FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

カリフォルニアの山火事でFEMAが、“やらせ記者会見”

 本日(2007.10.28)付けの しんぶん「赤旗」 によると、勢いが衰えないカリフォルニア州南部の山火事で、この対策にあたる連邦緊急事態管理庁(FEMA)が、本物の記者が一人も参加していない『やらせ記者会見』を開き、被災者役のサクラFEMA職員に「大変満足しています」と回答させていたことが暴露されました。

 ブッシュ大統領も“陣頭指揮”に現れた結果がこれである。
一昨年のハリケーン・カトリーナの時もFEMAのお粗末さが暴露されたばかりであるのだが、今回はこの時の後手後手ではない、積極的な対応をアピールしようとしてデッチアゲを行った訳である。
 一層、墓穴を掘ってしまった。
ハリケーン被害拡大

*******************************
米連邦緊急事態管理庁
    山火事対応でやらせ記者会見

           2007年10月28日(日)「しんぶん赤旗」

---------------------------------------------------------------
 【ワシントン=鎌塚由美】
 カリフォルニア州南部の山火事対策にあたる連邦緊急事態管理庁(FEMA)が、やらせ記者会見を開いていたことが二十六日に判明しました。

 問題となったのは、二十三日にワシントンで開いた記者会見。ジョンソン副長官が出席し、定例会見のスタイルで記者から質問を受けました。

 カリフォルニアの森林火災で避難した住民への対応で、「われわれは機敏に対応している」と強調したジョンソン副長官。「質問を喜んでお受けします」と記者の質問も歓迎し、「これまでのFEMAの対応に満足していますか」の問いに、「大変満足しています」と回答しました。

 ところが、質問したのはFEMA職員だったことが判明。しかもFEMAは、会見開催の通知をわずか十五分前に行い、本物の記者は一人も参加していなかったことも明らかになりました。

 FEMAといえば、ハリケーン「カトリーナ」(〇五年八月)でのお粗末な対応が米国民から厳しい非難を受けました。今回の山林火災への対応でジョンソン副長官は、「カトリーナの教訓を学んだ。今回は大変スムーズに行っている」と述べ、名誉挽回(ばんかい)を狙ったものの、またもやお粗末な事態が判明した形です。

 FEMAを監督する国土安全保障省の報道官は二十六日、「このような誤りは、もってのほかで屈辱的だ」と遺憾の意を表明。再発させない決意を述べつつ、FEMA職員の処分の可能性にも言及しました。当のFEMAは二十六日、ジョンソン副長官の声明を発表。「この誤った判断を謝罪する」と、やらせ会見を謝罪しました。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/700-c9214010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)