FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

衆院・大阪12区補選に宮本岳志・日本共産党衆院議員を無所属で擁立

2019年4月1日(月)

エイプリルフールではない!

日本共産党の現職衆院議員・宮本岳志氏が、統一地方選挙
前半戦の開票後、4月8日告示で4月21日投票のの衆議院議員

大阪12区補選に現職を辞して立候補するという。

現有議席を失うリスクに晒して補欠選挙に立候補とは?!

と思ったが、比例区の次の順位の清水ただし氏が繰上げ当選
するとのこと。 なるほど、それなら解らないでも無い。

何れにせよ、安倍晋三が仕掛ける衆参同時選挙で議員の席は
2人とも当選した場合でも2ヶ月ちょっとの寿命か?‼️
そこまで見据えての判断かどうかは解らないが。

なお、記事の日付は4月1日だが、記者会見で発表されたのは
2019年3月31日(日) なので APRIL FOOL では無い‼️

4月1日に記者会見したら、そのように思われる可能性を想定して
平成最後の(笑)年度末に発表したのだろう・・・と思う。

・・・・・・・・・・・・・・

日本共産党の志位委員長が発表
宮本岳志衆院議員を擁立 衆院大阪12区補選に無所属で

しんぶん赤旗 ー 2019年4月1日(月)

2019040101_02_1.jpg
(写真)記者会見後、固い握手を交わして必勝を誓う
(左から)柳、吉井、志位、宮本、穀田、の各氏=31日、大阪市

 日本共産党の志位和夫委員長は31日、遊説先の大阪市で記者会見し、衆院大阪12区の補欠選挙(9日告示・21日投票)に日本共産党の宮本岳志衆院議員(比例近畿ブロック)を無所属で擁立し、野党統一候補として勝利を目指すと発表しました。
 宮本議員は「大阪12区の補欠選挙は、沖縄3区と並んで市民と野党の共闘で『安倍政治さよなら』ののろしをあげる、野党共闘の命運がかかった選挙です。なんとしても勝たねばなりません」と決意を表明しました。すでに予定候補として活動していた吉井よし子氏は「今日を境に市民と野党の共闘は大きく前進する。私も『チーム宮本』の一員として全力を尽くす」と述べました。会見には穀田恵二選対委員長、柳利昭党大阪府委員長が同席しました。
(宮本、吉井両氏の発言;略)


志位氏の発言

 一、4月21日投開票の衆院大阪12区補欠選挙に、宮本岳志衆議院議員を無所属候補として擁立し、必勝を期してたたかうことにしました。
 一、この間、わが党に対して、多くの市民のみなさんのなかから、「大阪12区でも市民と野党の共闘をつくり、安倍政権への審判を下したい」との強い期待の声が寄せられています。
 そうした状況のもとで、宮本岳志衆議院議員ご本人から、「衆院議員の職を辞して12区から挑戦したい」との申し出がなされました。
 党中央として、地元大阪の党組織と協議をし、宮本さんの勇気ある決断を正面から受け止め、候補者に擁立することにしました。
 12区補欠選挙の予定候補者として、わが党はすでに吉井よし子さんを決定し、活動を開始してきましたが、吉井さんとも相談し、吉井さんからも大賛成という意思が表明され、宮本さんに交代することにしました。
 一、こうした判断をした最大の理由は――これは宮本さんも同じ思いだと思いますが、大阪12区でも市民と野党の共闘を成功させ、「安倍政権に退場」の審判を下すためです。党公認とせずに無所属としたのも、広範な市民、議員、政党に、支援をしていただき、協力・連携・共闘を成功させるうえで、適切と考えたからです。
 党の現職の国会議員が、職を辞して小選挙区の選挙に挑戦するのは、わが党としては初めてのことです。公認候補として国会議員に当選した者が、無所属で挑戦するのも、わが党としては初めてのケースです。こういうチャレンジをすると決めたからには、党の総力をあげて勝利をつかみたいと決意しています。
 一、宮本岳志さんは、大阪選出の参議院議員として1期6年、衆議院議員として4期10年活躍してきました。その実力は最近の森友疑惑の追及をはじめ、内政・外交のあらゆる分野で試されずみです。市民と野党の共闘を前進させるうえでも大きな働きをしてきました。大阪府民のみなさんが安倍政権への審判を下すうえで、最良の候補者だと確信します。
 宮本さんを当選させるために、他の野党の皆さん、市民団体の皆さんに、可能な支援をしていただくことを心からお願いするものです。
 沖縄3区ではすでに市民と野党の統一候補――「オール沖縄」の候補者としてヤラともひろさんが勝利をめざして奮闘されています。大阪12区でも宮本岳志さんを市民と野党の統一候補にしていただき、力を合わせて勝利を勝ち取れるよう、熱いご支援を重ねて心から訴えるものです。



【関連記事】

共産党 衆院補選に宮本氏擁立へ
NHK-大阪 - 2019年03月31日 19時03分
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190331/0014016.html

