FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

沖縄の誇り・琉球王国の世界遺産【首里城】が炎上・焼失!

2019年10月31日(木)

 今年は災害続きの年でしたが、ダメ押しのように辺野古基地問題など
多くの困難を抱えている沖縄県を火災・災害が襲いました!

 ことしも残すところあと二ヶ月に迫った今朝の未明2時過ぎに
琉球王国の城郭であり沖縄県民の心のよりどころでもあった首里城の
一画から煙が上がり、見るみる内に燃え広がり午前6時頃までには
正殿・北殿・南殿など主要な建造物が焼け落ちたとのこと。

20191031_OkinawaTimes-001.jpg
      (沖縄タイムス配信画像)

 首里城の建造物の内部にはスプリンクラーが設置されていなかったと言う。
内部からの火災発生は想定していず、外部からの延焼を防ぐための
水幕を張るドレンチャーや放水銃を設置していたとのこと。
それらが、予定通り作動したかどうかは不明。

 そして、鎮火までに12時間近くも掛かり、先ほど鎮火のニュースが
放送されたばかりである(現在:23:45)。

 首里城は、4回にわたり焼失と再建を繰り返して来たという。

 今朝の火災を別にして最後に焼失したのは、第二次世界大戦で
地上戦が行われた沖縄戦で全ての歴史的建造物がが破壊された。

 それを再建することにしたのは、沖縄復帰20周年の1992念を目指して
1989年(平成元年)に着工され、1992年に正殿がお披露目。

20191031_OkinawaTimes-002.jpg
      (沖縄タイムス配信画像)

 周辺施設などの再建を進め、漸く全て完了したのは今年2019年1月
だったとのこと。(平成31年) 5月からは令和元年になったから、まさに
平成を掛けて再建されたものが平成の終わりとともに焼失した訳だ。

20191031_RyukyuShinpo-01.jpg
      (琉球新報配信画像)


 首里城正殿完成後には明仁天皇・美智子皇后(当時)も訪問され
建造物や再生された文物・調度品を見て回られたとのこと。
 今朝の火災での焼失にもさぞ心を痛められていることだろう。

 そう言えば、今年はパリの【ノートルダム大聖堂】も火災で焼け落ちた。
ちょうど、劇団四季がミュージカル【ノートルダムの鐘】を上演中だった時。

 何か、異変の予兆があちこちで広がっているような不気味さが・・・

 こちらは、夜が明けた首里城の無残な姿(まだ煙があがっている)
20191031_RyukyuShinpo-02.jpg
      (琉球新報配信画像)

【関連記事】


首里城、南殿も全焼 正殿、北殿に続き
 沖縄タイムス - 2019年10月31日 08:28


【火災で全焼】琉球王国のシンボル・首里城とは
 沖縄タイムス - 2019年10月31日 08:38


午前9時現在までの首里城火災の経緯
 琉球新報 - 2019年10月31日 09:43


首里城火災:正殿内に自動消火設備なし 那覇市が会見
「消防設備を確認し、延焼拡大の原因を検証する」

 琉球新報 - 2019年10月31日 10:03


     ******************

琉球新報の動画




沖縄タイムスの動画




琉球朝日放送の動画




沖縄テレビ報道特番の動画




FNN.jpプライムオンラインの動画



ANN朝日放送の動画








     ******************

午前9時現在までの首里城火災の経緯
 琉球新報 - 2019年10月31日 09:43

2:41 119番通報
2:42 第1出動(消防車両8台、人員31人)
2:45 高所カメラで煙を確認
     第2出動(消防車両11台、人員41人)
3:14 第3出動(消防車両15台、人員56人)
     警戒本部設置
3:27 東部消防へ応援出動要請
3:34 浦添消防へ応援出動要請
3:45 豊見城消防、島尻消防、糸満消防へ応援出動要請
3:46 警戒本部設置(管理職員および非番員 非常招集)
5:12 沖縄、中北消防、宜野湾消防へ応援出動要請
5:58 那覇市消防局から出動している消防車両の合計
     (消防車両17台、人員62人)
     近隣消防応援隊(13台、人員38人)
6:00 避難所開設(城南小)
6:20 避難所開設(首里公民館、石嶺公民館)
6:30 合計出動車両30台、人員100人(応援出動含む)
7:45 現場救急指揮所立ち上げ
8:30 県が緊急会議
9:00 市が避難所閉鎖




首里城、南殿も全焼 正殿、北殿に続き
 沖縄タイムス - 2019年10月31日 08:28

 沖縄県警那覇署によると、首里城で発生した火災で31日午前7時半現在、正殿と北殿のほかに南殿も全焼した。火は奉神門や書院・鎖之間にも広がっているという。



【火災で全焼】琉球王国のシンボル・首里城とは
 沖縄タイムス - 2019年10月31日 08:38

 世界遺産の首里城跡に復元された首里城正殿などが火災で焼け落ちました。ここ1年ほどの沖縄タイムスウェブサイトで掲載した首里城関連の記事です。沖縄県民にとって、どのような存在だったのか振り返ります。(デジタル部)

【首里城とは】首里城は1429年に成立した琉球王国の政治、外交、文化の中心で、1879年に最後の国王尚泰が明治政府に明け渡すまで栄えた。築城は14世紀半ばから後半とみられ、丘陵の地形を巧みに利用して造られている。

 戦前は国宝に指定。沖縄戦で焼失した。戦後、県が「守礼門」や「歓会門」を再建。正殿は琉球独特の宮殿建築で1992年、沖縄の日本復帰20周年を記念して国営公園として復元された。

 正殿前の広場は王国の重要な儀式が行われた場所。2000年、首里城跡が世界遺産に登録された。



首里城火災:正殿内に自動消火設備なし 那覇市が会見
「消防設備を確認し、延焼拡大の原因を検証する」

 琉球新報 - 2019年10月31日 10:03

 31日未明に発生した首里城の火災を受け、那覇市は同日午前、会見を開いた。城間幹子市長は「県民にとって象徴的な世界遺産であり、観光業界にとっても財産だ。琉球の歴史を物語るシンボルを失ったという落胆の思い」と述べた。早期の再建を希望した上で「県主導で国にあおぎながら進んでいくのではないか。市も最大限の協力をする」と述べた。市によると、屋内に自動で放水、消火する設備はなかったという。島袋弘樹消防局長は「消防設備が維持されていたのか確認し、どのように延焼拡大したのか検証する」とした。

 一般の市民の負傷者はないが、応援の消防職員1人が脱水症状を起こしたという。市が開設した避難所には一時最大33人が避難したが、午前7時半までに帰宅した。

 市によると、首里城正殿の軒下には「ドレンチャー」という外側からの延焼を防ぐ放水設備が付いているほか、外側から放水する「放水銃」もあった。正常に作動したか今後確認する。
 市によると消防設備の点検は年2回、訓練は年1回以上行われ、訓練には市も立ち会っている。点検については3年に1回、市に報告義務がある。
【琉球新報電子版】



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5456-ce035ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)