FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

冗談だろ! 安倍晋三がトランプ大統領を『ノーベル平和賞』に推薦文!

2019年2月19日(火)

冗談もほどほどに❗️と、言いたい処だが冗談じゃ無いらしい。
安倍晋三もトランプからノーベル賞候補に推薦して欲しいのだろう!

何と言うアナクロニズム!

 安倍晋三はトランプの『コマ使い』であることを
自ら世界に公表!  本当におバカだ!

・・・・・・・・・・・・



トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
 毎日新聞 ー 2019年2月16日(土)
https://mainichi.jp/articles/20190216/k00/00m/030/061000c
 

【ワシントン高本耕太】
 トランプ米大統領は15日、北朝鮮との緊張緩和を理由に「安倍晋三首相からノーベル平和賞に推薦された」と明らかにした。

 トランプ氏は同日、ホワイトハウスでの記者会見で、政権発足前は「戦争突入目前だった」対北朝鮮関係が、「現在はミサイル発射や核実験もなくなった」と外交成果を強調。そのうえで、「安倍首相から、彼がノーベル賞委員会に送ったすばらしい書簡の写しを渡された。『日本を代表しあなたを平和賞に推薦する』とのことだった」と述べた。

 トランプ氏は、推薦理由を「日本上空をロケットやミサイルが飛ばなくなり、警報も鳴らなくなったからだ。日本国民は安心を感じている。私のおかげだ」と説明。「自分が受賞することはないだろう」と予想する一方、安倍首相による推薦状は「最も美しい5ページの手紙だ」と上機嫌で語った。
(以下略)



【朝日新聞・社説】
 平和賞推薦 対米追従が過ぎないか

 朝日新聞 - 2019年2月19日
 

 安倍首相は本気で、トランプ米大統領がノーベル平和賞にふさわしいと考えているのか。外交辞令では済まされぬ、露骨なお追従(ついしょう)というほかない。
(中略)
 安倍政権は会談後も、北朝鮮の脅威は変わらないとして、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を進め、米国製戦闘機F35計105機の追加購入も決めた。国内で危機感をあおりながら、トランプ氏には緊張がなくなったと感謝するのは、ご都合主義が過ぎる。

 一貫しているのは、トランプ氏の歓心を買うかのような姿勢だ。ノーベル平和賞の推薦まで持ち出すとは驚く。国際社会の目にどう映るだろうか。
(以下略)



そんなにほしい?平和賞 トランプ氏が推薦暴露した事情
 朝日新聞:飯島健太 - 2019年2月18日
 

 安倍晋三首相がトランプ米大統領をノーベル平和賞候補に推薦したのかどうかが、話題になっています。安倍氏は18日の衆院予算委員会で「コメントは控える」と答弁し、推薦を否定しませんでした。トランプ氏が「推薦してもらった」と暴露して始まったこの騒動。トランプさん、どうしてそこまでして平和賞が欲しいのでしょう。米国政治に詳しい専門家にも聞いてみました。
(以下略)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5200-46d30179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)