FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

参院選・鹿児島選挙区で社民党が譲歩し 全32の一人区で野党統一候補が実現!

2019年6月9日(日)

 5月29日に参議院選挙の32ある一人区の内30で立憲野党の
統一候補が決まり、残り宮崎と鹿児島だけになっていました。

 宮崎選挙区は6月5日付けの新聞で立憲民主党候補になりました。

参院選
宮崎は立憲候補に

 毎日新聞 - 2019年6月5日


 そして最後の最後に残った鹿児島選挙区で、おととい漸く
統一候補が決まったとのこと。

 これまで、社民党候補が決まっていなかったので、相互協力の
観点からも鹿児島は社民党に決まってほしいと思っていましたが
残念ながら国民民主党の候補で最終的には決まったようです。

野党、1人区全て一本化 鹿児島は社民擁立見送り 全32選挙区で自民と対決
毎日新聞・東久保逸夫 - 2019年6月7日 20時49分


 社民党の英断に敬意を表します。

 交渉の中で、国民民主党が推薦している候補を無所属として
出馬させて幅広い支援を広げること。
 衆議院鹿児島3区で、社員党の候補擁立を尊重することなどが
交渉過程で出されたとのこと。

 とりあえずは、全32選挙区で統一候補が決まって良かった!

【未来のために、今こそ社民党が必要です!】
 社民党の応援ページ
ホーム https://sdpsupporters.com/


     **********

話変わって・・・ 昨日の日本共産党につづき
本日(6月9日)【市民連合ふくおか】から
立憲民主党の野田くによしさんへの推薦状の交付が
行われました。

********************


参院選 宮崎は立憲候補に
 毎日新聞 - 2019年6月5日

 立憲民主党は4日の常任幹事会で、参院選の32ある改選1人区のうち宮崎選挙区で野党統一候補となる公認候補を決定した。福山哲郎幹事長は記者会見で「地元で各政党、連合に了解をもらって一本化ができた」と説明。これにより計31の1人区で野党5党派の統一候補が固まった。追加の公認、推薦候補も発表。選挙区での公認の擁立作業を終えた。



野党、1人区全て一本化 鹿児島は社民擁立見送り 全32選挙区で自民と対決
毎日新聞・東久保逸夫 - 2019年6月7日 20時49分

 夏の参院選の1人区(改選数1)の全32選挙区で立憲民主、国民民主、共産など主要野党の候補が一本化されることが固まった。残っていた鹿児島選挙区について、7日、国民公認の候補予定者が無所属で立候補し各党が支援する見通しとなった。参院選全体の勝敗を左右する1人区は全て、公明党推薦の自民党公認候補と野党候補が対決する構図になる。

 鹿児島ではこれまで国民が新人を公認、社民党も唯一の1人区候補の擁立を目指し、調整は難航していた。国民の平野博文、社民の吉川元両幹事長は7日、国会内で会談。社民が、国民新人の無所属への切り替えを条件に擁立を見送ることを提案したのに対し、平野氏が「大変重たい決断だ。前向きに検討する」と述べた。平野氏は週明けに正式に回答する考えを伝えた。これを受け、共産党も鹿児島で公認した候補予定者を取り下げる見通しだ。

 吉川氏は擁立断念について「(野党が)分裂することは政権を利するだけだ。有権者は足並みをそろえることを求めている。その思いに応えるべきだと判断した」と説明する一方で、「残念で、忸怩(じくじ)たる思いだ」とも語った。

 ただ、表向きは一本化したものの、社民党内には「国民と仲良く手を取り合うのは考えにくい」(幹部)との不満が残り、選挙態勢に影響する可能性もある。

 1人区の候補予定者は立憲公認7人、国民公認6人、共産公認1人、無所属18人となる見通し。無所属は前回の2016年参院選では16人だった。
【東久保逸夫】



【関連記事】

立憲民主党の野田くによしさんへの
【市民連合ふくおか】からの推薦状の交付


62397302_2688391507901988_9044020275657572352_n.jpg

(参加者からの報告メールから一部引用)
本日(6月9日)、筑紫野市の生涯学習センター(パープルプラザ)で16時より
立憲民主党の野田くによしさんへの【市民連合ふくおか】からの推薦状の交付が行われました。
これは、「参議院議員 野田くによし 国政報告会」として開催されたもので、その中で【市民連合ふくおか】のための時間をとっていただきました。

会場には約80名の方がたがお集まりになっていました。
山内こういち県連代表の挨拶にはじまり、来賓として渡辺みほ県議(太宰府市)、そして本人野田くによし参議院議員の近々の国政報告があり、ご参加の各議員紹介、議員代表として地元、段下きいちろう筑紫野市議の激励に続き
アナウンス紹介につづき、【市民連合ふくおか】からの推薦状交付となりました。

まず、会場にかけつけられた【市民連合ふくおか】のメンバーが全員前に集い、【市民連合のぼり】をもって横一列にならびました。
そして、宮下あやさんが推薦状を読み上げ、野田くによしさんに交付すると会場よりおおきな拍手をいただきました。
つづいて、後藤富和(弁護士)さんが、有明起訴での野田くによし参議との出会いから冬の有明海のエピソードを語り、野田くによしさんへのこの参議院選挙へ向けての激励を伝えました。
(以下略)







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5310-ad28d4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)