FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

大阪府知事選が告示! 大阪維新の乗っ取りを許すな! 福岡県知事選は自民党内抗争戦!

2019年3月21日(木)春分の日

大阪出身の私としては
大阪維新のようなファシスト団体に
大阪を乗っ取られることは絶対に許せません!
京都や東の京都と違って、
太古の昔は別として天皇が居住した事がない
大阪を都にするなんてどうかしている。

🎶『たかつのみや(高津宮)の昔より
世よの栄を重ねきて
民のかまどに立つ煙(注:仁徳天皇の和歌と言われる)
賑わいまさる大阪市、
賑わいまさる大阪市』
私が中学校の頃に歌った【大阪市歌】

うる覚えだが覚えているもんですね〜〜!
メロディも当然覚えていて歌えますよ❣️
現在も歌われているかは存じません。

話変わって!

大阪市西成区の天王寺動物園前の古い商店街を中華街に模様替えしよう!
と言う話。

大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方
日刊ゲンダイ ー 2019年3月21日(木)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250155
#日刊ゲンダイDIGITAL

20190321212148dc0.jpg
(上の写真は大阪名物『通天閣』で、このニュースの商店街は別の所)

おとどし高校の同窓会で大阪に帰った時、ホテルがこの近くだったので
たまたま、この商店街を通過した(実は道を間違えたのだが)。
結構奥行きの長い商店街だったが、シャッターの閉まっている処が多かった。

一般的に言えば寂れている感じもした。

それで、横浜や長崎 みたいな 中華街にして賑わいを
取り戻そうと言うのだろう。
大阪都計画とは関係がない?

日刊ゲンダイの記事によると、この計画を松井大阪府知事に
持ち込んだのは大阪維新の今井豊大阪府議と云うから、
大阪都構想と全く無関係とは言えないようだ!

このニュースは、ひと月程前に別のニュースで見た。

西成に「大阪中華街」構想 中国人団体ら会合
共同通信 - 2019年2月15日

20190321231849a8d.jpg

「大阪中華街」の構想エリアに含まれる飛田本通商店街
=2019年2月15日 午後、大阪市西成区

 大阪の中国人の団体が中心となって、大阪市西成区で「大阪中華街」をつくる構想が進んでいる。大阪市内の中華料理店で15日、会合が開かれ、構想の具体案が示された。担当者は「今の西成は元気がない。多くの人が訪れる観光の拠点にして、活気づけたい」と意気込む。

 構想を進めるのは、大阪府の中国人不動産関係者らでつくる一般社団法人「大阪華商会」(西成区)。構想では、空き店舗が目立つ西成の商店街に、計約100軒の中華料理店や雑貨店、文化施設などを、2025年大阪・関西万博までにオープンすることを目指す。中国式の大きな門も設置する計画だ。







・・・・・・・・・

大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方
日刊ゲンダイ ー 2019年3月21日(木)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/250155
#日刊ゲンダイDIGITAL

 横浜中華街、神戸・南京町、長崎新地中華街に続き、国内4つ目となる“大阪中華街”構想が進められている。

 計画されている候補地は、日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区のあいりん地区。大阪メトロ御堂筋線の動物園前駅の東西500メートル、南北600メートルのエリアだ。大阪中華街構想を立ち上げたのは、西成区周辺で事業を経営する、中国福建省出身の経営者ら約40人が設立した大阪華商会のメンバー。

 現在、あいりん地区の商店街約400店舗のうち、3~4割はシャッターを閉めた空き店舗。一方、中国人の経営するカラオケ居酒屋が周辺も含めると、150店以上にも増えた。そのため住民とのトラブルが絶えない。大阪中華街の建設に反対する声が強いが、西成区で不動産会社を経営する林伝竜・大阪華商会会長は、中華街構想の展望についてこう説明する。

「カラオケ居酒屋を中華料理店や雑貨店などに変え、中華街に2025年までに約120店舗を開業する。商店街の東西南北には中国式の門を建設します。西成区は通天閣のある難波の繁華街に近く、関西空港へはリムジンも出てアクセスもいい。22年には星野リゾートの高級ホテルがオープンし、25年には大阪万博が開催されます。大阪の活性化にも役立ちたい」

 大阪中華街構想を公にしたのは大阪維新の会の今井豊大阪府議会議員。

 昨年12月14日の本会議の席で今井議員は、松井一郎大阪府知事にこう質問を投げかけた。

「大阪に民間主導で中華街をつくる構想がある。具体化したら知事としてどういう支援をするのか」

 これに対し松井知事はこう答えている。

「民間がやるのであれば、地元とのウィンウィンの関係ができれば、何らかの形で前向きに支援していきたい」

 そもそも今井府議が大阪中華街構想を知ったのは、昨年11月半ばの第3回西日本地区日中友好交流大会の準備会の席。日中友好親善議員連盟会長を務める今井府議が、出席していた李天然・駐大阪中国総領事から大阪中華街の具体的な計画を聞かされたことだった。

 そして、今年の2月15日に市内で開催した大阪華商会の新年会で、地元金融機関幹部とともに商店街の代表が集まり、大阪中華街の第1回説明会が行われたのだった。飛田本通商店街振興組合の村井康夫理事長が困惑した様子で言う。

「横浜や神戸はもともと華僑が多かったんですが、西成地区は中国との関連性はまったくない。それが急に中華街といわれても。地域の活性化についても、この周辺の宿には年間40万人の外国人が泊まり、国内の観光客も50万人が利用しているんです。大阪中華街はあまりに唐突で、無理な話だと思いますよ」


 大阪中華街は25年の大阪・関西万博までにオープンを目指す。構想では中華街の料理店には日本中から超一流のシェフを呼び、料理や物販だけではなく文化施設の建設も予定、日本一の中華街を建設するという。地元とのウィンウィンの関係をまず築くことが先決となる。

 (ジャーナリスト・木野活明)





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5230-459cbe45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)