FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

新元号発表まで1ヶ月を切り日本共産党までひと言物申す!

2019年3月2日(土)

年度が変わった4月1日時点で発表されることになった新元号に関して
様々な予測が上がっているが『日本会議』などの安倍晋三礼賛右翼は
新元号に『安』の字を入れようと画策しているらしい。


首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン
日刊ゲンダイ ー 2019年1月19日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245731
#日刊ゲンダイDIGITAL


新元号に安倍首相の「安」の字が入る!?
極右勢力が「国体思想の復活」を目指し法制化した元号の危険性

リテラ ー 2019年1月31日
https://lite-ra.com/2019/01/post-4520.html
@litera_webさんから


こう云う事態を受けてかも知れないが昨日(3/1)日本共産党の志位和夫
委員長が、記者会見での質問を受ける形で元号に対する考えを述べた。

今更ながらの話しではあるが、元号制度は日本国憲法にそぐわないとの見解。

【 元号問題について:志位委員長が会見で】
しんぶん赤旗 ー 2019年3月2日(土)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-03-02/2019030202_03_1.html

 日本共産党の志位和夫委員長は28日、国会内で行った記者会見で、天皇一代に一つの元号とする現在の法制について問われ、「元号は、もともとは中国に由来するもので、『時をも君主が支配する』との考えからきている。日本国憲法の国民主権の原則になじまないと考えている」と述べました。



上記のリテラ記事によれば、WEB分割記事の2ページ目が似通っている。

新元号に安倍首相の「安」の字が入る!?
明治以降でしかない「一世一元」に執着する極右勢力

https://lite-ra.com/i/2019/01/post-4520-entry_2.html



20190303002446c19.jpg
上のスケジュール概要は東京新聞記事よりコピペ

以下、私の facebook 投稿

日本共産党の志位委員長が記者会見で
元号に反対する意見表明されていましたが、
今更の感あり。

『平成』と云う元号の時代は結果論ではあるが、冒頭で
『社会主義』が崩壊し、終盤には資本主義に限界が見えた時期、
中盤以降には、911テロを始めテロの時代ともなった。
また明仁天皇が言うように日本が戦争を行わない時代でもあった。
『平成』が1つの時代であったことは確か!
『明治維新』とか『大正デモクラシー』とかの表現も
元号があるからこそ!
今更、目くじらを立てる程の事でもない。
志位委員長が、この時期に元号を否定したのは時機を失した事❗️

私は、むしろ『改元』で国民の意識が変わる機会を節目に
意識転換を政治転換に繋げるべきだと思っています。

     ******************

【 元号問題について:志位委員長が会見で】
しんぶん赤旗 ー 2019年3月2日(土)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-03-02/2019030202_03_1.html


安倍政治に辟易している国民の意識を大転換するイベントと捉えて
寧ろこの機会を活かしては?!

安倍政権は、逆に苦境に陥っている自らの政治から
国民の目をそらす方向で『改元』を利用しようとしている。

改元が統一地方選挙と時期を同じくし、
参議院選挙の前であることを留意するべき!

    ****************

NHKーETV 『知恵泉』2019年1月1日放送の改元特集が参考に!

織田信長が改元を起死回生に利用したエピソードなど、
改元にまつわる政治的裏話の数々。
日本の文化と歴史そのものといえる元号には吉兆を期待し、
悪しきをリセットしてさまざまな時代の壁を乗り越えてきた
先人たちの知恵のかたまり。
改元を安倍政治転換の契機にしては如何‼️
http://www4.nhk.or.jp/chieizu/x/2019-01-01/31/32174/2803180/

2019年は「改元」の年。
元皇室記者が明かす「昭和」から「平成」への舞台裏

NHKーETV 【知恵泉】2019年1月1日


信長や家康が改元に秘めた天下統一の野望…
日本文化そのものといえる元号の知恵が続々!

