラの捕獲数を前回の10頭から大幅に増やした。

 出港式には乗組員の家族ら約500人が参加。調査主体の日本鯨類研究所の森本稔理事長が「妨害が激しくなっているが屈せず、人命を最大限に尊重して調査を行ってほしい」とあいさつ。約200人を乗せた船団は汽笛を鳴らして離岸、南極に向かった。

 前回の南極海調査捕鯨では今年2月、妨害活動で2人が負傷、母船火災で1人が死亡している。

=2007/11/19付 西日本新聞朝刊=

**********************************
【関連記事】
日本は捕鯨自制を=「別の調査方法」要求−米政府 (時事通信) - goo ニュース
「クジラを救え」=日本の調査捕鯨を批判−英メディア (時事通信) - goo ニュース

関連記事
スポンサーサイト



コメント

「養殖」と狩り

>飽食の国々では鯨に替わる「養殖」した資源を食するべきである。

この「養殖」がこれまた凄まじい環境破壊の原因でもあります。特に牛の「養殖」は森林破壊、水資源の枯渇、メタンガスの排出、飼料としての穀物の浪費など深刻な環境破壊と資源の無駄遣いの原因となっています。しかも牛を食べることができるのは先進国の人間のみ。鯨肉に抵抗のない人は鯨肉を食べてもいいと思います。犬を食べたり、アザラシを食べたり、いろいろあった方が結果的に地球に優しいのでは?絶滅しないよう持続的に狩りをするのは悪くないですよ。イノシシでもカンガルーでもウサギでも鹿でもトナカイでもクジラでも、有効利用すべきだと思いますね

  • 2007/11/26(月) 13:51:57 |
  • URL |
  • あたる #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

戦争と情報操作

アメリカ軍(政府)の広報活動の基本方針は、簡単明瞭。

『情報を支配し、操作し、放送時間を埋め尽くせ。そうすれば戦争を批判する敵の声は放送されない。』

反捕鯨問題は、1972年スウェーデンのストックホルムで開かれた国連世界人間環境会議において「商業捕鯨一〇年間モラトリアム(一時停止)」勧告が、突然何の事前の根回しも無く採択されたのが発端。

主催国スウェーデンのパルメ首相(後暗殺される)がベトナム戦争で大量使用された枯葉剤の被害を、会議で取り上げることを公表していたが、対米非難決議採択を恐れたアメリカ政府の対策が鯨保護だったと言われている。

1982年のIWCの年次総会でモラトリアム決定以降25年が経過し、中小型鯨は回復したが地球最大の哺乳類シロナガスクジラは増えていないそうです。
世界的な乱獲の結果、漁業資源は枯渇しています。中小鯨類の繁殖の結果、競合するシロナガスクジラの餌が不足している可能性がある。
科学的調査の結果増えている鯨類は間引きする方がシロナガスクジラの保護になるのではないか。?
単にモラトリアムだけで済む筈が無い。
日本の山林でも鹿や猪が増えすぎて、幼木や下草は食い尽くされ冬には樹木の表皮を食べる為に、大木が立ち枯れ惨憺たる有様になっている。

  • 2007/11/21(水) 14:16:34 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/725-c0d455f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)