FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

安倍総理 基本の基本 おさえずに アタフタとする 無知無能さよ

2020年5月1日(金)

質問通告に書かれいていない質問には答えようが無い。
その質問とは基本中の基本。 #新型コロナウイルス感染者数

【安倍総理 基本の基本 おさえずに アタフタとする 無知無能さよ!】


新型コロナ感染者数が答えられない 安倍首相答弁に不安の声
 女性自身 -  記事投稿日:2020/04/30 11:00


補正予算案の施策の大前提である数字さえ把握していない。
少なくとも前日の感染者数は総数も都道府県別も
日経新聞を始め各紙に出ている。

 その要点を上記の『女性自身』の記事から

20200429_MoriYuko.jpg

(部分引用:順不同)
国民民主党の森ゆうこ議員
【「感染状況が(緊急事態宣言の解除や延長を判断する)ひとつの要素だって、さっき言っていましたけど、いったいどれくらいなんですか? いったいどれくらいの国民が感染しているんですか? このコロナウイルスに。いま現在」】

森議員の質問が終わってからおよそ1分10秒が経って・・・

安倍晋三
【「いまの、その、現時点で、いまの感染者数というご質問はいただいてなくてですね。いま、あの、これにあるのは『緊急事態宣言を解除、延長する基準、判断時期を明確にされたい』、というのが、私への答弁、質問でございまして、いましておられることについては、質問の通告はされていないということは、まず申し上げておきたいと思います」

「それはそうですよ。だって…こ、これに書いて、これに、これに、これ(質問通告)に書いてないじゃないですか。その上でですね……」】

ちなみに安倍首相は新型コロナウイルス感染症対策本部の本部長でもある。

森ゆうこ議員
【全部書かないと答えられないの? それももう許されないよ。何を言ってるんですか】

芥川賞作家の平野啓一郎氏(44)はやり取りをまとめた動画とともに、ツイートした。
《「こ、これに、これに、これに書いてないじゃないですか。」彼が首相で、この危機を乗り越えられるとはとても思えない。》



202005020022037f8.jpg
日本経済新聞 ー 2020年4月30日 22:00現在

   ***************

*もう一句

【安倍総理 制御不能の 奥さんが 外出したら 残り2割と!】

安倍昭恵が外出したら「安倍昭恵の外出は2割に相当するので問題無い」
と御飯論法で弁解するつもりだろう。
わざわざ答弁に「8割減らす」と数字を入れているのが怪しい!

昭恵夫人に「ステイホーム」国会で安倍首相“約束”
 日刊スポーツ- 2020年4月28日19時48分

記事から。
安倍晋三

「当然、私も私の妻も含めて、人との接触を8割減らすことに全力を尽くさなければならない」と、連休中のステイホームを夫人に促すような決意表明。「国民の皆様にも特にお願いしたい」と、加えた。






     ***********

新型コロナ感染者数が答えられない 安倍首相答弁に不安の声
 女性自身 -  記事投稿日:2020/04/30 11:00

(引用)
「感染状況が(緊急事態宣言の解除や延長を判断する)ひとつの要素だって、さっき言っていましたけど、いったいどれくらいなんですか? いったいどれくらいの国民が感染しているんですか? このコロナウイルスに。いま現在」

4月29日の参議院予算委員会で、国民民主党の森ゆうこ議員(64)からこんな質問を受けた安倍晋三首相(65)。新型コロナウイルス対策費を盛り込んだ補正予算案を審議している予算委員会の場。当然、安倍首相は即答するかと思いきや、なんと1分以上にわたって、答えに窮してしまったのだ。

森議員が質問すると、手元の書類に目を落とした安倍首相。しばらく書類を凝視したのち、あたりをキョロキョロ見まわして、後ろに座っている加藤勝信厚生労働大臣(64)の方に指を向けるが、森議員に「総理に」と言われてしまう。そばに近寄ってきた官僚に書類を渡され、何やら説明を受けて、安倍首相はようやく答弁に立つ。森議員の質問が終わってからおよそ1分10秒が経っていたが、第一声は森議員への文句だった。

「いまの、その、現時点で、いまの感染者数というご質問はいただいてなくてですね。いま、あの、これにあるのは『緊急事態宣言を解除、延長する基準、判断時期を明確にされたい』、というのが、私への答弁、質問でございまして、いましておられることについては、質問の通告はされていないということは、まず申し上げておきたいと思います」

