FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

富山の冤罪男性 再審で無罪

 当ブログが、今も「畠山鈴香さんは冤罪ではないか」というスタンスで記事を書いていることは、御常連の皆さまは良く御存知のことと思います。

 最近はNHKでも、冤罪問題 を取上げていますし、【マスコミ倫理懇談会全国協議会】の第51回全国大会での最高裁刑事局の 平木正洋・総括参事官の発言 もありました。

 そういう見直しが行われていることは、一歩前進ではありますが、だからと言って取調官の先入観と偏見による自白強要が減った訳ではないし、冤罪もでっち上げられています。

 今回の、柳原浩さんの冤罪事件も、冤罪の類型にそのまま当てはまる経過を辿っています。
恐喝ともいえる取調官の強圧的な態度、ウソと誘導による“自白”の強要。
否定すると大声でどなり「はい」としか言うなと脅かすなど、ヤクザまがいのやり方です。
 このように現在の取調べには、「こいつを犯人にしよう」と捜査当局が思ったら最後「推定無罪」「疑わしくは被疑者の利益に」という法曹界の常識は無く、とにかく「落とす」ことだけに焦点を集中するだけです。
 被疑者にとって有利になる証拠は全て隠滅ないし秘匿し、少しでも不利な証拠は重箱の隅まで捜し出して来てマスコミにリークし、情報を操作して「犯人だ」との意識を世の中に植え付け大衆を洗脳する。
 
 果ては、今回の事件では取調官は「家族もあんたを見放している」との決定的ウソを付き、『頑張る』意気も喪失させる。

 本当に、人権侵害であり人道に反する取調べが行われている。

 この事件では、別の事件で逮捕された真犯人がこの犯罪を認めたから、柳原さんは無罪であると認定されたが、こういう例は稀有なものであり、冤罪のまま有罪となり服役している人たちも多いことであろう。

 柳原さんは、取調官を法定に呼び出すよう裁判官に求めたが、捜査当局はこの出頭要請を拒否したと言う。
 いわば、自らの違法な取調べに弁解するすべも無く、出頭拒否で犯罪性を追伸したようなものだ。

 このような『冤罪』が、今後起こることのないように、人権と「推定無罪」の考え方と、自白偏重ではなく、具体的な証拠による取調べを行うような改革を行っていただきたい。

 畠山鈴香さんの事件も実態のある証拠を何も提示できていないとうに見える。
柳原さんのような無実の人を監獄に送ったり、死刑に処されたりすることのないようにして頂きたいし、推移を見守りたい。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************


*********************************

富山の冤罪男性、再審で無罪
   女性暴行で逮捕・服役

               朝日新聞 2007年10月10日(水)15:58

 02年に強姦(ごうかん)と強姦未遂の2事件で富山県警に逮捕され、実刑判決を受けて服役後に無実とわかった同県の柳原浩さん(40)の再審の判決で、富山地裁高岡支部は10日、求刑通り無罪を言い渡した。藤田敏裁判長は「犯人でないことは明らかで、犯罪の証明はない」と述べた。

 藤田裁判長は判決を言い渡した後、柳原さんに「無実であるのに有罪判決を受けて服役したことを、誠にお気の毒に思っています」と話した。

 再審で、検察側は柳原さんの犯行時間帯のアリバイにつながる自宅の通話記録などの証拠を提出。無罪を求めていた。弁護側は、県警の高圧的な取り調べが柳原さんを自白に追い込んだと主張。捜査の経緯を解明するため、取り調べを担当した警察官の証人尋問などを求めたが、却下された。

富山の冤罪男性、再審で無罪 女性暴行で逮捕・服役(朝日新聞) - goo ニュース
********************************

「納得のいかない判決」
    冤罪事件の柳原浩さん

               共同通信   2007年10月10日(水)20:28

 「納得のいかない判決だった」。富山の冤罪事件で柳原浩さん(40)は10日、富山地裁高岡支部の再審判決公判閉廷後、「無罪判決でも、真実が闇に葬られたままではうれしくない」と述べ、冤罪を生んだ捜査の解明が法廷で見送られたことに無念さをにじませた。柳原さんは「もう少しまじめに捜査していたら、新たな(女性暴行の)被害者も出なかった」と富山県警と富山地検を批判した。

「納得のいかない判決」 冤罪事件の柳原浩さん(共同通信) - goo ニュース

******************************

改めておわび=再審無罪判決受け
    −富山地検・県警

               時事通信    2007年10月10日(水)18:20

 富山県の女性暴行事件の再審公判で、富山地裁高岡支部が柳原浩さん(40)に無罪判決を言い渡したことを受け、富山地検の佐野仁志次席検事は10日、「改めて柳原さんをはじめ家族、被害者など関係各方面に多大なご迷惑を掛け、おわびします。本件を肝に銘じ、今後、基本に忠実な捜査をさらに徹底し、再発防止に努めます」とのコメントを発表した。

 また、判決直後に控訴しないことを決めたことについては「早く(柳原さんの無罪を)確定させるため」と述べた。 

改めておわび=再審無罪判決受け−富山地検・県警 (時事通信) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

司法関係者は、何の罪もない新井泉さんへの監禁暴行を直ちにやめよ!

なんと現実に、何の罪もないヒトの家に公務員が不法侵入して監禁・暴行・強盗・殺人などあらゆる犯罪を犯しまくるとんでもない事件が日本で起きているのだ!もともと日本の司法関係者なんてひとりよがりのエゴ丸出しの犯罪者の集団だ。だから、司法を含めて日本政府は平気で何の罪もない国民の人生を破壊しめちゃくちゃにする最悪の犯罪者の集まりなのだ。公務員は自分だけが優雅な犯罪人生を楽しむために、無実の人々の人生や生命をこれ見よがしに破壊して喜んでいる。現実に、公務員と取り巻きは警察とぐるになって、何の罪もない新井泉さんを強制的に監禁虐待して殺害している。司法関係者は新井泉さんをトイレの中や浴槽の中まで無理やり撮影して、新井泉さんから食事も睡眠もすべて奪い取って毎日毎日暴行のあげく殺したのである。これは戦争中に日本人が世界中で何の罪もないたくさんの少女を性奴隷として強姦虐殺していたのとまったく同じことを、政府の連中が新井さんに対して犯しているのである。こんな邪悪な日本政府を早く滅ぼさなければならない。

  • 2007/10/11(木) 06:40:24 |
  • URL |
  • 新井泉さんを救う会 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

笑止

>控訴しないことを決めたことについては「早く(柳原さんの無罪を)確定させるため」と
 何を今さら・・・単に、ほかに「真犯人」を見つけたからでしょうに。あたかも柳原さんに配慮しました、みたいなことを言うのはイヤラシイですね。

  • 2007/10/10(水) 22:20:16 |
  • URL |
  • pedestrian #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/680-248b46be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)