FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

「50年に一度の豪雨」に毎年のように襲われる九州各地!

2019年8月29日(木)

確かにこの処毎年「50年に一度の豪雨」と報道されている。

以下は、きょうの西日本新聞の紙面から【社説】


20190829_Nishinippon-01.jpg

大雨への備え 毎年来る「数十年に1度」
 西日本新聞【社説】 - 2019/8/29  10:45


何十万人にも避難指示が出ているが
本当にみんな避難したら収容できる施設が有るのか?

行政側のアリバイ作りにも聞えてくる!!

被災者や犠牲者が出た際に
「だから避難してくださいと言ってたでしょ!」と
責任回避するために?

以下は、きょうの西日本新聞の紙面から【第1面 TOP記事】


20190829_Nishinippon-02.jpg

九州北部記録的大雨 2人死亡88万人避難指示
 3県に特別警報

 西日本新聞 - 2019/8/29 6:00


九州北部、激しい雨
 武雄で女性が心肺停止 1800人避難所に

 西日本新聞 - 2019/8/29 12:12




*******************

大雨への備え 毎年来る「数十年に1度」
 西日本新聞【社説】 - 2019/8/29  10:45

 梅雨の末期を思わせる豪雨である。「すすき梅雨」とも呼ばれる秋雨をもたらす前線が、夏休み最後の週、各地に大きな被害をもたらした。

 気象庁はきのう、福岡、佐賀、長崎各県の広範囲に大雨特別警報を発表した。県境をまたいで九州北部に出されるのは、九州豪雨、西日本豪雨に続き3年連続である。

 特別警報は「数十年に1度」の災害が差し迫ったときに発表される最大級の警報だ。それが「毎年1度」のペースになっている現実に驚くほかはない。

 梅雨明けから1カ月が過ぎ、酷暑への対応も一段落して迎えた秋の長雨の時季である。秋雨前線による大雨被害は過去にも2010年10月の鹿児島県・奄美豪雨など度々起きている。

 気象庁は昨夏、豪雨に関し、必ずしも明らかでなかった地球温暖化との因果関係に初めて言及した。温暖化が止まらない限り、海面からの水蒸気をエネルギー源にした豪雨が頻発し、被害は増え続けることになる。今回も、温暖化の影響で威力を増した豪雨だった可能性がある。

 佐賀県を中心に家屋の床上浸水や道路冠水が続発した。河川が氾濫し、土砂崩れも起きた。交通網は寸断され、多くの学校は臨時休校となった。走行中の車が流されるなどして死者は複数に上った。

 3県で計88万人を超す人に避難指示が出された。これだけの大人数が、どこに、どう逃げるのか。現実離れしていないか。戸惑いの声が上がったはずだ。

 先月初めにも同じ混乱が起きた。鹿児島市が激しい雨の恐れから市内全域の59万人余に避難指示を出したからだ。市内全域とはいっても、真に避難を要するのは、土砂崩れや河川氾濫などの恐れがある地域が中心だ。

 災害の種類にもよるが、避難所に行こうと外出すればむしろ危険なケースは多い。浸水に備え2階以上の部屋にとどまったり、山や斜面とは反対側の部屋に移ったりする選択肢もある。

 自治体が作成したハザード(被害予測)マップで、自宅周辺の危険箇所や災害別の避難場所を知ることができる。日ごろから頭に入れておき、避難指示が出ても慌てず、どう行動すべきか判断したい。「避難」とは自らの命を守ることである。

 気象庁によると、28日未明から明け方にかけて九州北部で積乱雲が次々と発生し、同じ地域に雨が降り続ける線状降水帯が形成された。近年の豪雨と同じ気象パターンである。

 それを踏まえた各自の経験則で、具体的な災害への備えを重ねている人も多かろう。9月は台風も多い。決して気を緩めず警戒を続けたい。




九州北部記録的大雨 2人死亡88万人避難指示
 3県に特別警報

 西日本新聞 - 2019/8/29 6:00

 対馬海峡付近に停滞する秋雨前線の影響で、九州北部地方は28日、観測史上最大を記録する猛烈な雨となり、佐賀県などで冠水被害が相次いだ。気象庁は一時、同県の全20市町、福岡県筑後地方の14市町村、長崎県の7市町に大雨特別警報を発表、3県で最大約37万700世帯、88万2800人に避難指示が出た。福岡県八女市で車から泳いで避難していた浜砂国男さん(84)と、佐賀県武雄市で車ごと流された50代男性が死亡した。特別警報は同日午後に解除されたが、29日も非常に激しい雨と土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 九州北部に、積乱雲が次々と発達して帯状に連なる「線状降水帯」が発生した影響で、佐賀県では28日明け方に1時間100ミリ超の猛烈な雨が降り、広範囲で冠水した。

 午前5時15分ごろには、同県武雄市武雄町武雄の武雄川で「軽乗用車が流されている」と通行人から110番があった。約2時間後、田んぼで水没した車が見つかり、運転席にいた50代男性の死亡が確認された。

 福岡県八女市立花町では午前7時50分ごろ、近くの浜砂さんが運転する車が冠水した道路を走行中に流された。浜砂さんは近くの男性から助け出され、泳いで避難している途中で用水路に流された。約2時間後に近くで心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 佐賀市水ケ江では、70代女性の軽乗用車が水路に転落。女性は水没した車の運転席から救助されたが意識不明の重体という。佐賀県警によると、車で仕事に向かった武雄市武内町の50代女性が行方不明。車は武雄川の下流で水没した状態で見つかった。

 佐賀県大町町では「佐賀鉄工所」が冠水し、タンクから大量の油が流出。近くの住宅地や病院に流れ込んだ。流出した油は最大で8万リットル。近くの六角川や有明海への流出は確認されていないという。

 気象庁によると、降り始めから28日午後10時までの総降水量は、長崎県平戸市527ミリ▽佐賀市458ミリ▽福岡県久留米市399ミリで、いずれも8月の平年降水量の倍以上を記録。佐賀市では同日明け方の1時間雨量が観測史上最大の110ミリに達した。福岡県久留米市の巨瀬川、佐賀県多久市と小城市の牛津川、同県伊万里市の松浦川が一時、氾濫した。佐賀市では土砂崩れで送水管と配水管が破損、約750世帯で断水している。

 28日午後10時現在、佐賀、長崎両県の計約17万3700世帯、計41万2200人、福岡県で久留米市など3市村の約11万7800世帯、26万9400人に避難指示が出ている。3県の避難者は計約3200人。

 前線の停滞は30日にかけて続き、30日午前0時までの24時間降水量は多いところで福岡、佐賀、長崎150ミリ、大分120ミリ、熊本100ミリの見込み。

   ◇    ◇

■病院冠水201人孤立 佐賀・大町

 28日の記録的な大雨で佐賀県大町町の順天堂病院が冠水し、患者や職員ら201人が孤立状態となっている。病院には近くの鉄工所から流出した油を含んだ水も流入、患者らは上階に避難している。全身の筋肉が萎縮していく難病の筋ジストロフィー症などで人工呼吸器を付けた重症患者も多く、別の病院への避難は難しいという。県は自衛隊などと連携し、支援策を検討している。

 県医務課などによると、敷地内には3階建ての病院のほかに、2階建ての老人保健施設がある。入院患者110人、施設利用者は70人。病院職員や介護職員の多くは出勤できておらず、県などは看護師らスタッフの送り込みを検討中。電気やガスに影響はないが、水道が止まっており、予備のタンク(1・5日分)で対応している。

 同病院の看護師は電話取材に「容態が切迫した患者さんはいません。大丈夫です」とだけ話した。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5393-d34ba371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)