FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍辞任 各紙社説は

唐突な安倍首相辞任について、新聞やテレビは大騒ぎだが、
【護憲+グループ・ごまめのブログ】が6大新聞の社説比較をしている。
ここをクリック

【護憲+グループ・ごまめのブログ】は、社説の冒頭部分を一部引用しているのだが、ここでは、これに結論部分を追加してご提供したい。
******************************
東京新聞  【社説】(9/13)は、ここをクリック
安倍首相、退陣へ 下野か衆院解散か、だ 2007年9月13日

 理由はなんであれ、無責任のそしりは免れまい。安倍晋三首相が唐突に退陣を表明した。参院選の歴史的惨敗にも続投させた自民と公明の政権与党の責任は重大だ。

 「職場放棄」「無責任極まりない幼稚な判断」と非難の声があがっている。確かに衝撃ではあっても、語るべき言葉をさがすのに苦労する。

 今週月曜日に召集されたこの国会の冒頭で首相は所信を述べた。「美しい国」「戦後レジーム(体制)脱却」の自前の用語を入れて、続投へのこだわりをみせたばかりだった。

 そして十二日、衆院本会議で各党代表質問が行われる直前、自民党幹部らに電話ではっきり辞意を伝えた。前代未聞のことだ。

民心の離反を自覚せよ
 参院の第一党を民主党に奪われた自民党は、民心が甚だしく離反していることを自覚した方がいい。

 けじめが要る。このまま後継の総理総裁を選んでは、安倍氏同様、政権選択の審判を受けない自公政権が続いてしまう。潔く下野するか、衆院解散・総選挙で出直す。選択すべき道は二つに一つである。

******************************
毎日新聞  【社説】(9/13)は、ここをクリック
安倍首相辞任 国民不在の政権放り投げだ

 早期に衆院を解散して民意を問え−−。次期首相にはあえてこう言いたい。今、混乱を収拾し国政に民意を反映させるためには解散が最も建設的な道だと考える。

 12日の安倍晋三首相の辞任表明は全く唐突であり、多くの国民が耳を疑ったに違いない。

 首相は海上自衛隊のインド洋での補給活動について「国際公約だ」と宣言し、活動継続について「職を賭す」とまで言い切った。

 しかし首相が交代しても、補給活動について民主党の反対姿勢は変わらないだろう。ねじれ国会のマイナス面を少しでも解消するには、政権選択選挙である衆院選挙で、政権を自民党に任せるか民主党に任せるか、はっきり国民に聞いた方がすっきりする。

 これで政権担当能力があるのかとさえ疑わせる事態を招いた責任は、安倍首相のみならず自民党にもある。もはや衆院の解散・総選挙で混乱を収拾するしかない。民主党に政権をいったん渡し、その選挙管理内閣のもとで解散をしてもいいほどの体たらくだ。

******************************
日経新聞  【社説】(9/13)は、ここをクリック
社説 突然の首相退陣、政局混迷を憂慮する(9/13)

 安倍晋三首相が突然、退陣を表明した。臨時国会で所信表明演説を行い、代表質問に入る直前の退陣表明は極めて異様である。7月の参院選で惨敗しても続投を決断した首相は政権・国会運営の厳しさを十分に覚悟していたはずだが、首相の体力・気力はすでに限界に達していたのだろう。突然の退陣表明は無責任な政権投げ出しと言われても仕方ない。国会は当面、休会状態になり、インド洋における海上自衛隊の給油継続問題も宙に浮く形となった。政局の混迷を深く憂慮せざるをえない。

 政局の混迷を根本的に打開する方法は早期に衆院を解散し、総選挙で示された民意に基づいて新しい安定した政治体制を構築することが望ましいとわたしたちは考える。日本経済は着実に回復軌道を歩んでいるが、政局の混迷の長期化は企業経営者や投資家、消費者の心理に悪い影響を及ぼしかねない。

