FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

火力発電燃料の輸入価格下落を原発再稼働の成果に摩り替える九州電力のデマゴギー!

2019年2月27日(水)


九州電力が電力の単価を僅かに1円程下げたことを大宣伝し、
それが原発再稼働によるコストダウンによるものと言う。

NHKーニュースでは、5年前に6円以上値上げして後、
初めての値下げで有り、なお値上げ前より5円以上高いことを
報道している。


九州電力 4月から電気料金値下げを届け出 平均1%余
NHKニュース ー 2019年2月26日(火)


また、NHKーニュースの他の記事では、値下げを可能とした
主要な原因は、石炭・石油・天然ガスなどの火力発電燃料の
輸入価格が下落したことにあることを明らかにした!

【これは火力発電の燃料となる石油、天然ガス、石炭の
輸入価格が下落しているためで】

電気料金 電力10社そろって値下げ
値上げ傾向に歯止め

NHKーニュース ー 2019年2月27日 17時33分


NHKも中々頑張ってるじゃないか?!

以下は西日本新聞記事

九州電力、1・09%値下げへ 4月から家庭向け
西日本新聞 ー 2019年02月26日12時39分

201902280048503bb.jpg






・・・・・・・・

➡️ 僅かな値引きと原発再稼働を秤に掛けて消費者を誘導するやり口!

【九州電力は平成25年に平均で6.23%の値上げをしていて、
その後の値下げはこれが初めてです。】NHKーニュースより
・・・・・・・・・
九州電力 4月から電気料金値下げを届け出 平均1%余
NHKニュース ー 2019年2月26日(火)

九州電力は、原子力発電所の再稼働によって発電コストを削減できているとして、電気料金をことし4月から平均で1%余り値下げすることを国に届け出ました。九州電力の値下げは東日本大震災のあと初めてです。

九州電力の池辺和弘社長は26日、経済産業省を訪れ、世耕経済産業大臣に電気料金の値下げを届け出ました。

値下げは、ことし4月1日からで、平均で1.09%、使用量が平均的な家庭の場合で月額72円の値下げになるということです。

九州電力では、鹿児島県の川内原発と佐賀県の玄海原発の合わせて4基が再稼働していて、発電コストを削減できていることや経営の効率化を進めたことが理由だとしています。

東日本大震災のあと九州電力は、原発が停止して火力発電の燃料費がかさんだため平成25年に平均で6.23%の値上げをしていて、その後の値下げはこれが初めてです。

届け出のあと、池辺社長は記者団に対し「これによって競争環境が好転していくと思う。今後も効率化を進め、電気を多く売れるようになればさらに値下げする余地はあると思う」と述べました。

震災後の原発の再稼働に伴う値下げは、関西電力がおととしと去年の2回、行ったのに続くものです。



➡️ 火力発電燃料の輸入価格値下がりが主要な原因!
九州電力が表明した『原発再稼働によるコストダウン』は、
まさに消費者を誘導するための意図的フェイクニュースで、
以下のNHKーニュースに依れば、原油などの値下がりが
主なコストダウン要因であるとのこと。
【これは火力発電の燃料となる石油、天然ガス、石炭の
輸入価格が下落しているためで】NHKーニュース

九州電力のデマゴギーに騙されてはならない‼️
・・・・・・・・・

電気料金 電力10社そろって値下げ
値上げ傾向に歯止め

NHKーニュース ー 2019年2月27日 17時33分

大手電力10社は、ことし4月の電気料金をそろって値下げすることになりました。火力発電の燃料の輸入価格が下落したためで、1年余り続いていた電気料金の値上げ傾向に歯止めがかかった形です。

各社の発表によりますと、ことし4月の電気料金は、使用量が平均的な家庭で、

▽沖縄電力が112円、
▽北海道電力が96円、
▽九州電力が87円、
▽四国電力が59円、
▽中国電力が55円、
▽東京電力が54円、
▽北陸電力が52円、
▽東北電力が39円、
▽中部電力が18円、
▽関西電力が12円
の値下げになります。


これは火力発電の燃料となる石油、天然ガス、石炭の輸入価格が下落しているためで、九州電力では26日発表した原発の再稼働による料金値下げも影響しています。

全社がそろって値下げするのは1年4か月ぶりで、1年余りにわたって続いていた電気料金の上昇傾向に歯止めがかかった形です。

都市ガス大手も、天然ガスの輸入価格の下落で4社すべてが4月のガス料金を値下げします。

使用量が平均的な家庭で見ると、
▽大阪ガスは経営効率化による値下げも行うため50円下がるほか、
▽東京ガスは14円、
▽東邦ガスは13円、
▽西部ガスは10円の値下げになります。



➡️ NHKーニュースでは、以前値上げした分の6%程度と比べれば
値下げ分は僅かであることを明らかにしていました。

九州電力は玄海原発と川内原発の再稼働でコストを削減できたことが
値引きする理由であるかのように表明しているようです。

九州電力利用者への原発再稼働容認意識を誘導するためのものである
ことは余りにも明らかです‼️
・・・・・・・・・・・・・・

九州電力、1・09%値下げへ 4月から家庭向け
西日本新聞 ー 2019年02月26日12時39分

 九州電力は26日、電気料金を一般家庭向けなどで平均1・09%値下げすると経済産業省に届け出た。企業向けなどを含む全体では約1・3%引き下げる。4月1日から実施する。九電の池辺和弘社長が26日午後、経済産業省を訪問して世耕弘成経産相に届け出書を手渡した。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5208-1abbf56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)