FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

畠山鈴香被告を精神鑑定へ 

秋田小1児童殺害事件−67

畠山鈴香さんについて、珍しく「秋田さきがけ」以外からのニュースを見つけた。
asahi.com の記事である。

 今度は精神鑑定の話だが、前にも書いたように、これらの動きは、畠山鈴香さんが二人の幼児を故意又は過失または精神不安定で「殺した」ことを前提にしている。
 犯行に関する責任能力または、情状酌量を狙ってのものだ。

ここには、権力による『冤罪』と疑う姿勢は皆目ない。
警察・検察迎合の流れであり、おそろしいことだ。

先日も無実の罪で長期に拘束された「元被告」に対して国家賠償額の最高額の支払いが命じられたばかりだ。
警察・検察は、何度間違いをしでかしたら問題点を認識するのだろう?
**********************************

畠山鈴香被告を精神鑑定へ
   秋田・連続児童殺害事件

    朝日新聞Web版 2007年08月29日23時17分
****************************

 秋田県藤里町の連続児童殺害事件で、殺人罪などに問われている畠山鈴香被告(34)に対する第12回公判前整理手続きが29日、秋田地裁(藤井俊郎裁判長)であった。弁護側が請求していた畠山被告に対する精神鑑定を、公判で実施することが決まった。判決は来年春に言い渡される見通し。

 精神鑑定は県外の鑑定医が、公判と同時進行で行う予定。弁護側は、長女彩香さん(当時9)と近くに住んでいた米山豪憲君(当時7)の両殺害事件で、畠山被告がストレスで記憶をなくす障害があるなどとして、畠山被告の刑事責任能力について争っている。

 整理手続きはこの日で終わり、9月12日に初公判が開かれる。

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

****************************
秋田小1児童殺害事件−67

【連載第1回目から読む】    
   第66回へ    第68回へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Unknown

 こちらのブログや、(残念ながら、最近閉じてしまわれたようですが)『どん底あるいは青い鳥』さんでも、何度も検討されたように、この事件には畠山さんが犯人だとすると、不可解な点がいろいろありましたね。しかし、すべてのマスコミが、警察発表どおり、最初から彼女が犯人だという決め付けでしか報道せず、それも普通の事件報道よりも遥かにセンセーショナルな扱いだった。

 で、結局、あの頃から、わかり切っていたことですが、すべては彼女の精神が常人には考えられないほどに異常であるとしなければ、説明は付かないということなのでしょう。しかし、そうでなかったとしたら・・・ということで、今からでも、冷静に検討してもらいたいものです。

  • 2007/08/31(金) 14:08:41 |
  • URL |
  • 田原 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

布引洋 様

その NHK 『クローズアップ現代』
は、見ていませんでした。
24人でも大変ですが、124人ですか・・・

判明しただけでも、これだけの無実の人々が、冤罪で「死刑」に処せられた訳ですね。

証拠保全を義務付けられる米国で、こういう実態という事は、自白偏重の日本ではどれだけあることでしょうか?

死刑とは行かなくても十年以上拘留されて、『出所』してから無罪を訴えたり、初めから一貫して無実を訴えていても有罪とされる事例は多いようですね。

痴漢事件については、周防正行監督の映画「それでも僕はやってない」で、社会的に広く認知され始めたと思いますが、「認めれば、即釈放、認めなければ長期拘留」という制度的欠陥が、冤罪痴漢事件をはびこらせているようです。

今後とも、コメントよろしく御願い致します。

  • 2007/08/30(木) 19:41:46 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

NHK『クローズアップ現代』124人もの冤罪死刑囚

ある程度は予想していたのですが、昨晩のNHK報道の内容は衝撃的でした。
日本と並び先進国で例外的に死刑を合法とするアメリカの実情。
証拠保全を義務付けられる米国では、DNA鑑定などの科学技術の発達による再鑑定によって二ヶ月に一人の割合で死刑囚の冤罪が判明している。
一番多い誤審の原因は目撃証言の信憑性。誰でも犯罪者は憎いし可哀想な被害者に協力したい。
警察で何枚かの容疑者の写真を見せられると、一番近い、似ている人物を容疑者と特定する。
次に多いのが自白の強要と誘導。
取り調べが2日に制限されている米国でも問題なら,ほとんど無制限の日本は押して知るべし。密室下の取調べが冤罪発生の原因であるのは間違いない。
DNA鑑定しようにも資料を警察鑑定で使い果たすなど人権無視は日常的に起こっている。日本では警察に証拠保全の罰則が無い。

  • 2007/08/30(木) 15:47:51 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/627-836ab61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)