FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

埼玉県知事選挙で立憲主義野党候補が競り勝つ!

2019年8月27日(火)

自公与党候補が圧勝すると言われていた埼玉県知事選挙で
立憲主義野党候補が競り勝った!

埼玉県知事選得票状況。
野党が推した大野元裕氏は、923,482票。
与党が推した青島健太氏は、866,021票。
差は57,461票(大野票比で 6.2%)

与党にとっては、参議院選挙埼玉選挙区で日本共産党の
伊藤岳さんが当選したことに続く大きな衝撃!

立憲野党にとっては、10月に行われる参議院埼玉選挙区の補欠選挙や
年内にも可能性がある解散総選挙に向けて大きな激励になった!

 最初は自公候補でスポーツ界では有名な青島健太氏が
トリプルスコアで圧勝と言われていたが・・・
野党共闘が埼玉県民の共感を得た!
もう『ダサイタマ!』とは言わせない!?
投票率は5%ほど上がったのも野党共闘の成果か!
それでも僅かに32・31%(5.7%UP)と3人に1人。
********************

大野氏初当選 埼玉知事選
 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

毎日新聞 - 2019年8月25日 22時24分
https://mainichi.jp/articles/20190825/k00/00m/010/330000c


2019年8月27日(火)
今朝の西日本新聞🗞紙面から


20190827_Nishinippon-01.jpg


2019年8月26日(月)
今朝の西日本新聞🗞紙面から


20190826_Nishinippon-01.jpg

「衆院選に大きな展望」野党歓迎
 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

 毎日新聞 - 2019年8月25日 23時46分
https://mainichi.jp/articles/20190825/k00/00m/010/344000c

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は、10月の参院埼玉選挙区補選や次期衆院選での野党の連携強化に向け、弾みが付くと期待する。

 国民の玉木雄一郎代表は25日夜、「次期衆院選に臨む我々にとっても大きな展望を切り開くものとなった。より一層の野党連携を進める」などとする談話を発表した。

 立憲の長妻昭選対委員長は、毎日新聞の取材に「各党がばらばらに候補者を立てず、連携できた」と勝因を分析。
  (以下略;有料記事)



NHK-埼玉 NEWS WEB
埼玉知事選 NHK出口調査では

 NHK-2019年8月25日 21時33分


20190826_NHK-01.jpg

埼玉県知事選
大野元裕氏が初当選 野党4党が支援

NHK-2019年8月26日 0時36分

埼玉県知事選挙の開票結果です。

▽大野元裕、無所属・新、当選。92万3482票。
▽青島健太、無所属・新。86万6021票。





**************

大野氏初当選 埼玉知事選
 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

毎日新聞 - 2019年8月25日 22時24分
https://mainichi.jp/articles/20190825/k00/00m/010/330000c

 任期満了に伴う埼玉県知事選は25日投開票され、立憲民主、国民民主、共産、社民各党の県組織などが支援する元参院議員、大野元裕氏(55)が、自民、公明が推薦するスポーツライター、青島健太氏(61)ら4人を破り初当選した。投票率は32・31%(前回26・63%)。事実上の与野党一騎打ちを制し、今後の野党共闘に弾みが付きそうだ。

7月の参院選後初の知事選はいずれも新人の大野氏、青島氏による接戦となり、各党幹部らが応援に入った。大野氏は4期16年で退任する上田清司知事の支援を受け、県政の継承を掲げながら政党色を薄めた選挙戦を展開。県内医師数の増加や埼玉高速鉄道の延伸なども訴え、支持を広げた。

 上田知事と対立する自民は、16年ぶりの県政与党の奪還を目指して青島氏を擁立。元プロ野球選手の知名度を生かし、県政刷新を訴えたが及ばなかった。
【上野宏人】



「衆院選に大きな展望」野党歓迎
 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

 毎日新聞 - 2019年8月25日 23時46分
https://mainichi.jp/articles/20190825/k00/00m/010/344000c

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は、10月の参院埼玉選挙区補選や次期衆院選での野党の連携強化に向け、弾みが付くと期待する。

 国民の玉木雄一郎代表は25日夜、「次期衆院選に臨む我々にとっても大きな展望を切り開くものとなった。より一層の野党連携を進める」などとする談話を発表した。

 立憲の長妻昭選対委員長は、毎日新聞の取材に「各党がばらばらに候補者を立てず、連携できた」と勝因を分析。
  (以下略;有料記事)




NHK-埼玉 NEWS WEB
埼玉知事選 NHK出口調査では

 NHK-2019年8月25日 21時33分

NHKは25日、有権者の投票行動や意識を探るため出口調査を行いました。
調査は埼玉県内の56か所の投票所で25日投票を済ませた有権者およそ6100人を対象に行い、67%にあたる4120人から回答を得ました。
一方、24日までに期日前投票を済ませた有権者の方は対象になっていません。

NHKが行った出口調査では、立憲民主党県連、国民民主党県連、社民党県連合が支持する元参議院議員の大野元裕氏と、自民党と公明党が推薦する青島健太氏の2人が競り合っています。

埼玉県知事選挙に投票した人に、ふだんどの政党を支持しているのか尋ねたところ、自民党と答えた人が最も多く40%、次いで立憲民主党が18%、公明党が6%、共産党が5%、国民民主党が3%、「支持している政党がない」と答えたいわゆる無党派層は22%でした。
支持政党別では、大野さんは立憲民主党の支持層の80%台後半、国民民主党の60%台後半、共産党の80%台前半の支持を得ました。
また無党派層からも60%近い支持を得ました。
一方、青島さんは自民党の支持層の60%台後半、公明党の80%台前半の支持を得ました。
また無党派層からの支持は30%台前半でした。

今回の出口調査で、4期16年務めた上田県政に対する評価を尋ねたところ「大いに評価する」が17%、「ある程度評価する」が66%と評価する有権者があわせて83%にのぼる一方、「あまり評価しない」が14%、「全く評価しない」が3%でした。



埼玉県知事選
大野元裕氏が初当選 野党4党が支援

NHK-2019年8月26日 0時36分

事実上の与野党対決の構図となった埼玉県知事選挙は、立憲民主党や国民民主党など野党4党が支援した元参議院議員の大野元裕氏(55)が、自民・公明両党が推薦した新人らを破り初めての当選を果たしました。

埼玉県知事選挙の開票結果です。

▽大野元裕、無所属・新、当選。92万3482票。
▽青島健太、無所属・新。86万6021票。
▽浜田聡、NHKから国民を守る党・新。6万4182票。
▽武田信弘、無所属・新。4万631票。
▽櫻井志津江、無所属・新。3万4768票。

立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党が支援した元参議院議員の大野氏が、自民党と公明党が推薦したスポーツライターの青島氏らを破り、初めての当選を果たしました。

大野氏は埼玉県川口市出身の55歳。
旧民主党政権で防衛政務官を務めた元参議院議員で、2期目の途中で辞職して今回の知事選挙に立候補しました。

選挙戦で大野氏は、4期16年務めた上田知事の県政を継承し財政再建などの改革を進めると訴え、上田知事からも全面的な支援を受けました。

その結果、支援を受けた立憲民主党、国民民主党、共産党などの支持層を固め、支持政党を持たない無党派層からも支持を集めて初めての当選を果たしました。

投票率は32.31%と、前回4年前より5点ポイント余り高くなり、16年ぶりに30%台となりました。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5391-f8fe794d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)