FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

黒川前検事長は 「組織(安倍晋三政権)に対して多大な貢献をしてきたもの」

2020年5月26日(火)

 賭けマージャンが発覚して辞職した黒田前検事長を
『懲戒処分』にしなかった理由は、やはりこれだった!

 法務大臣がうっかり口を滑らして白状
 「勤務態度は良好で組織(安倍政権)に対して多大な貢献をしてきたもの」

 みんなが思っていた通りだった(笑)
 文章に起こすとインパクトは小さいが、NHKニュースで流れていた声は
 確実に「安倍晋三を護って来た」と云う印象だった!
 また、次の答弁も前半と後半で全く股裂き状態になっている。
 (適宜改行は引用者による)
森大臣は
「黒川氏の訓告対象となった事実の本質は
自粛要請期間中にもかかわらず、
金銭を賭けたマージャンに及んだことに
強い非難が加えられる点にある。(前半)
定年延長の同意書に署名した時期にも
マージャンをしていたとも考えられるが、(中ほど)
それを秘していたことは処分を変える事情とまでは言えない(後半)」
と述べました。

中ほどまでは、当然の指摘だから厳しい処分を下しても良い筈が
後半では『訓告処分』を変えることはない、と言っている。
文章として成り立っていないのではないか?

#安倍晋三に多大な貢献 をしてきた高級(高給)官僚は
違法行為をしても #懲戒処分 されない上に #退職金5900万円!
『下級公務員』の #自衛隊員 は、#賭けマージャン で #停職処分
になっているのに!

与党幹部も党員も公明党も創価学会も
『高級』官僚も『下級』官吏も
そして御用メディアを含むマスメディアも
今こそ安倍晋三を見限るべきだ!

#安倍晋三総理は退陣を #安倍内閣打倒
#安倍総理大臣不信任案 #今こそ #ABEND

何を怖がっている?!
人事権も選挙の公認も予算も
安倍晋三を排除さえすれば
安倍晋三の思う通りにはならないのだ!
野党は与党幹部とも充分相談・根回しをして
安倍総理大臣不信任案を改めて提案するべきだ!

     ***********

黒川前検事長の処分内容決定 衆院法務委で改めて説明 森法相
 NHK NEWS WEB - 2020年5月26日 13時17分

(一部引用)
(前略)
 黒川前検事長を懲戒処分としなかった理由について、森大臣は
「事実を認めて深く反省していること、これまで法務省および検察庁において長年にわたり勤務してきて、勤務態度は良好で組織に対して多大な貢献をしてきたものであって、今回まで懲戒処分を受けたこともなかったことなどの事情を考慮している」
 と述べました。

 一方、野党側は
「黒川氏は賭けマージャンを繰り返していた事実を隠して定年延長に同意して要職に居座り続けた。この点も理由に入れたら処分は全く違う結論になるのではないか」
 と指摘しました。

 森大臣は
「黒川氏の訓告対象となった事実の本質は自粛要請期間中にもかかわらず、金銭を賭けたマージャンに及んだことに強い非難が加えられる点にある。定年延長の同意書に署名した時期にもマージャンをしていたとも考えられるが、それを秘していたことは処分を変える事情とまでは言えない」
と述べました。

 一方、黒川氏への退職金について、森大臣は
「定年退職で支給されるより相当額少なくなる」と述べ、黒川氏が自己都合退職となったため、退職金は定年退職より、およそ800万円少ないおよそ5900万円と試算されることを明らかにしました。
(以下略)



【関連記事】


前検事長の処分は法務省判断 みずからは「報告受け了承」 首相
 NHKニュース - 2020年5月26日 19時16分

 東京高等検察庁の黒川前検事長を訓告の処分としたことをめぐり、安倍総理大臣は参議院厚生労働委員会で、処分は、あくまでも法務省が調査結果に基づき判断したもので、みずからは報告を受け了承したと説明しました。



     ************

黒川前検事長辞職「検事総長からも訓告相当だと連絡」法相
 NHKニュース - 2020年5月26日 19時13分

 東京高等検察庁の黒川前検事長が辞職した問題で、森法務大臣は参議院法務委員会で、黒川前検事長の処分をめぐり、法務省内で協議し訓告が相当だと検事総長に伝え、先方からも相当だという連絡があったと説明しました。



     ************

黒川氏訓告の裏に官邸「助言」
 "貢献"で揺らぎ、かき消された法務省内の懲戒論

 毎日新聞-2020年5月26日 22時06分

 人事院は懲戒処分の指針で、賭博をした職員は「減給」または「戒告」、常習として賭博した場合は「停職」にすると定める。検事長は内閣が任命するため、懲戒処分の権限は内閣にあるが、今回の処分は監督上の措置にとどまる「訓告」で、検事総長による。野党は「まずは内閣が懲戒にしないと判断しなければ、法務省の判断には進めないはずだ」と批判した。
 実態はどうか。取材を総合すると、法務・検察内で処分を決めきれず、途中から官邸も水面下で助言に加わった経過がうかがえる。
 「賭け金は必ずしも高額とまではいえない。訓告が妥当」・・・


     ************

黒川検事長なぜ訓告 賭けマージャン、検察OBら疑問
 日本経済新聞 - 2020/5/22 13:13更新

 賭けマージャン問題で辞職が決まった東京高検の黒川弘務検事長(63)が懲戒処分に当たらない訓告とされたことに、検察OBらの間で「甘いのでは」と疑問の声が広がっている。違法の疑いもある賭博行為が発覚したが、法務省は短期間の調査で訓告にした。検察の信頼を揺るがした今回の問題。専門家は「徹底的な調査が欠かせない」と指摘する。



     ************

支持率は「危険水域」
 首相に不満、与党内で支持離れも

 朝日新聞:石井潤一郎、君島浩 - 2020年5月26日 7時00分

 内閣支持率が急落し、安倍晋三首相が2012年末に政権に返り咲いてから最低を記録した。
 政権幹部らは経済対策などで支持の回復をねらうが、与党内からは首相自身の言動を問題視する声も上がる。
 与党支持層の内閣への支持もはがれつつあり、政権の最終盤に差し掛かる首相の求心力にも影響しそうだ。
(以下略;有料記事)



     ************

黒川氏処分、森法相「他省庁の事例調べず」
 野党「不当に甘い」 衆院法務委

 毎日新聞:小山由宇 -2020年5月26日 20時09分最終更新

 野党は、同じレートで賭けマージャンをした自衛隊員が
2017年に訓告よりも重い「停職」の懲戒処分を受けていると指摘。
 法務省はこれまで「1000点100円」という黒川氏の賭け金が「社会の実情をみると、必ずしも高額とは言えない」と説明している。だが、国民民主党の後藤祐一氏は同じレートでマージャンをした陸上自衛隊員9人が17年3月に停職処分を受けたと指摘。防衛省によると、17~18年に自衛隊員が賭けマージャンで処分されたのは4件あり、計19人が停職5~30日の懲戒処分を受けたという。後藤氏が「参照していないのか」と追及すると、森氏は「限界があり、他省庁の先例を見つけることはできなかった」と釈明した。

 

     ************

安倍内閣、06年に賭けマージャンは賭博と閣議決定
 日刊スポーツ:中嶋文明 - 2020年5月26日19時59分

第1次安倍内閣は、鈴木宗男衆院議員(当時)の外務省職員による賭博に関する質問主意書に、06年12月19日付で「一時の娯楽に供する物を賭けた場合を除き、財物を賭けて麻雀を行い、その得喪を争うときは刑法の賭博罪が成立し得るものと考えられる」と閣議決定している。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5671-0259d622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)