FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

憲法問題が参議院選挙の重要争点に!

今日、7月15日は日本共産党の創立85周年記念日ということです。
ここをクリック

以下は、7月15日付け赤旗から引用
*************************
 日本共産党は、反戦・平和を貫いて八十五年、安倍改憲路線に正面から立ち向かう立場と勇気をもつ政党です。
 それは「靖国」派の日本会議自身が「改憲を阻止しようとする日本共産党。それに対して、私どもは、自民党や民主党などの『新憲法制定派』議員と連携して…新憲法を制定しようとしている」(同会議首都圏地方議員懇談会)と述べていることでも明らかです。

 日本共産党は、改憲手続き法審議で、中山自民党憲法審議会の中山太郎会長に「共産党がいなかったらもっと早くいったのに」と悔しがらせる論戦を展開しました。その議席が一議席でも増えることが求められています。

 その自民党憲法審議会の中山太郎会長は日本会議国会議員懇談会の顧問、石破茂・事務局長は副会長、萩生田光一・副会長は同じく事務局長を務める「靖国」派です。


*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

以下は西日本新聞の記事の抜粋及び、時事通信の『舌戦・参院選』の抜粋です。
両雄逆転か終幕か 首相 都心で実績を強調(西日本新聞) - goo ニュース

 今月1日の党首討論で、小沢氏は自民党の政権復帰を許した1994年の自社さ政権誕生を「失敗した」と悔やんだ。「あの時は政治そのものが動くことに関心が高まった。今回は自分の生活を何とかするため政治を変えてくれという切実な気持ちが表れている。もっと深刻だ」。初日の論戦を終えた小沢氏の顔には自信さえにじんだ。
 かつては著書で自由競争の重要性を唱えた小沢氏。持論を封じて地域間格差是正を訴えるのは、地方に多い改選数1の「1人区」が参院選の勝敗のかぎを握るからだ。

■無党派戦略「負けるわけにはいかない」
 「60年ぶりに教育基本法を改正した。防衛庁を省に昇格させ、国民投票法、憲法改正手続き法をつくることができた。美しい国の礎を築くことができた」
安倍晋三首相が、東京のJR秋葉原駅前で発した第一声で、まず強調したのは「安倍カラー」の実績だった。
年金記録不備問題や「政治とカネ」をめぐる疑惑、閣僚失言などで内閣支持率が急落した中での戦いだ。
秋葉原に限らず、その後に回った埼玉、千葉両県での街頭演説会場でも、陣営の動員とみられる高齢者層が目立ち、大逆風下での戦いの一端が垣間見えた。

舌戦・参院選(14日)【07参院選】 (時事通信) - goo ニュース
舌戦・参院選(14日)【07参院選】☆2 (時事通信) - goo ニュース
◇党首討論をスリル満点に
 ▼共産党・志位和夫委員長(千葉県習志野市のJR津田沼駅前で) 共産党が(改選議席から)1議席増えて(非改選と合わせ)10議席になれば党首討論に出られる。前国会の党首討論は自民と民主両党だけで面白くない。眠くなってスイッチを切る人が多いのではないか。わたしに発言権を与えてくだされば、スリル満点で面白い場面を必ず提供する。

舌戦・参院選(10日)【07参院選】 (時事通信) - goo ニュース
◇「月800円」、見識問われる
 ▼共産党・市田忠義書記局長(国会内で記者団に) 安倍晋三首相は(赤城徳彦農水相の事務所費問題で)「月800円の光熱水費で辞任ですか」と言った。一番少ない月を(例に)挙げて極めて詳しく言っていたが、あの言い方に一国の首相の見識が問われている。(安倍政権は)打つ手打つ手が裏目に出るというか、おろおろしている感じがする。

◇ずうずうしいスローガン
 ▼社民党・福島瑞穂党首(CS放送の番組収録で) 「今回は社民党へ」というスローガンは謙虚だと言われるが、それは違う。憲法9条を変えたくない人は、自民党支持であれ、民主党支持であれ、今回はとにかく社民党に入れてくれというずうずうしいスローガンだ。(続)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/570-2112097f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)