FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

畠山鈴香さんを犯人に仕立て上げる “弁護人”

秋田小1児童殺害事件−64
****************************

7月11日付 「さきがけ On The Web」 によると、畠山鈴香被告の弁護側は、本質で争うのではなく、今度は「記憶喪失」ではぐらかそうとしているようだ。

こんな、闘い方では「冤罪で無罪」の判決は到底得られないだろう。
根本的に裁判の闘い方を間違っている。

弁護側の論争点が、こうもコロコロ変わっていては、ほとんど勝ち目は無い。

畠山鈴香さん本人が「なんで、私が犯人なの?」と犯行を否定しているのだから、弁護人は(万が一畠山鈴香さんが犯行を犯した可能性がある、と疑ったとしても)本人の主張を代弁するべきであり、当然『否認』を戦略として闘うべきであるにも関わらず、勝手に犯行を断定したうえでの小手先の戦術をとっている。

最初から頼りない弁護人であったが、どこまでも頼りにならないままだ。

こんなことで、冤罪が横行するようになれば、誰がいつ殺人犯に仕立て上げられるか解ったものではない。

殺人でさえでっち上げだ。
世に頻発する「痴漢」事件の相当な部分が冤罪だと思われる。
これは、周防正行氏の映画「それでも、ぼくはやってない!」で社会に訴えられた。

********************************
以下、7月11日付 「さきがけ On The Web」コピペ

「長女転落直後、記憶失った」
   畠山被告の弁護側主張


 藤里町の連続児童殺人事件で殺人罪などに問われた同町粕毛、無職畠山鈴香被告(34)の弁護側が、秋田地裁での公判前整理手続きで、長女彩香ちゃん=当時(9つ)=殺害について、橋の欄干から落ちた直後、「強いストレスで記憶を失った」と主張していることが10日、分かった。

 弁護側は、畠山被告に人との身体的な接触を嫌う「障害」があり、反射的に手で払ったと説明。川に転落した彩香ちゃんを救助しなかったのは、落ちたことを忘れてしまったためとして、殺人罪ではなく過失致死罪を主張している。

 弁護側はこれまで、精神鑑定を秋田地裁に請求。米山豪憲君=当時(7つ)=の殺害を含め、責任能力について争うとしている。

(2007/07/11 08:46 更新)

****************************
秋田小1児童殺害事件−64

【連載第1回目から読む】    
第63回へ    第65回へ

*******************************************
今日も御覧頂きありがとうございます。
このブログを応援して頂ける方ははクリックを!

*******************************************
関連記事
スポンサーサイト



コメント

返信です

JUNSKYさん
 コメントありがとうございます。勝手にTBしてご迷惑かけます。

 私は77歳の高齢で、戦争孤児で無学ですから英語は全く分からないので玄人さんにサポートに入ってもらい助けられてPCをしています。
 PC歴は十数年になりますが、前述の通り横文字が駄目なので子供と同じく感覚的にやっています。

 私はMacしか扱えません。私が仕事を引退した時に最高級機を子供たちが買ってくれソフトも色々な物を揃えてくれました。

 その中にCaptyTVの一式が入っていてアナログ映像を番組ごとダビングしてその後、静止画として取り込みますが、そのままでは使えませんので、Adobe Photoshop CS で画像調整や編集をして画像形式を変えたり、映像をWeb用に変換します。

 その他、表や文字など読みにくいのは他のソフトも利用して自作いたします。

 うまい具合に伝えられなかったかもしれませんが以上です。

 貴兄はPCを自由に使いこなしておられるので野暮なことと思いますが、動画はかなり重いので、メモリーもHDも大容量が必要のようです。
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kame.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyob_hat.gif">

  • 2007/07/14(土) 17:53:53 |
  • URL |
  • 憂楽嘲(ごまめの翁) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

布引洋さま

コメントありがとうございます。
本当に長いですね。
公判前整理手続きは裁判を迅速に進めるためのものではなかったのでしょうか?
その「手続き」が検察と弁護側が一緒になって、被疑者を犯人に仕立て上げるための場と化している。
これだは「裁判員制度」ができても検察のやりたい放題になりかねない。

  • 2007/07/12(木) 18:49:55 |
  • URL |
  • Unknown #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

自白があれば有罪?

『公開の裁判』を開かず、いまだに『密室の公判前整理手続や』っているのですね~え。
長いですねーえ。早く迅速にすすめる為のものが、其の為にトンでもなく長くかかる。       結果(有罪)が決まっている三文芝居を見せられ、不愉快極まりない。

愛知豊川の事件二審判決では、被告が真犯人でない証明(無罪)に疑いがあるとして懲役17年。
法に従がうなら『無罪の疑いが全く無い』場合だけ有罪となる。
『有罪の疑いが有る』被告が有罪とされる様では法治国家とはいえない。
主権者たる国民(被告)の基本的人権を剥奪(拘留)するために検察警察司法当局は、合理的疑いが全く無いことを証明する必要がある。(被告が自分の無罪を証明する必要は無い)

法治国家の裁判とは、被告個人を正義の名の下に裁くものではない。
近代国家の裁判とは、国家権力(検察警察)が正当に行使されていることを証明するためのもの、検察を裁くものです。

憲法38条で自白のみでは無罪37条で弁護士をつける権利36条で拷問禁止が書かれている。
これらが刑法や刑事訴訟法ではなく『憲法』に規定されている事実にもっと注目して欲しい。
そういえば今年5月日本が国連拷問禁止委員会からダイヨウカンゴクなど『拷問の禁止』で勧告をうけていました。

  • 2007/07/12(木) 14:02:36 |
  • URL |
  • 布引洋 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

だいさま
コメントありがとうございます。
この記事をもう一度読んでいただきたいのですが、私は弁護人が、「殺人犯に仕立て上げる」とは書いておりません。
「犯人に」と書いているのです。
>弁護側は殺人罪ではなく過失致死罪を主張している
ということは、犯行を認めた上での主張ですので、「犯人に仕立て上げる」という表現は、あなたにしてみれば「多少誇張がある」かも知れませんが、読み間違えている訳ではありません。
今後ともよろしく御願い致します。

  • 2007/07/12(木) 09:21:32 |
  • URL |
  • JUNSKY(開設者) #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

質問です

あなたは記事を読み間違えてませんか?

あなたが引用した記事には、弁護側は殺人罪ではなく過失致死罪を主張していると書いてありますよ。

すなわち、弁護士は被告が殺人罪をしたとは認めてないんですよ。

つまり、あなたがいう本質を争ってるわけです。

記憶喪失という主張は、親が子を誤って川に転落させた場合に放置していると不作為による殺人罪が成立してしまうので、それを否定して過失致死罪を主張するためだと思います。

  • 2007/07/11(水) 22:06:25 |
  • URL |
  • だい #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/565-c671e64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)