FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

【諫早湾干拓訴訟】最高裁判決が出たが良く解らない (-。-;

2019年9月14日(土)

【諫早湾干拓訴訟】で最高裁が福岡高裁に再度審議を求める判決を出したと云う。

WEBニュースを見ても西日本新聞の記事を読んでもイマイチ良く解らない。

最高裁、諫早訴訟の審理差し戻し
西日本新聞(共同) - 2019/9/13 15:02
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/542961/


諫早湾干拓訴訟 最高裁、国勝訴の2審破棄 福岡高裁に審理差し戻し‬
毎日新聞 ー 2019年9月13日 15時03分‬
https://mainichi.jp/articles/20190913/k00/00m/040/149000c‬


弁護士の方も『一応の勝訴』と全面的に喜んでいるようでも無い。

20190915150826d51.jpg
西日本新聞 2019年9月14日紙面から

弁護団長の馬奈木昭雄氏も判決後「農業者と漁業者の共存を」と話している。
弁護団は、元々漁業者の立場で弁護活動をしていたと思うが、農業者と敵対
するのでは無く、真の敵は農業者と漁業者に対立を持ち込んだ国の分断政策
だと見抜いて闘っていたと私は認識していた。

今回の最高裁判決は、「潮切りギロチンを開放せよ」と云うものでは無い。
そう言う意味では結果的に先延ばし的な決定とも受け取れる。
最高裁としての判断を避けた逃げの判決にも思えてくる。

当事者としても手放しで喜べる結果では無いようで外野には解らなくて当然か?!

以下、西日本新聞紙面から切り取り

20190915150816059.jpg
201909151508191a4.jpg
20190915150817a30.jpg

20190915150820b93.jpg
20190915150822c79.jpg
201909151508232e2.jpg

20190915150825d97.jpg


最高裁判決要旨
20190915150828e2b.jpg

9月15日 西日本新聞の社説追記

201909151508175ef.jpg





最高裁、諫早訴訟の審理差し戻し
西日本新聞(共同) - 2019/9/13 15:02
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/542961/

(記事の引用)
国営諫早湾干拓事業を巡る請求異議訴訟の上告審判決を受け、
垂れ幕を掲げる漁業者側の弁護士ら=13日午後、最高裁前

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防の排水門を開けるよう命じた確定判決に従わない国が、開門を強制しないよう求めた請求異議訴訟の上告審判決で最高裁第2小法廷は13日、開門命令を無効とした国勝訴の二審福岡高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。

 排水門に関しては複数の訴訟が起こされ、漁場悪化に悩まされていた漁業者が支持する「開門」と、塩害を懸念する営農者が支持する「開門せず」という相反する司法判断が併存している。審理差し戻しにより、法廷闘争はさらに長期化する。



諫早湾干拓訴訟 最高裁、国勝訴の2審破棄 福岡高裁に審理差し戻し‬
毎日新聞 ー 2019年9月13日 15時03分‬
https://mainichi.jp/articles/20190913/k00/00m/040/149000c‬

(記事の引用)
 長崎県の国営諫早湾干拓事業を巡り、潮受け堤防排水門の開門を命じた確定判決の無効化を国が求めた請求異議訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は13日、無効化を認めて国勝訴とした2審・福岡高裁判決(2018年7月)を破棄し、審理を福岡高裁に差し戻した。

<諫早湾干拓、どうして進めたの?>
<政治の矛盾が宝の海に落とす影>諫早湾はどうなっているの?
<「有明海の漁民に死ねと」…諫早開門敗訴、最高裁決定に落胆>
【まるでギロチン】水しぶきとともに締め切られる潮受け堤防
<諫早開門の上告を棄却>最高裁、開門の可否には言及せず
<判決の意味は>終わりの見えない闘争、最終解決を探り直すきっかけに

 一連の訴訟では、漁業者が求める開門を命じた福岡高裁判決(10年12月)が確定。その後に開門を差し止める司法判断が出て、板挟みになった国は2014年1月、確定判決の無効化を求める請求異議訴訟を起こした。

 1審・佐賀地裁判決(14年12月)は国敗訴としたが、2審判決は国の逆転勝訴を言い渡していた。
【服部陽】

ことば「国営諫早湾干拓事業」
 全長約7キロの潮受け堤防で有明海の諫早湾を閉め切り、大規模な農地を造成した事業。農地(約670ヘクタール)と農業用水を供給する調整池(約2600ヘクタール)を整備し、総事業費は約2530億円。閉め切り後、漁業者は漁業不振を理由として開門を求め、営農者は農地への塩害などを訴えて開門に反対している。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5409-1e58b42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)