議場がざわつくと、さも心外といった口調でこう続けた。

「それはそうですよ。だって…こ、これに書いて、これに、これに、これに書いてないじゃないですか。その上でですね……」

安倍首相がいう「これ」とは、おそらく森議員の「質問通告」が書かれた書類のことを指している。「質問通告」とは、正確な答弁ができるように、質問する側が事前に質問の要旨を政府に通告すること。あくまでも慣習なので、通告にない質問をしてはいけないという決まりもないのだが、安倍政権では「事前通告がない」ことを理由に、閣僚が答弁を拒否する例が常態化している。

だが、ここは新型コロナウイルス対策費などを審議している場。当然、ウイルスの感染者数は審議の前提になるし、直前の答弁で安倍首相は「感染者の拡大状況」が緊急事態宣言の判断基準になると答えている以上、おおよそでも現状の数字は把握してそうなものだが……。ちなみに安倍首相は新型コロナウイルス感染症対策本部の本部長でもある。

「全部書かないと答えられないの? それももう許されないよ。何を言ってるんですか」

そう森議員が声を荒げると、安倍首相は書類に目を落として、ようやく政府が取りまとめているPCR検査の陽性者数を読み上げたのだった。もともと森議員は“検査不足のために政府が把握する感染者数は正確ではないのではないか“ということを指摘するためにこの質問をしたようなのだが、その前段階、把握している感染者数を答えるというところで、安倍首相がつまずいてしまうという予想外の結果に……。一連のやり取りが、ツイッター上などで広まると、こんな声が挙がった。

《感染者数聞かれた時の答弁、知らない事聞かれたから逆ギレ。情けない…》
《感染症対策をしなければならない責任者が感染者数すら把握していない。通告がなくても答えなければならない数字だ。他人から言われなくても毎日把握しておくべき数字だ》
《安倍ちゃん最高責任者なのに現在の感染者数すら知らんのか…挙げ句の果てに「質問通告書に書いてないんだから答えられないのは当然」みたいなこと言ってる》

さらに、芥川賞作家の平野啓一郎氏(44)はやり取りをまとめた動画とともに、ツイートした。

《「こ、これに、これに、これに書いてないじゃないですか。」彼が首相で、この危機を乗り越えられるとはとても思えない。》



昭恵夫人に「ステイホーム」国会で安倍首相“約束”
 日刊スポーツ- 2020年4月28日19時48分

(引用)
安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、29日から本格スタートする大型連休期間中、昭恵夫人の外出自粛に全力を尽くす考えを示した。夫人は新型コロナウイルス感染拡大が始まっていた先月、自由気ままな外出が報道されたが、この連休は、緊急事態宣言発令下の「ステイホーム週間」だ。野党議員から、夫人に外出を自重してもらうよう異例の要請を受けた首相は、妻を含めて「人との接触8割減」への協力を、あらためて呼びかけた。
◇   ◇   ◇
「総理はこの話をされるのがいちばん嫌だと思うが、総理が(外出した夫人を通じて新型ウイルスに)感染するようなことになれば、いちばん困る」。今年、国会で何度も昭恵夫人の「外出問題」について釈明を続けてきた首相。ついに夫人に対する「公開外出自粛要請」を受けるに至った。

昭恵夫人をめぐっては、新型コロナウイルス特措法施行翌日の先月15日、大分県の神社を参拝していたことが週刊誌報道で発覚。首相は、事前に把握していたとした上で「『3密(密閉、密集、密接)』にならないよう気をつけてと伝えた」と説明。しかし別の週刊誌も、夫人がアイドルらと写った「花見写真」を報じ、首相は「レストランで会合した際の記念撮影」と、苦しい釈明に追われた。
国のトップが国民に外出自粛をお願いする一方、ファーストレディーは外出を重ねる皮肉。首相は、国民民主党の渡辺周議員に「夫人に関する答弁は、大変苦しい。『3密』ではないから問題ないではなく、夫人がそういう行動を取れば総理の説得力に、はてなマークがつく」と指摘された。「連休中は不要不急の外出を避けてほしいと総理が国民に訴える中、最も理解者であるご夫人があちこち行かれると説得力を持たなくなる。国民に呼びかける以上は(夫人を外出させないと)約束いただきたい」とまで、突っ込まれた。
これを受けて答弁に立った首相は「当然、私も私の妻も含めて、人との接触を8割減らすことに全力を尽くさなければならない」と、連休中のステイホームを夫人に促すような決意表明。「国民の皆様にも特にお願いしたい」と、加えた。
首相が設定した緊急事態宣言は5月6日までだが、感染拡大する都市部などでは延長が避けられないとみられる。緊張感も長期化の様相の中、夫人の行動は首相のアキレスけんとなり続けそうだ。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5645-149ca3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)