FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

畠山被告、自白強要と主張

秋田小1児童殺害事件−78
****************************

 畠山鈴香さんは、“自白”の任意性については「強要されたもの」と否定しているが、「死刑判決となっても控訴せず」との意向を示したという。
 疲れ果てたのであろうか?・・・
 過去の冤罪事件では、多くの被疑者が無実の罪をかぶって刑に処せられている。

 この事件では、弁護士の果たした役割は犯罪的であったとさえ言えると思う。
畠山鈴香さんには、一度冷静になって(それが難しい環境におかれているのであろうが)一から立て直して欲しい。

死刑でも控訴せず 鈴香被告
    「主張認めてもらえるなら」

              河北新報 2007年11月12日(月)15:00

 秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人などの罪に問われた同町粕毛、無職畠山鈴香被告(34)の第8回公判が12日、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)で開かれ、被告人質問が行われた。検察側の「(畠山被告の)主張が認められ、死刑になったら控訴しないのか」という質問に対し、畠山被告は「はい」と答えた。

 ただ、検察側が「主張が認められても死刑以外の刑だったら不満なのか」と尋ねると、畠山被告は「不満かはわからないが、主張を認めてもらえるならそれでも構わない」と述べた。

 2児を殺害したとして起訴された畠山被告の弁護側は公判で(1)長女彩香さん=当時(9つ)=は誤って橋から落とした(2)米山豪憲君=当時(7つ)=殺害時は心神耗弱状態だった―などと主張。畠山被告は第6回公判で、極刑を望む供述をしている。

 検察側は自白調書の任意性についても質問。畠山被告は、取調官に自白を強要され、彩香さんに対する殺意など事実と違う調書を作成されたとあらためて主張。「出された調書はすべて署名しなければいけない気持ちになった」と述べた。

 一方、弁護側は、畠山被告がこれまでに、彩香さんを橋の欄干から落とした状況について検察側に対し「彩香に触れられるのが怖かった」などと供述した点について説明を求めた。

 畠山被告は「普段からちょっと触れるのが嫌だなと思っていた。(欄干で)彩香が自分の目線より高いところから覆いかぶさったような形になり、さらに怖いという気持ちになった」と供述した。

死刑でも控訴せず 鈴香被告「主張認めてもらえるなら」 (河北新報) - goo ニュース

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

****************************
秋田小1児童殺害事件−78

【連載第1回目から読む】    
   第77回へ    第79回へ 

****************************
【関連記事】
第4回被告人質問要旨 さきがけOnTheWeb
「極刑で構わない」 畠山被告淡々と さきがけOnTheWeb
「逆らえず調書に署名」と畠山被告 さきがけOnTheWeb
「出された調書に必ず署名」=畠山被告、自白強要と主張−連続児童殺害・秋田地裁 (時事通信) - goo ニュース
自白任意性めぐり検察追及 畠山被告、黙り込む場面も(共同通信) - goo ニュース

関連記事
スポンサーサイト



コメント

冤罪は次の犯罪を呼んでいるのでは・・・

冤罪が話題になると、こちらのサイトを紹介せずにはいられません。
今日は「四つの目で世の中を考える」で、酒鬼薔薇聖斗の事件を取り上げておられたので、こちらのことをコメントをいたしました。

こちらで話題になっていないのですが、豪憲君の遺体を発見された状態に置くのは、左利きの男性であったろう、柵や踏み倒された草の状況から、彩香ちゃんの中洲の発見場所からも、鈴香被告には無理との元鑑識課の方の発言がテレビにあったのですが、その後立ち消えになってしまいました。

今日、改めて記事を読み直して、鈴香被告が<もう一度彩香(わが子)を抱きしめたい>の公判初頭の心情の朗読があったにもかかわらず、触られるのが嫌だったので、振り払った・・・の供述の促しをしているのです。
架空かもしれない事件現場・・・気づきました。よって、うそをつく女に変えられているのですね。

冤罪は次の犯罪を呼んでいるのを感じます。秋田県でも、畠山姓の男性と<香>の名のカップルが、(わが)子殺しで逮捕されています。
冤罪のないことを心から祈るものです。

  • 2007/11/17(土) 22:56:27 |
  • URL |
  • 初コメ6花 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

心証証言

近隣住民や元夫の心証証言のオンパレード。
刑事事件のはずが実質審理は何時始まるんでしょうか。?
それにしても実質審理が此れでは、何をか言わんや。

「彩香に触れられるのが怖かった」や「普段からちょっと触れるのが嫌だなと思っていた」はないでしょう。検察官の下手糞な作文ですね。

彩香ちゃんが欄干に登るためには母親の畠山鈴香被告の手助け(手で支える)必要がある。
橋の欄干での再現実験をしてみたら良い。この高さの欄干に一人で攀じ登る少女ですか???
剛健君殺害状況にしても綾香ちゃん殺害状況にしても実地検証(再現実験)すれば如何に可笑しいかが判る筈だ。
登る時にはちゃんと手助けし、直後に触れるのも怖くなる。作文の出来の悪さには呆れ返るばかり。

  • 2007/11/14(水) 09:54:17 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/718-fc4793e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)