FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

辞任する 言い訳づくりに 賭けマージャン 安倍のおもりを したくないので(笑)

2020年5月20日(水)

 今、政治のスポットライトが当たっている黒川弘務東京高検・検事長が
朝日新聞記者1人・産経新聞記者2人と『賭けマージャン』をしていたことが
週刊文春オンラインでスクープされた。

 #黒川検事長の懲戒免職を求めます
20200514_NikkanGendai_KurokawaHiromu.jpg
    東京高検・黒川弘務 検事長


 自ら辞職を意識して行動したのだろうか?

 このニュースを聞いて『狂歌』をひとつ・・・

【辞任する 言い訳づくりに 賭けマージャン
 安倍のおもりを したくないので】

【懲戒で 退職金も 召し上げろ
 賭けマージャンは 犯罪なりき】 

【免職だ 賭けマージャンを した者は
 人の犯罪 暴く(あばく)立場で】 (惇)


私の facebook 投稿から

  自爆行為と言うか、こういう形で
  辞任する機会に敢えてしたのか?!(笑)

  本当は安倍晋三坊ちゃんを『お守する』のは嫌なのに
  無理やり定年延長させられて、どうやって辞めようか?
  と、思案したあげく検察官として『一発アウト』の
  「賭けマージャン」をして自ら文春にリークした???

  これは、私の想像に過ぎませんが(笑)
  そうじゃないと、この時期に「賭けマージャン」とか
  良識ある人ならしないだろうから・・・

 

 以下の週刊文春の記事要約によると、黒川弘務東京高検・検事長は
以前より記者を誘って度々、記者が手配したハイヤーで記者宅などで
「賭けマージャン」に興じていたとのこと。
 ハイヤーの「便宜供与」と「賭博」で、完全にアウトだ!
  
********

黒川弘務東京高検検事長
 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”
 「接待賭けマージャン」

 #文春オンライン- 週刊文春 2020年5月28日号
  #黒川弘務 #スクープ速報 #週刊文春

 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。

 4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。

マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。

 また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。

 産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。

 マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。

 さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。

「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」

 産経新聞広報部は、「取材に関することにはお答えしません」

 朝日新聞広報部は
「社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。弊社として適切に対応いたします」

 黒川氏は何を聞いても口を開かず
   東京高検は質問状すら受理しなかった。


 5月21日(木)発売の「週刊文春」では、2度のマージャンの詳細、もう一つの「不適切行為」、愛犬家でカジノでのギャンブルも好む黒川氏の素顔、昔から続く接待マージャンの詳細を知る元ハイヤー運転手の証言、安倍晋三首相が“黒川検事総長”にこだわる理由など、グラビアとあわせて9ページにわたって詳報している。



黒川検事長 賭けマージャン報道
 「事実関係承知せず」官房長官

 NHKニュース - 2020年5月20日 18時58分

(以下、NHKニュースの引用)
 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の要請が続く中、東京高等検察庁の黒川検事長が今月、東京都内で新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると報じられたことについて、菅官房長官は記者会見で「事実関係の詳細を承知しておらず、コメントは控えたい」と述べました。
(以上、リード文。以下本文)

 「文春オンライン」は、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が、新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の要請が続く中、今月、東京都内で新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると報じました。

 これについて、菅官房長官は午後の記者会見で、「報道は承知しているが、事実関係については詳細を承知しておらず、コメントは差し控えたい。いずれにせよ、法務省で適切に対応する」と述べました。

 また記者団が、検察庁法改正案の今の国会での成立見送りの判断に影響したのかと質問したのに対し、菅官房長官は、「全く違う」と述べました。

 また、菅官房長官は衆議院内閣委員会で、「報道は承知をしているが、事実関係については詳細を承知していないので、発言を控える」と述べました。

 また、立憲民主党などの会派に所属する柚木道義氏が、黒川検事長について、「間違っても捜査される側にあたるような行為を一切行っていないという認識か」と質問されたのに対し、「指摘の点は、報道を前提にしたものと考えられるが、事実関係について詳細を承知しておらず、コメントすることは差し控えたいと思う」と述べました。

