FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

市民連合ふくおか 西鉄大橋駅西口にて全・立憲野党と街頭討論会開催!

2019年6月1日(土)

市民連合ふくおか など自発的な団体が企画した
全立憲野党が一堂に会しての街頭討論会!
福岡市南区西鉄大橋駅西口にて
2019年6月1日(土)18:00 -19:00

Shiminrengo FUKUOKA speech at OhashiStation_20190601-4

日本共産党福岡中央・南地区委員会さんがUPした記事から(写真も)


Shiminrengo FUKUOKA speech at OhashiStation_20190601-1

福岡2区ではじめて西鉄大橋駅西口で野党揃っての演説会が市民連合が呼び掛け行われる。社民党、共産党、立憲民主党、国民民主党のそれぞれの国政市政の現職議員集合した。間あいだに市民の声も入り、今の安倍自民党政権への批判と、自分達多様な主権者に政治を取り戻そうとそれぞれの立場から話される。共産党からは3人の市会議員が紹介され松尾市議、堀内市議と倉元市議が紹介され、城南区選出の倉元市会議員が、今度出された三つの政策消費税問題、社会保障、子育て教育問題について話された。安倍政権に対する批判と共に希望を語り、野党が結束して頑張ることを話され、市民からも全員の議員に民主主義を守り、国民一人一人に沿った政治を行うことを委託された。この力を大きくしていかなければならないとあらためて思わされた集会となりました。



Shiminrengo FUKUOKA speech at OhashiStation_20190601-3
日本共産党を代表してスピーチする倉元達朗福岡市議(城南区選出)



山口歩来 さんが
2019/06/01 に公開

【市民連合ふくおか】を代表して大橋駅が地元中の地元の後藤富和弁護士が挨拶
感動的なお話なので、御本人の投稿より引用

 こんばんは。市民連合ふくおかの後藤と申します。

 ここ大橋で法律事務所を開いている弁護士です。

 法律の専門家として現在の政治状況に非常な危機感を覚えここに立ちました。

 来月予定されている参議院選挙。そして,同日選も囁かれている衆議院選挙。

 その最大の争点は「戦争」です。

 憲法を改正して戦争ができる国にするのか,これまで通り戦争をしない平和な国でいるのかが,この選挙で決まります。

 以前,このようなお話をした時,聴いていた方から「だれも戦争するやら言いよらんめえが」と言われたことがあります。でも,今や,政治家が「戦争する」「戦争したい」ということを隠さなくなりました。

 北方領土を戦争で取り戻すなどと政治家は勇ましいことを言いますが,そんな勇ましいことを言う人が戦争に行かされることはありません。戦争に行くのは今目の前を歩いている高校生や中学生の子どもたちです。彼らには選挙権がありません。憲法改正にNOの票を投じることもできません。そんな彼らの運命を,戦争に行くことのない私達大人が決めるのです。

 私達は70年間,戦争の恐怖に怯えることなく平和の中で暮らしてきました。その私達が次の世代の子どもたちに戦争を押し付けるのは身勝手ではないでしょうか。

 今日ここに集まった野党4党の皆さんの思いは一つ。子どもたちに平和な未来を残したいというものです。

 今,安倍政権が進める憲法改正に対し,断固反対しているのが,ここに集まった立憲民主党,国民民主党,日本共産党,社会民主党の皆さんです。

 政治なんて関係ないし,選挙に行っても何も変わらんし,と思っている方もいるかもしれません。

 でも,今度の選挙だけは,誰も無関係ではいられません。子どもたちの命がかかった大事な選挙です。そして,選挙に行かなければこの国は戦争へ突き進み,子どもたちが戦場で殺し合いをさせられることになります。

 将来,子どもたちに何であの時選挙に行ってくれなかったの,何であの時戦争に反対してくれなかったのと言わせたくありません。

 今日集まった4野党の議員の声に耳を傾けてください。そして子どもたちの未来をともに考えていきましょう。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5302-529f3ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)