FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

“超監視社会”を実現する『スーパーシティ法』を御存じでしょうか?!

2020年5月27日(水)

 今夜のRKB-【NEWS23】が、『スーパーシティ法』を御存じでしょうか?
と題して結構尺の長い報道を行っていました。

20200527_NEWS23_SuperCity-01.jpg

 例の安倍友・竹中平蔵が推進するアメリカかぶれの『グローバル化』の
総仕上げと称する『売国法案』です。

 これにより、国民の個人情報が住所氏名電話メルアドはもとより
銀行や郵便局に預けている預貯金や生命保険などの金融資産が
全て丸裸にされて必要とする企業が情報を獲得できるという
超膨大なデータベースを私企業の力も借りて(と云うか)私企業に
丸投げで構築しようとしているらしい。

 しかし、個人に10万円やお店に200万円のデジタル申請も混乱を
来たしているような脆弱な『電子頭脳』に、そんな貴重な個人情報を
扱われたら大変なことになる。
 今回の『コロナ給付』でも給付先の個人情報がダダ漏れだったと言うから
とんでもないことになるのは目に見えている。


スーパーシティ法が成立
 まちづくりに先端技術活用

 日本経済新聞 - 2020/5/27 12:22


共産党など反対 スーパーシティ法案可決
 個人情報掌握の危険 参院委

 しんぶん赤旗 - 2020年5月23日(土)


<5月28日追記>

「スーパーシティ」法成立 個人情報、同意なしで提供も 年内にも区域指定
 毎日新聞 - 2020年5月28日 


スーパーシティ法が成立
個人の権利を侵害 大門議員反対討論

 しんぶん赤旗 - 2020年5月28日(木)


   ****************

以下、【NEWS23】画面切り取り

20200527_NEWS23_SuperCity-02.jpg
 大量の個人情報などが人工知能(AI)によって結び付け分析する

20200527_NEWS23_SuperCity-03.jpg
 個人生活が全てにリンクされるイメージ 便利か丸裸か?

20200527_NEWS23_SuperCity-04.jpg
 竹中平蔵の言うがままの安倍晋三が推進していいるらしい。

20200527_NEWS23_SuperCity-05.jpg
 安倍友の高島宗一郎・福岡市長なんかは喜んで手を挙げてるのだろう!

20200527_NEWS23_SuperCity-06.jpg
 日本共産党・清水ただし衆議院議員の追及!

20200527_NEWS23_SuperCity-07.jpg
 官僚の作文を棒読みする北村規制改革担当大臣

20200527_NEWS23_SuperCity-08.jpg
 審議時間は、衆議院で5時間・参議院で6時間の僅かに11時間!

20200527_NEWS23_SuperCity-09.jpg
 住民には知らせないまま個人情報を企業や政府が『活用』する

20200527_NEWS23_SuperCity-10.jpg
 個人のプライバシーが丸裸にされる。
 それこそ自分で把握できていない保険や預貯金の合計額まで!

20200527_NEWS23_SuperCity-11.jpg
 膨大な個人情報を取得するのに一人一人に許可をもらうのか?

20200527_NEWS23_SuperCity-12.jpg
 どのようにして個人情報を取得するか保護するかはまだ勉強できていない!

 何と言う杜撰さ! 安倍晋三がやることなすこと場当たりで不勉強。
 



     ***************

スーパーシティ法が成立
 まちづくりに先端技術活用

 日本経済新聞 - 2020/5/27 12:22

(引用)
人工知能(AI)やビッグデータなど先端技術を活用した都市「スーパーシティ」構想を実現する改正国家戦略特区法が27日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。車の自動運転や遠隔医療などを取り入れたまちづくりを通じ高齢化社会や人手不足の解決につなげる。

スーパーシティ構想は物流、医療、教育などあらゆる分野の先端技術を組み合わせ、その相乗効果で住みやすいまちをめざす。自動運転やキャッシュレス決済、ドローンの自動配送、遠隔診療などのサービス提供を想定する。

改正法で複数の規制改革事項を一括して進めることができる。例えば先端技術を活用した高度な医療機関の設置や通院予約、通院のためのタクシーの配車予約を連動させることなども可能だ。

特区の指定を受けた自治体は国や民間企業と区域会議を設け、必要な規制緩和を含む事業計画書を作成する。住民の同意を得た上で国に申請すると、首相が担当省庁に規制緩和の特例を求める。新たな手続きの導入で迅速な改革を進める。

