FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

『傲慢不遜なパチンコ店』の名称を公表 小川福岡県知事

2020年4月30日(木)

 小川福岡県知事がこれまでの度たびに亘る「休業要請」や
立ち入り指導にも拘わらず営業を続けている『傲慢不遜なパチンコ店』
6店舗の名称と所在地を公表した。
(所在地まで公表する必要性はあるのか?・・・)

FKK-OgawaChiji.jpg
         小川 洋 福岡県知事


 公表することで、パチンコ中毒者が一斉にその店に殺到する
と云う『逆効果』は、実施前から判っているが、それもいとわず公表!
謂わば『見せしめ』なのだが、営業を続ける店舗にとっては宣伝に!

 通称『コロナ特措法』の規定内では最大級の措置ではあるが
実効性が乏しいことは、法律上の欠陥である。

 しかし、この段に至っても、あろうことか『休業要請は憲法違反』を
主張して営業を続けているパチンコ屋があることは許せない。

 極論すれば『殺人未遂』ないし『未必の故意による殺人』とも言える。

 当該のパチンコ屋で #新型コロナウイルス感染 陽性者が
出ていないとしても、パチンコ屋から出た事例は既にあったとのこと。

 一方で、演劇界では、まだ一人も陽性者が出ていないが
全ての公演を休演している。

 ただ、パチンコ業界でも福岡県内365店舗の内、殆どが休業していて、
今回店舗名を公表された『傲慢不遜』な輩は極一部の6店舗と云うから、 
業界全体を一律に批判する訳にはゆかないとも思う。

 しかし、マスメディアの報道は多分にパチンコ業界に同情的で
甘いものと思わざるを得ない。
 パチンコ業界の弁解を批判的な立場ではなく垂れ流している。
 他でも書いたが、『経営危機や雇用や損失』はパチンコ業界だけの
特殊事情ではなく、今回の営業自粛に応じている全業界の
共通事情なのであり、パチンコ業界だけ特別扱いは許されない!

 なので以下の記事は見出しのみとし本文は掲載しないし、
公表されたパチンコ店舗名も書かない。

 最後に【休業と補償は一体で】
と云う原則を確立するべきであると主張したい!

福岡県が休業拒否のパチンコ店名公表
 西日本新聞:豊福幸子、山口新太郎、野間あり葉、古瀬哲裕
  - 2020年4月30日(木) 1:04 更新


「つるし上げだ」休業に応じぬパチンコ店 経営者の言い分は…
 西日本新聞:宮崎拓朗 - 2020年4月29日(水) 6:00


休業拒否のパチンコ店公表へ
 福岡県知事「県民は行かないで」

 西日本新聞:豊福幸子 - 2020年4月28日(火) 6:00


休業要請後も営業、パチンコ店など36軒に
 再要請 福岡県知事「遺憾」

 西日本新聞 - 2020年4月23日(木) 12:01 更新



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:COVID-19 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5644-016723a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)