FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「えらぼーと」をやって見ました!

 今(2007年7月14日昼過ぎ)、超大型で非常に強い台風4号が、九州に差し掛かっています。
14日夕方から夜に掛けては、当地も暴風雨圏内に・・・

 一昨日(7/12)の午後9時から10時頃に掛けては、「どしゃ降り」というにふさわしいとてつもない大雨と頻繁な雷で、凄い有様でした。
過去に経験したことがない雷の連発で、10や20ではなく、それこそ10秒に1回くらいの頻度で空が光るのです。もちろん雷鳴も。
その時間帯は、車で帰宅中だったのですが、その稲光のなかの幾つかは目の前に落ちたのではないかと思うほど車の前の道路が真っ白にひかり、一瞬背筋が凍る気持ちでした。1時間に数百の雷が光り、そのうち相当部分が『落ちた』と思います(もちろん数えていた訳ではありません)
自宅に着いた後も大雨で車からでるのが憚られ、小降りになるのを期待して、しばらく車で休んでいることに・・・。
すると、目の前に(と言っても結構はなれていたのですが)稲光が上から下に見事に落ちました。すぐに雷鳴が来て、これは相当近い!と。1秒もなかったから、100mから200mそこそこか?(1秒で約340m)

とにかく、異常気象が急速に進んでいます。
**************************

話し変わって・・・

ポラリス12日付け に投票先決定支援ツールが紹介されていたので、やってみました。





私は、先だってより日本共産党を応援することを表明しているので、改めてやっても仕方が無いようなものだが、ちょっと興味本位・ミーハーで「えらぼーと」の方をやってみたところ意外な?結果に。
やって見られればわかるのですが、最初一つ選ぶカテゴリーをどれにするか(私は「憲法」を選択)と、
一番最後に複数選択するカテゴリーが、もしかして決定的なのかも知れません。
私の適合率は上から
社民党  85% (へぇ〜!)
共産党  80% (確かに!)
新党日本 69% (意味不明)
民主党  53% (まぁ、そんなところか)
国民新党 43% (わからん!)
公明党  33% (?何で1/3も一致?) 私的には0%だよ!
自民党  20% (2割も一致するなんてシンジラレナイ!)
でした。

最初一つ選ぶカテゴリーを「環境問題」に変えて又やったところ下記のような結果に

傾向は似ていますが、日本共産党と社民党が僅差で逆転!
あと、最後に複数選択するカテゴリーを変更したところ、これでも少し結果が変わりました(大きくは変わりませんでしたが、日本共産党と社民党は入れ替わりました)

日本共産党か社民党かを選びあぐねている人には有効なツールかも知れません。

しかし、結果が社民党になった場合は、社民党が過去自民党との連立を選び、自民党政権打倒の貴重な機会を反故にして、政策的にも180度転換して国民を裏切った(1994年)ことをお忘れなく。ここをクリック

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************

「えらぼーと」をやってみた記事はここにも
大津留公彦のブログ2
お玉おばさん
田中みゆき
みやっち

関連記事
スポンサーサイト



コメント

民主市民さんへ

公明創価学会、統一協会と連合した結果、限りなくカルト化した現在の安倍自民党。
今回の選挙はカルト集団の暴走を止められるか。止められないかの選択選挙です。
一人区では誰の政策が正しいかではなく、自公を止められるか止められないかで投票すべきでしょう。
一人しか当選しない一人区では、良い政策だからと言って、当選する見込みの無い共産党(社民党)候補に投票すべきではない。

社共の政策の違いについてですが、70年代に不破氏は『国の自衛権』があるとする態度を明確化し『非武装中立』が党是の社会党と差別化を図っていました。
しかし『国家の自衛権』は危険な選択で9条のなし崩しに道を開く危険性を孕んでいた。
現在の社民党も『非武装中立』を言っていませんが残念なことです。
郵政民営化反対で当選した造反議員が直後の国会で賛成投票をした。有権者は白紙委任したわけではない。
責任を取って議員辞職するべきです。

自らの公約を全て破った社会党は、自ら解党すべきである。
其れが1500万人の昔からの支持者への正しい責任の取り方である。
共産党もついでに解散してドイツのように左翼党を結成できれば有権者は大喜びするでしょう。
「えらぼーと」の結果が示している様に、実際問題現在の社共両党には政策上の違いは殆ど無い。

  • 2007/07/16(月) 10:54:47 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメント・TBありがとうございます。

民主市民さま
ご指摘は解らないではないです。
私も、このブログで、『日本共産党が護憲派を自認する諸団体との共同を頭から拒否していた』 ことを批判しました。

そういう当ブログが社民党へのネガティブ・キャンペーンを行なったかのように思われるのでしょうが、社民党の来歴をご存知無い方に「歴史的事実」をお示した訳です。

なお、そういう歴史的経過と、今直面している憲法を守るための共同行動は別問題です。

憲法を守るための共同行動は、「九条の会」にみられるような幅広い行動が必要であって、保守的な方や憲法を活かしたいと願う多くの国民、そして民主党・社民党の護憲を主張する人々との緩やかな共同は必要です。

布引さま
いつも適切なご指摘ありがとうございます。
この調査の分析者が社民党を、福島党首の“無垢な”姿に影響され過ぎていて位置づけている可能性を感じます。

護憲+グループ・ごまめのブログさま
毎日のトラバありがとうございます。
今後ともよろしく御願い致します。

  • 2007/07/14(土) 18:33:26 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

共産党支持者にはガッカリです

結局、左翼勢力は内輪で勢力争いをしていて、過去ばかり取り上げて、お互いに非難し合うのようです。純血主義が一番であれば、政策で政党を選ぶという必要もないのではないでしょうか?
内輪での勢力争いの結果、左翼勢力は勢力を落とすばかりで、ネオコン勢力の思うままに政治が動く結果になってしまったわけです。

共産党を支持する方の視野の狭さにはいつもながらガッカリとしました。

  • 2007/07/14(土) 15:52:08 |
  • URL |
  • 民主市民 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

やってみました。

結果は断トツで社民党でした。
造った人の社民党の評価(判断)が間違っているのではありませんか。?
首相の椅子一つで安保反対が容認へ。
消費税反対が賛成へ。
自衛隊違憲が合憲に。
原発反対が容認に突然変化しても何の説明も、一つの弁明もなしの説明責任なしの無責任政党(社会党)の後継政党其れが今の社民党。
誰にでも譲れない最後の一線があるはずです。今からでも遅くは無い、社民党は説明なり弁明なり謝罪なり何かをして欲しい。(旧社会党に投票した有権者に土下座して謝れとはいいませんが)
死んでいた自民党政権を復活させた罪は10年経とうが20年経とうが消えるものではない。

  • 2007/07/14(土) 15:07:19 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/568-7a8f4b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)