FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

山本太郎 さんが 東京都知事選 に立候補 する?!ガセネタでは?

2020年6月11日(木)

#山本太郎 さんが #東京都知事選 に#立候補 する?!
と云う『速報』(ガセネタ?)が昨日あたりから流されています。

『観測情報』なので安易にシェアやリツィートされませんように!
****************************

Reiwa-Yamamoto_20200611.jpg

この毎日新聞も含む関連記事を幾つか見てみましたが
これについての山本太郎氏の発言は全く無し。
このニュースを報道するどのメディアも
山本太郎さんに直接取材していない模様。

「複数の関係者が明らかにした。」と書いている
関係者が山本太郎さんの関係者かどうかも不明!

ニュースソースは、おそらく一つで
ある野党議員の『観測』を流して野党分断を謀る
安倍忖度メディアの『作戦』ではないか?

【れいわ新選組の山本太郎代表(45)が、
東京都知事選出馬の検討を始めたことが10日、
野党関係者への取材で分かった。】
(日刊スポーツ:2020/6/10 22:30配信)
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202006100001056.html

このニュース(謀略)を信じ込んで
山本太郎さんを追い込んではいけない
と私は思います。

宇都宮健児さんを推す団体の幹部が
山本太郎さん公式サイトに立候補辞退を求める
コメントを集中するように主張しているようですが
これでは4年前に鳥越俊太郎氏を推す団体が
宇都宮健児さんに立候補辞退を求めたことの裏返しで、
宇都宮健児さんも決してそのような行動を
望んでいないと思います。

【東京都知事選への出馬に意欲を示している
との観測が10日、野党内で浮上した。】
(共同通信:2020/6/10 22:19配信)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b91f3e59e55dec1ee56e0958ff464d405d00bf6d

山本太郎さんに直接取材したメディアが無いのに
早合点のシェアやコメントが多くの動揺した
コメントを再生産しているようです。

記事を見て、そのまま投稿・シェアする前に
周辺情報を確認してください!

この毎日新聞ニュースの主文は僅か以下の数行だけ。
【れいわ新選組の山本太郎代表(45)が
 東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に
 立候補する検討を始めた。
 複数の関係者が明らかにした。】
 (毎日新聞:2020/6/10 18:34配信)
 あとは他の候補者の動向ばかり。

「複数の関係者」はもしかすると
『内閣情報調査室』かも知れない。

*************


山本太郎氏が都知事選へ出馬検討 れいわ新選組代表
 毎日新聞 -2020年6月10日 18時33分

➡ 山本太郎さん本人に取材せずに風評を流して
野党分断を謀ろうとしている安倍忖度ニュース!


れいわ山本氏に都知事選出馬観測 野党内、懐疑的見方も
 共同通信 - 2020年6月10日(水) 22:19


れいわ新選組の山本太郎代表が都知事選出馬を検討
 日刊スポーツ - 2020年6月10日(水)22時30分



    ****************

山本太郎氏が都知事選へ出馬検討 れいわ新選組代表
 毎日新聞:小山由宇 -2020年6月10日 18時33分

(引用)
 れいわ新選組の山本太郎代表(45)が東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に立候補する検討を始めた。複数の関係者が明らかにした。

 都知事選を巡っては、小池百合子知事(67)が再選出馬を表明する意向を連合東京に伝えており、自民の二階俊博幹事長も推薦に意欲を見せている。

 次期衆院選でれいわと野党共闘を目指す立憲民主、共産、社民は無所属で立候補予定の元日本弁護士連合会会長、宇都宮健児氏(73)を支援する方向で、野党間の票が割れる可能性もある。

 他に元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)も無所属で立候補し、日本維新の会の推薦を受ける方向。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)も立候補の意向を明らかにしている。
【小山由宇】



れいわ山本氏に都知事選出馬観測 野党内、懐疑的見方も
 共同通信 - 2020年6月10日(水) 22:19

(引用)
 れいわ新選組の山本太郎代表が、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬に意欲を示しているとの観測が10日、野党内で浮上した。ただ立憲民主党などは既に元日弁連会長の宇都宮健児氏の支援方針を決めている。立候補に懐疑的な見方があり出馬に踏み切るかどうかは不透明だ。

 山本氏を巡っては、立民などが野党統一候補としての擁立を目指し、無所属での出馬を打診。山本氏がれいわ公認にこだわり、折り合わなかった経緯がある。

 都知事選では、自民党が現職の小池百合子知事を支援する方針。日本維新の会が推薦する元熊本県副知事小野泰輔氏らが立候補を表明している。




れいわ新選組の山本太郎代表が都知事選出馬を検討
 日刊スポーツ - 2020年6月10日(水)22時30分

(引用)
れいわ新選組の山本太郎代表(45)が、東京都知事選出馬の検討を始めたことが10日、野党関係者への取材で分かった。

山本氏は都知事選についてこれまで「すべての選択肢を排除しない」と、含みを残してきた。立憲民主党などの野党が一時、野党統一候補での擁立を目指したものの、山本氏は「れいわ公認」にこだわり、野党は元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)の支援を決めた経緯がある。一方、昨年の参院選で躍進したれいわは保守票の一部を取り込んだともいわれ、今回も幅広い支持を得られるか見極めているとみられる。次期衆院選の時期も見通せず存在感の見せ方に腐心しているとの指摘もある。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5687-4bade3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)