FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

“安倍最側近”萩生田光一が批判されるべきは「ワイルド」改憲発言:リテラ

2019年4月20日(土)

リテラによると、自民党の萩生田光一幹事長代行が
『消費税増税延期』を直言したネットテレビは、
フェイクデマ拡散ネトウヨ番組である『真相深入り!虎ノ門ニュース』
であったことを暴露している。

2019042010354876f.png

しかし、NHKニュースを始めマスメディアのニュースでは、
この発言がネトウヨテレビがニュースソースであることを
全く報じなかった。

これは大きな問題である。

寧ろ安倍側近の自民党の幹事長代行がネトウヨニュースに出演して
国政の重要方針を得意げに語っていることを取り上げて
追及するべきであった。
謂わば、マスメディアはネトウヨニュースより格下であると
萩生田光一にバカにされたのに等しい訳であるのだから。

なのにそこでの発言をニュースソースも明確に示さずに
大きく取り上げた!

マスメディアのプライドは何処に行ってしまったのだろうか?!


そして、このリテラ記事では『消費税増税延期』発言よりも
『ワイルドな改憲』発言の方が重大であると警告している。

改憲を『令和キャンペーン』の勢いを借りて『ワイルドに』
つまり強引にまたは暴力的に進めて行こうと云う話である。

“安倍最側近”萩生田光一が批判されるべきは消費税延期論でなく
「ワイルド」改憲発言と『虎ノ門ニュース』の身内化だ

リテラ ー 2019年4月19日(金)
https://lite-ra.com/2019/04/post-4669.html
@litera_webより

(前略:『消費税増税延期』を発言したことについて)

 むしろ、問題なのは、萩生田氏のもうひとつの発言、憲法改正についてふれた部分のほうだろう。

 まず、萩生田氏は、今国会で憲法審査会がまだ1度も開かれていないことについて、「国会の一部の人たちが国民の主権を奪っている」「誰も国民は望んでいない」と憲法審査会の開催に反対する野党を批判した。

 あたかも国民が憲法改正に前向きであるかのような言い方をしているが、1月におこなわれたNHKの世論調査でも、国会での憲法改正に向けた議論について「早く進めるべき」と回答したのは23%にすぎず、「急いで進める必要はない」が50%、「憲法改正の議論をする必要はない」が14%という結果だった。
つまり、国民は憲法改正の議論について喫緊の必要性をほとんど感じていないのだ。

 にもかかわらず、萩生田氏はこう明言したのである。
「ここまで丁寧に我慢してきた。令和になったらキャンペーンを張るしかない」
「ご譲位が終わって新しい時代になったら、少しワイルドな憲法審査を自民党は進めていかなければならない」



リテラの指摘は、その通りだと私も思う。

・・・・・・・・・

日本共産党の公式Twitterでは次のような投稿

普通に考えれば、こういうことですよね。

「改元される5月以降に与野党の合意なく一方的に憲法審査会の開催を強行する考えを示したものです。」

自民・萩生田氏が発言 「憲法審査 ワイルドに」/一方的強行を狙う



日本共産党の志位和夫委員長は、以下のようなツィートを投稿!

@shiikazuo
「消費増税は6月の日銀短観次第 自民・萩生田氏」
政権・与党から増税実施に動揺が始まった。内外の経済情勢にてらし「増税は自殺行為」とのわが党の警告を無視して増税実施の予算案を強行した責任は重い。「増税ノー」の審判で追い詰めよう!

@shiikazuo
自民萩生田氏「景気がこの先危ないと見えてきたら、崖に向かってみんなを連れていくわけにはいかない」と増税見送りに言及。政権・与党の動揺を吐露した。「この先危ないと見えてきたら」というが、消費も賃金もマイナス、景気が悪いことはすでに誰の目にも明らかだ。共産党勝利で増税中止の決定打を!






・・・・・・・・・

“安倍最側近”萩生田光一が批判されるべきは消費税延期論でなく
「ワイルド」改憲発言と『虎ノ門ニュース』の身内化だ

リテラ ー 2019年4月19日(金)
https://lite-ra.com/2019/04/post-4669.html
@litera_webより

 やっぱり出たか──。昨日、自民党の萩生田光一幹事長代行がフェイクデマ拡散ネトウヨ番組である『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)に出演。「消費増税の延期」に言及し、波紋を広げている。本日午後に萩生田氏は「政治家としての私個人の見解を申し上げた」と釈明したが、これはそんなレベルの話ではない。
 というのも、本サイトが先週、伝えたように、5月20日に公表される四半期別のGDP速報値がマイナスになる公算が強まっていることから、安倍政権では参院選に対する危機感が大きくなり、消費増税延期と衆院解散の「衆参ダブル選挙」を検討する動きが起きていたからだ。

https://lite-ra.com/2019/04/post-4660.html


 今回、安倍首相の最側近である萩生田氏が消費増税延期の可能性を口にしたのだ。これは単なる「個人の見解」などではなく、安倍首相に代わって観測気球を上げたということではないのか。

 もっとも、消費税については、そもそも実質賃金が上がらないこんな状況下で逆進性の高い増税を実施しようとしていること自体がおかしいのであって、延期は当然とも言える(消費増税を前提にした予算を強行した政権が、いまさら選挙目的で、それをひっくり返そうという無節操さには呆れるが)。