 少子高齢化に直面する日本が引き続き経済成長を維持して国民生活を安定させるには、税財政改革や年金制度の安定化などの改革に全力を挙げて取り組まなければならない。政局の混迷を理由にこうした課題が先送りされるのは国民にとっても極めて不幸なことである。

 次期衆院選では与野党が税財政改革や年金改革から逃げることなく、堂々と国民の前で政策を競い合い、選挙後はその実行のためにどうすればよいかを真剣に考えてもらいたい。場合によっては政策実行のための大連立という選択肢もありうるのではないか。

******************************
読売新聞  【社説】(9/13)は、ここをクリック
安倍首相退陣 安定した政治体制を構築せよ(9月13日付・読売社説)

 極めて異例、異常な突然の安倍首相の退陣表明だ。

 所信表明演説を終え、各党代表質問が始まる直前のことだった。「無責任」と言われても仕方ないタイミングである。

 後継の首相を選出し、改めて所信表明演説をしなければならない。それまでの間、政治空白が生じる。

 こんなことなら、参院選直後に、惨敗の責任を取って辞任すべきだったのではないか、という声が、与党内からでさえ出るのも無理はない。

◆衆参ねじれの克服を

 次期衆院選に向け、小沢代表は、先の参院選で民主党の公約に掲げた政策の実現に全力を挙げると言う。それには、法案化し、与党が圧倒的多数を占める衆院でも可決しなければ成立しない。

 安倍後継政権としては、給油活動継続は無論、年金などの社会保障制度の改革、財政再建、消費税率引き上げ問題を含む税制改革など、国の存立や国民生活の基本にかかわる重要政策に取り組まなければならない。

 そのためには、政策の内容には当面、違いがあるとしても、与野党の利害を超えて衆参ねじれの状況を克服し、必要な政策の実現のために、大連立も視野に入れるべきではないか。

******************************
朝日新聞 【社説】(9/13)は、ここをクリック
安倍首相辞任―あきれた政権放り出し 解散で政権選択を問え

 なんとも驚くべきタイミングで、安倍首相が辞任を表明した。文字通り、政権を投げ出したとしかいいようがない。前代未聞のことである。

 内閣を改造し、政権第2幕に向けて国会で所信表明演説をし、国民に決意と覚悟を語ったばかりである。その演説に対する各党の代表質問を受ける当日に、舞台から降りてしまった。国の最高指導者として考えられない無責任さだ。

 次の総裁、新首相は有権者の支持を得られなかった安倍首相の後継だ。新たな政権は自らを「選挙管理内閣」と位置づけ、可能な限り速やかに衆院を解散し、総選挙をする必要がある。

 今回の政権放り出しは、民主党を第1党にした参院選がもたらした結果でもある。自民党政権がこれだけ混迷してしまった以上、総選挙で有権者にきちんと政権選択を問うべきだ。国民の信頼に基づく政治を取り戻すにはそれしかない。

******************************
産経新聞  【社説】(9/13)は、ここをクリック
【主張】首相辞任表明 国際公約果たす態勢を
 ■稚拙な政権運営をただせ

 衆院代表質問の直前という唐突なタイミングでの安倍晋三首相の辞任表明は、政策的行き詰まりと首相職の重圧に耐えかね、政権を放り出したと言える。極めて遺憾である。

 国民や与党にも「無責任極まりない」との声が強いが、政治空白を生じさせることは許されない。

 昨年9月の政権発足以来、首相が進めてきた新しい国づくりに向けた骨格作りは、教育基本法改正や防衛省昇格など、これまでの戦後の歴代政権が果たせなかった成果を生み出した。こうした基本的な方向は、次期政権も踏襲すべきだろう。

 国会攻防が始まらないうちに自滅した与党を前にしても、民主党が政府・与党攻撃の手を緩めることはなかろう。しかし、新首相との間で党首会談に応じ、給油活動の継続だけでなく、今後の国会運営について話し合う余地は残しておくべきである。