【朝日新聞社 50代男性社員の参加を認める】

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言のさなかの今月、賭けマージャンをしていた疑いがあると報じた「文春オンライン」は、産経新聞の記者2人と朝日新聞の元記者が参加していたと報じています。

NHKの取材に対し、朝日新聞社は50代の東京本社の男性社員が今月1日と13日の夜にマージャンに参加していたことを認め、「勤務時間外の個人的行動ではありますが、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、極めて不適切な行為でおわびします」と回答しました。

また、マージャンで現金を賭けていたかどうかについては「事実関係を調査している」としています。

【産経新聞社】

一方、産経新聞社は「取材に関しては、従来からお答えしていません」としています。

【東京高検「コメントできない」】

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言のさなかの今月、賭けマージャンをしていた疑いがあると「文春オンライン」で報じられたことについて東京高検は「コメントできない」としています。

******** 

【各党コメント】

自民幹部「辞めざるをえない」
 自民党の幹部は「本当であれば、賭けマージャンは、まずい。辞めざるをえないだろう」と述べました。

立民 安住国対委員長「進退に直結する話だ」
 立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「黒川氏は東京高等検察庁の検事長という立場にあり、事実であれば、即刻、進退に直結する話だ。注視していきたい」と述べました。

 また、安住国会対策委員長は「賭けマージャンをやるような人の定年を延長したのであれば、任命者の責任を問わないといけない。検察は、ほかのどの組織よりも清廉さや潔白さがなければ、国民の信頼を得て仕事をすることは無理だ。また国民が自粛生活を行っている中で、賭けマージャンをやっていたとすれば、組織のリーダーとして失格と言わざるをえない。直ちに辞任すべきだ」と述べました。

立民 蓮舫参院幹事長「政府は事実を明らかに」
 立憲民主党の蓮舫参議院幹事長は、記者団に対し、「国民に自粛を要請しているさなかに賭博という違法行為を行っていたとは思えないが、政府は本人にヒアリングをして事実関係を明らかにするべきだ。刑法に違反するような人が、国民の立場に立って巨悪を捕まえられるとはとても思えず、事実なら人事院の指針に沿って処分するべきだ」と述べました。

国民 玉木代表「説明なければ任にあらず」
 国民民主党の玉木代表は、記者会見で「事実であれば、刑法の賭博罪などにあたり、最高責任者である検事総長に就くことは国民が納得しないし、今の検事長ポストにとどまることが適切かどうかも問われる。自身の口で事実関係を明らかにするべきで、説明責任を果たせないならば、『任にあらず』とならざるをえない」と述べました。

公明 石田政調会長「事実なら職務続けられず」
 公明党の石田政務調査会長は、記者会見で「検察は法と証拠に基づいて適正に職務を遂行していると思っているが、報道が事実であれば、賭けマージャンはやってはいけないことで、職務を続けられる話ではないだろう」と述べました。

維新 遠藤国対委員長「事実であれば甚だ遺憾だ」
 日本維新の会の遠藤国会対策委員長は、NHKの取材に対し、「事実であれば、甚だ遺憾だ。本来、きちんと範を示すべき検察官が賭けマージャンをしていたとすると、検事長の職を辞めざるをえない」と述べました。

共産 小池書記局長「即時罷免 政権の責任は重大」
 共産党の小池書記局長は、記者会見で「事実であれば、検事長の座にとどまることは許されず、即時、罷免するべきだ。安倍政権は、閣議決定までして黒川氏の定年を延長しており、単なる任命責任で済ませられる問題ではない。政権の責任は重大で厳しく問われる」と述べました。

社民 福島党首「説明責任を尽くすべき」
 社民党の福島党首は、記者会見で「日本は賭博を禁止しているので、賭けマージャンは刑法違反になる。また緊急事態宣言が出ている中でやっていたということで、もし事実であれば、2つの意味で極めて問題だ。黒川検事長はきちんと説明責任を尽くすべきだ」と述べました。

   (以上、NHKニュース 丸ごと引用終わり)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5665-7711a89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)