共産党は、4月に行われる衆議院大阪12区の補欠選挙に、衆議院比例代表近畿ブロック選出の共産党の宮本岳志氏が無所属で立候補することを発表しました。
共産党の志位委員長は、31日、大阪市で記者会見し、4月21日に投票が行われる衆議院大阪12区の補欠選挙について、党の候補者を取り下げた上で、衆議院比例代表近畿ブロック選出の、共産党の宮本岳志氏が無所属で立候補することを発表しました。
志位委員長は、「宮本氏を無所属としたのは、広範な市民、議員、政党に支援していただき、協力、連携、共闘を成功させる上で、適切だと考えたからだ。チャレンジをすると決めたからには、党の総力を挙げ、勝利するために頑張っていきたい」と述べました。
また、宮本氏は、「みずからの退路を断ち、市民と野党の共闘で、安倍内閣に退場の審判をという旗印を掲げて戦い抜き、必ず勝利する決意だ」と述べました。
宮本氏は59歳。
参議院議員を1期務めたあと、平成21年の衆議院選挙で初当選し、現在4期目です。
衆議院大阪12区の補欠選挙には、これまでに、自民党が新人で会社役員の北川晋平氏、日本維新の会が、新人で会社役員の藤田文武氏の擁立をそれぞれ決めているほか、無所属で元衆議院議員の樽床伸二氏が立候補を表明しています。



 議席を減らすリスクが大きい決断だと思ったが、
 宮本たけし衆議院議員も比例での選出であり、
 失職により比例順位が次の清水ただし氏が
 繰り上げ当選になると言う議席『保証』が前提だった!
 そりゃあそうだよね!
 奏功すれば議席増になることもあり得る。
     *************
宮本たけしさんが失職すれば、比例代表近畿ブロック名簿順位3位の私(清水ただし氏)が繰り上がり、衆議院議員に当選することになるようです。
このことも驚天動地、青天の霹靂であり、まさかこのような形で国会に戻ることになろうとは夢にも思いませんでした。
(清水ただし氏の facebook 投稿より)



共産、大阪補選に宮本岳志氏擁立 統一候補狙い差し替え
共同通信 - 2019/3/31 18:50
https://this.kiji.is/485000940689884257



【驚天動地!宮本岳志さんの挑戦!】
清水 忠史さんの facebook 投稿 - 2019年4月1日(月)

私の大先輩でもある宮本たけし衆議院議員が、4月9日に公示される衆院大阪12区(寝屋川・大東市・四條畷市)の補欠選挙に立候補すると発表しました。事前に候補者発表した吉井よし子さんとは差し替えることとなります。
志位和夫委員長、穀田恵二国対委員長、柳利昭大阪府委員会委員長、吉井よし子さんとともにのぞんだ記者会見は、マスコミにも大きく取り上げられ、党内はもとより、政界にも大きな衝撃をもたらしました。
宮本たけしさんは、幅広い野党の結集をつくるために無所属で出馬されます。議員を辞職し、退路を絶っての挑戦です。参院1を期、衆院を4期つとめ、この間は森友疑惑追及の先頭に立ってきた試され済みの政治家です。宮本たけしさんの勇気ある決断に全力で応えなければなりません。
そして、宮本たけしさんは、私の入党推薦者でもあります。22年前に「党に対してわだかまりがなく、いつか入党したいと考えているなら、勇気を出して今ここで決意してみないか」と背中を押してくれたからこそ、今の私があるのです。
私の政治家人生の中の節目節目で相談にも乗ってもらいました。突然の決意に正直驚きました。しかし、そこがスケールの大きい、宮本たけしさんらしさなのかもしれません。
宮本たけしさんが失職すれば、比例代表近畿ブロック名簿順位3位の私が繰り上がり、衆議院議員に当選することになるようです。このことも驚天動地、青天の霹靂であり、まさかこのような形で国会に戻ることになろうとは夢にも思いませんでした。
もちろん、一昨年に落選して以降、再選を目指し、近畿のみなさんとともに精力的に活動し、準備を積み重ねさねてきたつもりです。今後も与えられた任務に全力で取り組む覚悟を決めています。
ただ、私が戻るだけではだめなのです。日本共産党の議席が増えるわけではありません。宮本たけしさんが12区で勝利してこそ、安倍政権を打倒する市民と野党の共闘の議席を増やすことができるであり、そのことのみによって今回の英断を実らせることができると思うのです。
いまは知事選、大阪市長選、府議、政令市議選挙の真っ最中です。日本共産党の躍進を勝ち取り、統一地方選挙の後半戦と同時にたたかわれる衆院12区補欠選挙で、なんとしても宮本たけしさんの議席獲得につなげていきたいです。私もいっそう身を引き締めて奮闘いたします。






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治 政党 市民 投票 選挙 政治参加 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5241-2f53e91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)