FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日向灘で大きな地震 『スロースリップ』で大地震の前兆か?!

2019年5月10日(金)

今朝の8時48分ころ日向灘を震源とするM6.3の地震が発生し、
宮崎の一部地域では震度5弱【5-】を感知したと云う。

宮崎で震度5弱の地震 日向灘震源 M6.3
 朝日新聞 - 2019年5月10日09時01分


震度分布図では、福岡市は震度2前後であるが、私は全く感じなかった! 
既に朝ドラも見終わって起きていたが・・・

EarthQuake_201905100848.jpg

ニュースでは、原発に異常無しとのいつもの情報を垂れ流し!

地震の度に原発は大丈夫か?!とニュースになるのが異常!
そんな原発は全て廃炉にしてしまえ!

宮崎で地震 玄海原発、川内原発に影響なし
 日テレニュース:NNN24 2019/05/10 09:10


なお2019年の今現在、震源周辺では、九州電力玄海原発3・4号機と
川内原発1・2号機、四国電力伊方3号機が稼働しているとのこと。

日向灘では、連続して中規模の地震が続いており『スロースリップ』現象
と言う巨大地震の前兆ではないか? との声もある。


『南海トラフ巨大地震』の前震か!?
天気のあれこれ! - 2019年5月10日



【関連記事】

宮崎で震度5弱の地震 日向灘震源 M6.3
 朝日新聞 - 2019年5月10日09時01分



【日向灘の地震】1週間は震度5弱程度の地震に注意(気象庁会見より)
2019/05/10 11:30 ウェザーニュース

地震の規模は暫定値でマグニチュード(M)6.3、深さは25kmと推定。メカニズムは西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層。今回の領域で発生した地震の断面の分析から、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界付近で起きたということです。


WeatherNews_201905100125.png


地震情報 - 2019年05月10日 08時48分

発生時刻 : 2019年05月10日 08時48分頃
震源地 : 日向灘
最大震度 : 震度5弱
位置 緯度 : 北緯 31.8度, 経度 : 東経 132.0度
震源 マグニチュード : M6.3, 深さ : 約30km


EarthQuake_2019-05-10-08-48.jpg


宮崎で震度5弱 M6.3 大きな混乱なし
 毎日新聞 - 2019年5月11日

(部分引用)
 この地震の前後にも日向灘を震源とする地震が相次ぎ、午前7時43分には宮崎市などで震度3(M5・6)、午前9時7分には宮崎県美郷町で震度3(M4・9)を観測した。いずれの地震でも大きな被害はなかったが、気象庁は今後1週間程度は最大震度5弱の地震が起こる可能性があるとして注意を呼び掛けている。




宮崎で震度5弱、南海トラフ地震に影響か
 島村英紀氏「周辺で起こりやすくなっている」

 zakzak - 2019.5.11

(一部引用;前略)
 日向灘は、M9級の超巨大地震の発生が懸念される南海トラフの西端に位置し、このところ地震が相次いでいる。専門家は「大きな地震が起こりやすくなっている」と警鐘を鳴らす。

 震度5弱を記録したのは宮崎県南部平野部と宮崎県南部山沿い。近畿、中四国、九州の広範囲で震度1~4の揺れを観測した。

 午前7時43分にはM5・6で宮崎市などで最大震度3、午前9時7分にはM4・9で宮崎県美郷町で最大震度3も観測した。
(中略)
 気がかりなのは、震源が南海トラフ巨大地震の想定震源域内であることだ。南海トラフ地震は東海沖から九州沖の海底に延びる溝状の地形(トラフ)に沿って発生すると想定され、東海、東南海、南海の3つの震源域が連動すればM9級に達し、30メートル超の津波を引き起こす恐れがある。

 島村氏は「南海トラフのように、いつ地震が起きてもおかしくないとみられるところでは、プレートにひずみがたまっている状態だ。今回の地震で留め金の1つが外れたということならば、次は南海トラフにあたる日向灘の北側部分でも起こりやすくなる。名古屋、関西から日向灘周辺まで大きな地震が起こりやすくなっており、発生までのスパンも短くなっている」と指摘した。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5280-08cf035f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)