FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

検事長定年延長問題!安倍政権が国家公務員法の『解釈変更』

2020年2月14日(金)

検事長定年延長問題!国家公務員法の解釈を
安倍政権が超法規的措置で『解釈変更』

2015年の憲法解釈変更による「集団的自衛権」(海外派兵)
容認以来続く『閣議決定』による「解釈変更」

黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年を半年ほど延長し
安倍政権を守る最高検察庁長官にするための裏技!

Kenji-Kurokawa.jpg

検事長定年決めるのは国家公務員法か検察庁法か
 首相「法解釈の変更」に非難の嵐

 毎日新聞 − 2020年2月14日 21時27分

 黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年を延長した閣議決定は「法解釈を変更した結果」なのか。安倍晋三首相による13日の衆院本会議での答弁に、野党や法曹経験者らの反発が14日に相次いだ。過去の国会審議で示された政府見解が、時の内閣の解釈で変更されることに「法治国家が崩された異常事態」(共産党の田村智子政策委員長)などの声が出ている。何が問題なのか、政府の解釈の変遷を追った。
【大場伸也、野原大輔】 (以下略;会員限定有料記事)



検事長の定年延長問題 首相が法を“私物化”
 田村智子・政策委員長:記者会見

 日本共産党 JCP Movie 2020年2月14日



     *****************

望月衣塑子さん、半田滋さん、永田浩三さんを迎え 
  ノンフィクション作家:山岡淳一郎さんの司会進行で討論


ついに死者!新型肺炎対策迷走 傲慢な官邸が日本を腐らせる
Democracy Times ウイェークエンドニュース - 20200214


支持率受けを狙う非科学的な「水際」作戦。
クルーズ船に閉じ込めて感染を促進し、どこにも解決を見いだせない。
世界があきれる新型肺炎対策の迷走。
それもこれも、傲慢な官邸が日本を腐らせる一例。
検察人事への介入、
不倫疑惑も厚顔答弁、
安倍の居直り答弁、
いいたいことは山ほど。
出演は 半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員) 
    望月衣塑子さん(東京新聞記者) 
    永田浩三さん (武蔵大学教授・元NHKプロデューサー)
司会:山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
収録は、2020年2月14日






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5567-5dda3b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新型コロナウイルス感染とHPVワクチン被害者

新型肺炎は、HPVワクチン接種で肺にリスクを抱えやすい。

  • 2020/02/18(火)14:43:52 |
  • HPVワクチン被害者のブログ