FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍首相、辞意表明 党首会談を断られ

 安倍首相辞任の第2報。
午後2時から行なわれた辞任会見では、
「小沢首相に(密室での)党首会談を断られたからだ」
と泣きを入れた。

子どもの言い訳か!?

一国の最高責任者であるべき首相の発言か?と、恥ずかしくなってしまう。

 安倍会見後に開かれた、小沢党首の記者会見によれば、首相からの会談の申し入れは急な話で、内容も「御挨拶に」と言うので、今時ごあいさつもないだろうと鄭重にお断りしたのだという。

なんとも、あそまつな幕切れであった。

 私が推察するに、安倍総理では事態を収拾できないと見限った、アメリカ政府筋の圧力だったに違いないと思うのだが・・・
如何だろうか?
 某アメリカ政府筋「もう君ではテロ特措法の延長は無理だろうし、米国としてもこれ以上君を支えられないよ。麻生か誰かもっとキャラクターの強いのに交代して欲しいんだが。君はそろそろ辞めたらどうだね!」と強い口調。
「アメリカが支えてくれないんだったら、僕ちゃんやってゆけないもん」
「よしよし、後は任せておけ」「無念!」 ・・・ (これは、想像です)

一方では、安倍氏は激務に体調を崩していたとの証言もある。
健康状態も辞意表明の理由のひとつ 官房長官(gooニュース) - goo ニュース
【官房長官は、「総理は自分の健康が総理大臣の厳しい日程・精神的な重圧に耐えられるかどうか、常に吟味していた。ご本人はなかなか告白されないが、大変に厳しい健康状態で、これを誰にも言わずにじっと耐えていたことを、長い目でご理解いただきたいと思う」と述べた。 】

2007年9月12日 17:30  JUNSKY

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

以下、goo News 引用
***************************

辞意「月曜に聞いていた」 麻生幹事長(gooニュース) - goo ニュース

安倍首相退陣 「求心力ない」辞意 衆院本会議は流会へ(産経新聞) - goo ニュース

安倍首相、辞意表明 党首会談を断られ(gooニュース) - goo ニュース

安倍首相は12日午後2時、辞任する意向を表明した。首相官邸で記者会見した。NHKが中継した会見によると、「今の状況で、国民の支持・信頼の上において、力強く政策を前に進めていくことは困難」と判断し、「テロとの戦いを進めていく必要がある」「政治的な空白を作るべきでない」と考えたと説明。直接の辞任決意のきっかけとしては、11月1日に期限が切れるテロ特措法延長について民主党の小沢代表に党首会談を申し入れたが、小沢氏からこれを断られたと言及した。「党首会談も実現しない状況では、私が約束したことは実現しない。むしろ私が残ることが障害となると判断した」と明らかにした。首相は9日、テロ特措法の延長を「職を賭して」追及すると発言していた。(gooニュース編集部)

約20分におよぶ会見で首相は開口一番、「本日、総理の職を辞するべきと決意をいたしました」と表明。7月の参院選で「大変厳しい結果を得たが、戦後レジーム脱却、改革の歩みをとどめてはならないと決意を固めて、全力で取り組んでた」と述べた上で、「テロとの戦い、国際社会から期待されている活動を、中断することがあってはならない。継続していかなくてはならないと申し上げた」と話した。

首相はさらに「国際社会への貢献は、私が進める『主張する外交』の中核であり、やりとげていく責任が私にはあるという思いがあった。これを中断しないために、全力を尽くす、職を賭していくつもりで、職にしがみつくものでもないと申し上げた。そのためにはあらゆる努力をしなければならない。環境づくりにも努力をしなければならない。一身をなげうつ覚悟で、全力で尽くさなければならないと考えていた」と説明。

今日の辞任決意のきっかけについては、「小沢代表に党首会談を申し入れ、率直な思いと考えを伝えようとしたが、実質的に断られてしまった。小沢代表は先般から『民意を受けていない』と批判をしておられた。テロとの戦いを継続する上で、自分はどうするべきか。むしろこれは局面を転換しなければならない。新たな総理の下でテロとの戦いを継続していく、それを目指すべきではないだろうか。きたる国連総会にも新しい総理が行くことがいいのではないか。また改革を進めていくその決意で続投し、内閣改造を行ったわけだが、今の状況でなかなか国民の支持・信頼の上において、力強く政策を前に進めていくことは困難な状況である。ここは自らが、けじめをつけることによって、局面を打開をしなければいけない。そう判断するに至った。政治の空白を生まないように、なるべく早く次の総裁を決めてもらいたいと指示した」と話した。

複数報道によると、安倍首相は同日、麻生太郎幹事長ら自民党幹部に辞任の意向を伝えた。この日は午後1時から衆院本会議で代表質問が予定されていた。首相は10日、衆院本会議で所信表明演説をしたばかり。

NHKは同日午後1時前、連続ドラマの放送を打ち切り「安倍首相が辞任の意向」と速報した。

首相は昨年9月、小泉前首相の任期満了に伴う自民党総裁選で選ばれ、初の戦後生まれの首相として就任。「美しい国」を掲げて政権発足当初は、高い支持率を得ていた。しかしその後、年金記録問題や閣僚の相次ぐ不祥事・辞任などで支持率が大幅に低迷。7月の参院選で自民党は惨敗したが、続投した。

8日には訪問先のシドニーでブッシュ米大統領と首脳会談。翌日の記者会見では、テロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊のインド洋での給油活動の継続について「国際的な公約となった以上、私には大きな責任がある。職を賭して取り組む」との決意を表明。この「職を賭して」という発言は、給油活動が継続できなければ退陣する意向を示したものなのか、内閣や自民党内でも当惑が広がっていた。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/646-34ce7b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)