 むしろ、問題なのは、萩生田氏のもうひとつの発言、憲法改正についてふれた部分のほうだろう。

 まず、萩生田氏は、今国会で憲法審査会がまだ1度も開かれていないことについて、「国会の一部の人たちが国民の主権を奪っている」「誰も国民は望んでいない」と憲法審査会の開催に反対する野党を批判した。
 あたかも国民が憲法改正に前向きであるかのような言い方をしているが、1月におこなわれたNHKの世論調査でも、国会での憲法改正に向けた議論について「早く進めるべき」と回答したのは23%にすぎず、「急いで進める必要はない」が50%、「憲法改正の議論をする必要はない」が14%という結果だった。つまり、国民は憲法改正の議論について喫緊の必要性をほとんど感じていないのだ。

 にもかかわらず、萩生田氏はこう明言したのである。

「ここまで丁寧に我慢してきた。令和になったらキャンペーンを張るしかない」

「ご譲位が終わって新しい時代になったら、少しワイルドな憲法審査を自民党は進めていかなければならない」
 国民から不信感が高まっている「忖度道路」をはじめとする問題についての予算委員会の開催を拒否しながら、国民から強い要請も緊急性もない憲法審査会を「ワイルドに」進めると明言するとは──。これは看過できない大暴言だ。

 憲法審査会はその名の通り、憲法という国の基礎となる最高法規を議論する場であるため、他の委員会とは違い与野党協調を重視し、与党と野党の合意の上で開催してきた。だが、与党は憲法審査会の開催を強引に迫り、野党がこれを拒否したところ、昨年には自民党の憲法改正推進本部長であり憲法審査会の幹事に就任する予定だった下村博文・元文科相が「職場放棄だ」とテレビ番組で暴言を吐くという問題が勃発。これを受けて自民党は下村元文科相を幹事と委員から辞退させた。さらに、同じく昨年には、衆院憲法審査会の開催を野党の合意なく自民党・森英介会長の職権を濫用して強行するという掟破りに出た。今国会でも、与野党の合意がないまま森会長が職権での幹事懇談会開催を決定するなど、自民党の暴走はつづいている。

消費税延期論と「ワイルドな憲法審査」発言が物語る安倍首相と側近の思惑

 よくこれで「丁寧に我慢してきた」などと言えたものだが、その上、飛び出した「ワイルドな憲法審査」なる発言。これはまさに、憲法審査会をすっとばして安倍改憲案を国会に提出し、強行採決を繰り返して国会発議にもっていくという暴挙さえ想像してしまうような乱暴な発言ではないか。
 そして、気になるのは、この発言が消費増税延期論と同時に出てきたことだ。
 安倍首相にとって、もっともプライオリティが高いのは、任期中に憲法改正を実現させることのほうだ。ところが、前述したように、5月20日に公表される四半期別のGDP速報値がマイナスになる可能性はかなり高く、萩生田氏が警戒する6月の日銀短観と合わせ、「アベノミクス失敗論」が出てくることは必至。もし、そのまま参院選に突入すれば、憲法改正勢力が3分の2割れし、憲法改正が不可能になるのは必至だ。
 
 そうならないためには、消費税増税を延期するか、憲法審査会を強行して参院選前に改憲ムードを盛り上げるかしか、選択肢はないのである。
 政治状況を考えると、両方とも現実味があるとは思えないが、それくらい安倍首相とその側近たちが憲法改正に執着しているということだろう。
 しかも、暗澹とさせられるのは、萩生田氏が「消費増税延期論」と「ワイルド改憲」を口走った場がフェイクデマ拡散ネトウヨ番組である『真相深入り!虎ノ門ニュース』だったということだ。

ネトウヨ番組『虎ノ門ニュース』に5度出演し、今回は重大発言

 先日も、同番組の出演陣である百田尚樹や有本香、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司などといったネトウヨ安倍応援団が安倍首相主催の「桜を見る会」にこぞって参加し、「税金を使ってお友だちの接待か」と問題となったばかりだが、じつは萩生田氏、昨日は5度目の出演。そこで飛び出した「増税延期論」にマスコミ各社が飛びついたのだ。
 もっともこの発言が『虎ノ門ニュース』での発言であることに大手マスコミはまったくふれておらず、曜日レギュラーの百田氏は、〈(発言がなされたのが)『虎ノ門ニュース』の中と報じているところはどこもない。他の番組の中の発言をニュースにするのはいいけど、名前くらい書けよ、クソメディア!〉と激怒していた。
 たしかに、本サイトも、萩生田氏の発言が『虎ノ門ニュース』でおこなわれたことをきちんと報じられるべきだったと思う。ただし、それは百田氏とは正反対の意味で、だ。マスコミは、安倍首相の最側近で政権与党幹部である人間が、フェイクデマを垂れ流しているネトウヨ視聴者しかいないような極右ネット番組で政局を左右するような発言をしたことを、もっと厳しく批判すべきだったのだ。
 しかも、萩生田氏は同番組で、日韓関係について「常軌を逸した反日行動がつづくのであれば党としては覚悟をもって望まなければならない」などと経済的な対抗策をとる可能性にふれ、「韓国から買うもので入ってこなくて困るものってあんまりないんですよね。JINROと焼肉とキムチだから」などと発言。日本にとって韓国は第4位の輸入相手国(2017年)であり、その内訳は石油製品や鉄鋼板、半導体などなのだが、そうした事実も無視して萩生田氏はネトウヨ全開のトークを繰り広げていた。
 一国の総理大臣の最側近がネトウヨフェイク番組に“身内”感覚で出演し、首相の意を受けた観測気球をぶちあげ、国の重大政策をひっくり返すコメントを平気で口にする。もっとも恐ろしいのは、安倍政権のなんでもありの傲慢さだろう。
(編集部)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5260-29f48686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)