 自民党が参院選大敗のショックを今もひきずっているのは明白であり、そのなかで首相の辞任劇も生じた。

 安倍政権の中枢にいた麻生太郎幹事長や与謝野馨官房長官は、次期政権でも主要な地位を占める可能性が高いとみられる人物である。その両氏は、首相の辞意について事前にその兆候をつかんでいたことを説明している。

 国民の政治不信を増幅しかねない首相の行動を、止められなかったのだろうか。危機管理面の問題を残したともいえる。政権運営への不安を払拭(ふっしょく)することも急務である。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************


 今朝の『朝ズバッ!』では、コメンテイターが、東京新聞が最も鮮明であり、解散か下野かを問うているが、下野を言っているのは東京新聞だけである、ことを述べていた。

 日経新聞も「見出し」とはちょっと異なり、社説の中身では、解散を要求していたとのこと。(上記、日経記事参照)

地方「理解できぬ」 党弱体化に危機感 首相辞任(朝日新聞) - goo ニュース

安倍内閣1年、実績「評価しない」70%…読売世論調査(読売新聞) - goo ニュース
関連記事
スポンサーサイト



コメント

辞任の謎

東京新聞の「下野か解散」が一番マトモな正論。
産経は散々ヨイショしていた相手がとんでもない無責任男だった責任をどう執るつもりなんでしょうか。?
しかし何れも何故辞任したかは謎ですね。理由を色々考えて見る。

一番目、アメリカのお叱りが怖い説
辞任会見で何度も繰り返したように『テロとの戦い』の『国際公約』(ブッシュ大統領への約束)が果せそうにないから。

二番目、安晋会が怖い説。
ナントカ還元水ぐらいでは死にそうに無い海千山千の某農林水産大臣が突然ドアノブで首を吊る。これでは普通の判断力があれば、誰でも怖がります。
現職大臣の死よりも現職首相の死の方が同情を集められ選挙で勝てる。命が惜しければ誰でも辞めたくなる。

三番目、四面楚歌説。
衆議院での所信表明演説では何とも無かったが、参議院がいけない。
演説が野次で聞こえないくらいで酷い有様。野党議員(民主党)の野次だけでなく与党(自民党)からも有ったらしい。

四番目、北斗真拳説。
首相は辞任を口にした瞬間から死に体となる。やっと安倍さんでも、自分が死んでいることに気が付いた。
『もうお前は、死んでいる』
二ヶ月前の参議院選挙の時から死んでいたとの説もある。

五番目、母親に叱られた説。
辞任会見では、いつもの一点を見つめる姿勢が見られなかった。数秒おきに右を向いたり左を見たり。
なみだ目で落ち着きが全く無い。母親に叱られた小さい子供ソックリ。

六番目、神のお告げ説。
この可能性がいちばん高そう。
ナントカの神の水ペットペットボトルを手放さない。
国会での松岡大臣のナントカ還元水答弁はそのことを皮肉って喋っていたらしく、聞く人が聞けば「はは~ん、なるほど」と判る仕組み。

真実度、内容は何しろ神のお告げですから一切不明で雲の彼方の霧の中。

七番目、登校拒否説。
前日の所信表明演説を飛ばし読みしたのがばれた晋三君は翌日の国会代表質問の前にもう一度読み直しさせられることになっていた。
『みんなが僕ちゃんをイジメル。もう二度と学校へは行かないもん』

八番目、密約説。
麻生に禅譲を約束していた。事前に麻生タロウ一人に相談していた、と太郎君がみんなに話す。(ほら吹きタロウ君のうそ臭い)

九番目、脱税疑惑説。
週刊誌が3億円の遺産相続税の脱税報道をする前にトンずらして外国へ高飛びを画策中との情報もある。(大臣が大臣なら首相も)

十番目下半身が問題説。
もともと健康問題を抱えていた。下痢体質は有名な話。
消化器系は精神状態と密接に関係している。
参院選挙後の野党やマスコミの色々な追及に下痢が止まらなくなり垂れ流し状態の可能性も。(美しくない日本の代表)

  • 2007/09/14(金) 11:48:06 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/649-7c1f0bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)