政府は今夏にもスーパーシティ構想を進めたい自治体などを公募し、早ければ年内に選定する予定だ。すでに大阪府・大阪市は2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場となる区域で空飛ぶ車やドローンなどの活用を検討する。

多様なデータを集めて利用するため、個人情報の扱いなどに懸念の声もある。政府は昨年の通常国会で成立をめざしていたが実質的な審議が行われず廃案となっていた。



共産党など反対 スーパーシティ法案可決
 個人情報掌握の危険 参院委

 しんぶん赤旗 - 2020年5月23日(土)

 人工知能(AI)やビッグデータなど最先端技術を用いた事業を特例的規制緩和で導入するスーパーシティ法案(国家戦略特区法改定案)が22日の参院地方創生・消費者問題特別委員会で、自民、公明、維新などの賛成多数で可決されました。日本共産党と、立憲民主党などの共同会派は反対しました。

 スーパーシティでは、先端サービスの実現を理由に、商品購入履歴や健康などの個人情報が集積され、全人格まで掌握される危険があります。また事業計画立案に伴う住民合意の方法が定められておらず、住民合意のあり方はあいまいです。

 日本共産党の大門実紀史議員は討論で「個人情報をまるごと管理してサービスを提供する社会は、一方で監視社会という側面を持つために日本の未来社会のあり方を問う大きな問題だ」と指摘。「そうした問題意識も分析もなく法案を提案したことに厳しく反省を求める」と述べました。

 そのうえで、最先端技術に対して個人情報を保護する仕組みが確立されていないのに、個人データを管理する都市構想など危険すぎるとして、法案撤回を求めました。

 大門氏は採決に先立つ質疑で、プライバシー保護と両立する技術の活用こそ考えるべきだと指摘。スペイン・バルセロナの街づくりは長い時間をかけて住民と話し合い、最先端技術の活用を交通などに限ったことで反発が起きていないと紹介し、住民合意の確保が担保されていない同法案は「欠陥法案だ」と批判しました。




<5月28日追記>


「スーパーシティ」法成立 個人情報、同意なしで提供も 年内にも区域指定
 毎日新聞 - 2020年5月28日 

(引用)
 人工知能(AI)など先端技術を活用したまちづくりを目指す「スーパーシティ構想」の実現に向けた改正国家戦略特区法は27日の参院本会議で、自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。政府は今夏以降、構想の実現に取り組む自治体を公募し、年内にも区域指定を目指す。しかし、住民合意をどう確保するかなど具体的な制度設計はこれからで、課題は残ったままだ。

 「最先端の技術を活用して、快適な生活を送ることに誰も異論はないだろうが、代わりに自由とプライバシーを差し出すことはできない」。国民民主党の森裕子氏は27日の参院本会議で反対討論に立ち、スーパーシティ構想への懸念を強調した。
(以下略;有料記事)



スーパーシティ法が成立
個人の権利を侵害 大門議員反対討論

 しんぶん赤旗 - 2020年5月28日(木)

 人工知能(AI)やビッグデータなど最先端の技術を用いた事業を官邸主導の規制緩和で導入するスーパーシティ法(国家戦略特区法改定)が27日の参院本会議で、自民、公明、維新の各党の賛成多数で可決・成立しました。日本共産党と、立憲民主党や国民民主党などの共同会派は反対しました。

 共産党の大門実紀史議員は反対討論で、「個人のプライバシーと権利を侵害する重大な危険がある」と指摘。「スーパーシティ構想は、企業など実施主体が住民の個人情報を一元管理する代わりに、医療・交通・金融などのサービスを丸ごと提供するものだ。個人情報や行動軌跡は集積・分析され、個人の特性や人格の推定まで可能となる」と警告しました。

 また、「政府は審議で『個人情報保護法制を守る』と繰り返したが、日本の法制はIT技術の進歩に全く追い付いていない」と批判。「中国では、政府・大企業が膨大なデータを分析し、国民監視や統治に活用してきた。日本政府がお手本とする杭州市は世界一IT化が進んでいるが、裏を返せば監視社会の最先端だ」と強調しました。

 大門氏は「いくつかの国で、新型コロナウイルス感染拡大の防止を理由に政府の監視体制強化と国民の自発的な個人情報提供が進むが、その日常化は危険だ」と指摘。「重要なのは、個人情報を保護しつつ先端技術を住民の福祉向上にどう生かすかの国民的議論だ。目先の利益だけを追う一部企業家などの拙速な要求だけで社会のあり方を変えようとする本法案は言語道断で、撤回するべきだ」と主張しました。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5672-0456c0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)