FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

高知県知事選挙が国会周辺で大きな話題に!

2019年11月8日(金)

高知県知事選挙で『保守勢力』とされている
中村嘉四郎議員が松本けんじ野党統一候補を応援!

立憲野党各党が支援し、立憲民主党・国民民主党の共同会派の
無所属・広田一氏(右端)が選挙対策本部長に就いていることでも
本気度が判る!

Kochi-Chijisen_20191104.jpg

11月10日の日曜日には野党共同街頭宣伝を行うとのこと。

Kochi-Chijisen_20191110.jpg


これらの動きが、与野党双方から大きな話題になっている様子。

政権与党側は危機感を、野党側は勇気百倍?

これについて、日刊ゲンダイ11月8日号が大きな記事を掲載!

日刊スポーツ【政界地獄耳】11月6日付では保守派の中村嘉四郎氏の
こういう一節を引用しました。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。
岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。
高知では共産党の人を担ぐ。
共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」
とオール野党の意義を説いた。



*******


高知知事選 野党統一共産候補“金星”なら安倍政権大ピンチ
日刊ゲンダイ:2019/11/08 15:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/264426/2

20191108_Nikkan-Gendai_Kochi.jpg

一部引用
(前略)
 高知は歴史的に共産が強い。初の小選挙区制(1996年衆院選)で共産が獲得した2議席は京都と高知だった。


 夏の参院選も、松本氏は徳島では自公候補に3万超の差をつけられたが、高知は1万9000票差だ。届かない差ではない。

「3期務めた尾崎知事は人気がありました。TPPや消費増税に反対していたのですが、国政進出のため自民党にすり寄り立場を豹変させた。これまで支持していた県民はカンカンです。一方、野党は、参院選より保守票の掘り起こしが期待できそうです。中村喜四郎衆院議員の演説が効いています」(現地で取材するジャーナリストの横田一氏)

■中村喜四郎氏が保守票掘り起こし

 中村氏は「将来の首相候補」と目された自民党のホープだったが、ゼネコン汚職で逮捕され塀の中に。逮捕直前に自民党を離党し、以後無所属のまま14回当選を重ねてきた。2日の松本氏の総決起集会に中村氏が駆け付けた。「保守政治家の私がなぜここに来たのか」と切り出すとこう言った。

「『共産党だからダメだ』とか『応援できない』とそう考えていたから、自民党の強い時代が今まで続いてしまったわけです。どうか知事選で奇跡を起こしてください」
(以下略)



さらに、これに先立つ二日前、日刊スポーツ【政界地獄耳】でも取り上げられました!

***********

自民劣化への強い警鐘 中村節/政界地獄耳
日刊スポーツ - 2019年11月6日9時21分
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201911060000135.html

★共産党は第8回中央委員会総会(8中総)で、来年1月の党大会で決定する綱領の一部を16年ぶりに改定提案した。同党が創立100周年となる22年までに目指す「野党連合政権」構想に向けた他野党への“歩み寄り”とみられるが、そんな細工以上に効果的だった演説がある。今月2日、高知県知事選、野党統一候補の応援に駆け付けた元建設大臣・中村喜四郎だ。

★「オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。岩手では自由党の人、埼玉では国民民主党の人を担いだ。高知では共産党の人を担ぐ。共産党だからだめだとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまった」とオール野党の意義を説いた。

★続いて「自民党がなぜだめになったのか。私の知っている自民党は、反対意見はよく聞いた。人の痛みがよくわかった。気配りもする。野党の意見もちゃんと聞く。野党の名前を忘れたなどと冗談でも言う指導者はいなかった。田中さんの後に三木さんが出る、三木さんの後に福田さんが出る。リベラルと保守政治家がけん制しあいながら政権交代を自民党内でやっても、国民が安心して任せられるという時代が昔の自民党だった。しかし今はどうなったか。人の話を聞かない。物言えば唇寒し、安倍一強体制、長いものにまかれろ。こういう中で政治が動いていることのおかしさにみんな気が付かなければならない時代になってきた」。

★「我々は党派を超えて日本を守るため、日本再建のためにみんなで力を合わせなければならない。共産党も自民党もすべて党派を超えて、良識ある人が立ち上がる時期が来た」。中村の演説は中村でしか語れない自民党の劣化への強い警鐘だ。本当の保守政治、穏健な保守政治が消えた自民党に未来がないことを示している。共産党は強い味方を得たものだ。
(K)※敬称略



高知県知事選、保守派も松本氏支持
 日本共産党・映像配信サービス - 2019/11/06
 穀田国対委員長会見
 野国連、英語民間試験導入を野党一致で中止要求



高知知事選告示 野党・衆院選にらみ共闘
 日本経済新聞 - 2019/11/7 17:27

7日告示された高知県知事選(24日投開票)は次の衆院選をにらむ与野党で全面対決の構図になった。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党は共産系の候補を統一候補に掲げ、共闘に弾みをつけたい考えだ。自民、公明両党は現職の後継となる総務省出身の新人を推薦した。自民党は野党統一候補と対決した埼玉、岩手の県知事選に敗れており、連敗の阻止を図る。

知事選は3期12年務めた尾崎正直知事の任期満了に伴うものだ。共産党高知県常任委員の松本顕治氏と、元総務省の浜田省司氏の無所属新人2氏が立候補を届け出た。

松本氏は7月の参院選でも、合区の徳島・高知選挙区で野党統一候補として戦った。立民の枝野幸男代表、国民民主の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長らは6日、都内で会談し、同知事選も協力していくことを確認した。

支援態勢には温度差がある。共産、社民両党は党本部が推薦し、立民、国民民主は県連による推薦にとどめた。結束のため国会で共同会派にいる無所属の広田一氏が選挙対策本部長に就いた。

浜田氏は現職の後継として継続性を強みに訴える。自民党は党本部レベルで応援に力を入れる。告示日の7日に高知市内に入った下村博文選挙対策委員長は記者団に「共産党主導の知事が誕生すれば次の衆院選にも大きく影響する」と訴えた。

党内では、衆院高知2区での公認争いの影響を不安視する見方がある。尾崎知事は党公認で同区で出馬をめざすが、17年衆院選で比例復活した同党の山本有二元農相の地盤でもある。高知県連は尾崎氏の擁立方針を決めているが、混乱を懸念する声が残る。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5466-84c87678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)