FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

#京都市長選挙 #投票動向

2020年2月6日(木)

#京都市長選挙 #投票動向
#立憲民主党 と #国民民主党
では似た傾向のようで対照的!
(グラフ作成は、京都新聞とKBS京都)

京都市長選挙で立憲民主党と国民民主党の京都府連が
公明党本部+自民党京都府連が推薦した現職の門川大作
に相乗りしたことで、今後の野党共闘を憂うる声が
広がっているようである。

党本部では政権交代で安倍政権打倒を目指す
と云う点で協調しているのに
両党の京都府連は、自民党・公明党と結託して
現職候補を推薦し『共産党NO』の広告にも協賛した。

このため、両党の支持層とされる人々(京都新聞調査)は
何処に投票すれば良いのか戸惑ったに違いない。

#れいわ新選組 と #日本共産党 が推薦している #福山和人 候補か
#立憲民主党 と #国民民主党 が推薦している #門川大作 候補か?
どちらの候補に投票するべきなんだろうか?!(迷い)
そして、両党の支持層のそれぞれ約1/3が第3の候補・
#村山祥栄 候補に投票することにした。

20200204_Kyoto-C_CDP-01.jpg
20200204_Kyoto-C_NDP-01.jpg

そして、残り1/3の立憲民主党支持層は #福山和人 候補に
国民民主党支持層は #門川大作 候補に、
さらに残り1/4の立憲民主党支持層は #門川大作 候補に
国民民主党支持層は #福山和人 候補に投票したようである。

逆に言うと、両党の緩い支持層が両党への期待も関心も薄れ
逃げて行ったと言えるかも知れない。


これは、今後の野党共闘の力を大幅に弱めることに成り兼ねない。
れいわ新選組の支持層も日本共産党の支持層もガッカリして
憂えているものと推察します!

その#れいわ新選組 と #日本共産党では、殆ど同じ傾向!

20200204_Kyoto-C_RSP-01.jpg
20200204_Kyoto-C_JCP-01.jpg

まさに、この両党が野党共闘の中核になるしかないと思う!
(グラフ作成は、京都新聞とKBS京都)

但し、これらの円グラフは傾向を示すだけであって、得票数とは別物です。

京都市長選挙の出口調査での調査実数は立憲民主党・ 国民民主党
・れいわ新選組・日本共産党で相当差があるからです。

出口調査結果での支持比率と実数を多い順に並べると
日本共産党:11.7,立憲民主党:7.5, 国民民主党4.2,れいわ新選組2.3 (%)
日本共産党:185,立憲民主党:119, 国民民主党66,れいわ新選組36 (人)
となります。

れいわ新選組 + 日本共産党:218人 14.0%
> 立憲民主党 + 国民民主党:185人 11.7%

実は、京都でも立憲野党支持層の投票動向を合わせても
自民党支持層の投票動向には及んでいない。

厳しい状況である。

20200202_Kyoto-C-201_Mainichi.jpg

【調査方法】
 毎日新聞が市内の投票所30地点で実施(1583人が回答)した出口調査の結果と合わせ、有権者の投票行動や各候補の得票状況などを分析した。
調査は京都新聞、共同通信、KBS京都と協力して実施した。
毎日新聞2020年2月4日 地方版







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5559-fb9d1d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)