2019年は改元の年。元来、中国で用いられていた元号だが
現在に至るまで使用してきたのは日本のみ。
元皇室記者がはじめて明かす昭和から平成への舞台裏、

信長や家康が改元に秘めた天下統一の野望など
改元にまつわる驚がくエピソードが続々。

日本の文化と歴史そのものといえる元号には吉兆を期待し、
悪しきをリセットしてさまざまな時代の壁を乗り越えてきた
先人たちの知恵のかたまり。

その知恵を新年そうそう、たんと召し上がれ

【出演】橋本大二郎,石田衣良,川田裕美,久禮旦雄,井上二郎,
【店主;司会】新井秀和



20190303002448f44.jpg

20190303002445142.jpg



・・・・・・・・・

首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン
日刊ゲンダイ ー 2019年1月19日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245731
#日刊ゲンダイDIGITAL

「平成」に代わる新元号の発表は4月1日だ。通算248番目の新元号は何になるのか。国民的な関心が高まる中、永田町では「新元号に〈安〉の字が採用されるのではないか」との臆測が広がっている。

「元号選定はいくつかのプロセスを経ますが、最終的に官房長官が複数案を首相に持ち込んで選ぶのが慣例です。超長期政権をうかがう安倍首相は悲願の憲法改正でレガシー(政治的功績)づくりを目指していますが、改憲機運が高まっているとは言い難い。〈戦後外交の総決算〉に位置付ける北方領土交渉も厳しい局面です。そこで、新元号に総理の姓である〈安倍〉から一字を取るプランがにわかに現実味を帯びて伝わってきているようです」(与党関係者)

 新元号の選定は1979年制定の元号法に基づき
▼国民の理想としてふさわしい、よい意味を持つ
▼常用漢字2文字
▼読みやすい
▼書きやすい
▼外国も含め、過去に元号などに使用されていない
▼俗用されていない
――などの基準を満たす必要がある。
これまでの元号で〈安〉は「安貞」や「安政」など17回用いられ、使用頻度は10番目に多く、なじみがある漢字のひとつではある。
(以下略)




新元号に安倍首相の「安」の字が入る!?
極右勢力が「国体思想の復活」を目指し法制化した元号の危険性

リテラ ー 2019年1月31日
https://lite-ra.com/2019/01/post-4520.html

 新元号をめぐる予想が喧しい。周知のとおり、4月末日の明仁天皇の退位、5月1日の皇太子の新天皇即位に先立って、4月1日に新たな元号が発表される。

 新元号を予想するアンケートが様々な企業やSNSなどで盛んに行われている。
新元号をいくら予想したところで、複数案を用意しており事前情報の出回ったものは外すというのが定説なので、予想にほとんど意味はないだろう。

 しかし気になるのは、多くのアンケートで、「安」の字が上位に食い込んでいることだ。

 『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でも先日、新元号予想の話題を取り上げた際、「安」の字が上位に入っていることについて出演者たちは「安心を求めているのでは?」などと予想していたが、「安」の字がランクインしている理由はそれだけではないだろう。

 多くの市民が、新元号に「安」の字を予想しているのは、安倍首相の「安」だからではないか。

 1月19日付けの日刊ゲンダイは、
〈国民的な関心が高まる中、永田町では「新元号に〈安〉の字が採用されるのではないか」との臆測が広がっている〉
と伝えた。
 安倍政権が改憲戦略や外交で厳しい局面に立たされているなか
「新元号に総理の姓である〈安倍〉から一字を取るプランがにわかに現実味を帯びて伝わってきているようです」(与党関係者)
とのコメントを掲載している。

 前述の通り予想じたいに意味はなく、これだけ予想に上がっているぶん、むしろ「安」の字の使用に現実味があるとは言い難い。
 逆に、こうしたアンケート結果や観測から言えることは、安倍首相なら自分にゆかりのある「安」の字を使うんじゃないか、そう多くの国民に思わせているということだろう。

 言うまでもなく、安倍首相が自らの権勢を誇るために「安」の字をねじ込もうとしているとしたら、私物化もいいところだ。
 しかし、この間、明仁天皇の退位と改元を巡って、さまざまな策略を巡らしてきた安倍政権、そして、この国の政治や財産を我が物顔で牛耳っている安倍首相のキャラクターを考慮すると、「新元号には“安倍の安”を使う」こともやりかねない。

 もう一度言うが、支持者・批判者問わず多くの国民がそう思ってしまうほどに、安倍首相の独裁体質、安倍首相による国の私物化が進行しているということではないのか。
(以下略)




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5211-1093934e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)