FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

日本共産党の提案で参院選での候補者一本化と「政策協議」も進めていくことを確認!

2019年1月29日(火)

やっぱり、日本共産党の志位和夫委員長が声を挙げないと纏まらない?!

当初、1月25日に予定されていた立憲野党5党・1会派の党首会談が
立憲民主党と国民民主党の多数派工作の影響で3日遅れで昨日
(1月28日午後)国会内で開催されたとのこと。

AKAHATA_2019012901_01_1.jpg
     (写真)5野党1会派による野党党首会談。
     中央左は志位和夫委員長=28日、国会内

参院選1人区一本化で合意 野党5党・1会派が党首会談
 書記局長・幹事長間で早急に協議、具体化進める

 しんぶん赤旗 - 2019年1月29日


日経新聞や毎日新聞では、「毎月勤労統計」問題の全容解明で連携する
と云う項目が前面に出されていたが、それはそれで重要な課題だとして、
最も重要な確認事項は、夏の参院選では全国32の1人区のすべてで
候補者を一本化することだった。


野党、不適切統計の解明で連携
日本経済新聞 ー 2019年1月28日(月)


野党6党派、統計不正「全容解明」で連携確認
毎日新聞 ー 2019年1月28日(月)


そして、特に日本共産党が重視していた「政策協議をすすめる」ことも
確認されたことは、この間の停滞した雰囲気を打破する大きな進展だった。

やはり、日本共産党の志位和夫委員長が声を挙げないと野党は纏まらない!

以下は、『JCP-Suppoter Mail』 と、そこからのリンク記事。

【JCP-Suppoter Mail】(2019/1/29)より

【国会開会】安倍政権を追いつめ、展望ひらく論戦とたたかいを
 参院選1人区一本化で合意


28日(月)、通常国会が開会しました。厚労省の統計不正・偽装問題、沖縄・辺野古沖への土砂投入の強行など、国政・民主主義の根幹をゆるがす大問題が噴出するなかでの開会となりました。
昨日は野党5党1会派で党首会談も開催。通常国会において安倍政権に厳しく対峙していくことや、参議院選挙で32の1人区のすべてで候補者を一本化するため、各党の書記局長・幹事長間で早急に具体化の協議を始めることで合意しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 通常国会 攻めに攻める論戦とたたかいを
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨日、安倍首相が施政方針演説。「全体は使い古されたスローガンの羅列」「冒頭の歌の引用は憲法の平和主義に真っ向から反する」——安倍首相の演説に対する志位委員長の感想と決意、日本共産党がこれからどんな論戦をしていくのか、ムービーで見ることができます。


【志位委員長会見:政府施政方針演説を聞いて】(動画:約12分)



  【志位委員長の議員団総会あいさつ】(動画:約14分)

************

参院選1人区一本化で合意 野党5党・1会派が党首会談
 書記局長・幹事長間で早急に協議、具体化進める

 しんぶん赤旗 - 2019年1月29日
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-29/2019012901_01_1.html


 日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社会保障を立て直す国民会議の野田佳彦代表、自由党の小沢一郎代表、社民党の又市征治党首は、通常国会開会の28日、党首会談を国会内で行いました。野党5党・1会派は、安倍政権打倒をめざし、「毎月勤労統計」問題の全容解明や内政・外交課題の徹底審議など国会での協力・連携を強めるとともに、夏の参院選では全国32の1人区のすべてで候補者を一本化するために、各党の書記局長・幹事長間で早急に具体化の協議を進めることで合意しました。

【安倍政権打倒で結束】 

 会談では、志位氏が、参院選での候補者一本化の協議をするうえで、「市民連合」と各党が行った合意をふまえ、政策問題の協議も進めていくことを提起し、各党・会派で確認されました。

 志位氏は会談後の記者会見で、「安倍政権打倒をめざし、32の1人区すべてで一本化を図る。そして、その具体化のための協議を早急に開始するという内容が入ったことは大変に重要な前進だ」と強調。「わが党としては本気の共闘をめざして力を尽くす」と表明しました。

 会談には、日本共産党の小池晃書記局長、各党の幹事長などが同席しました。

【野党党首会談合意事項】

 野党党首会談(28日)の「合意事項」(全文)は次の通りです。

2019年1月28日

野党党首会談合意事項

 立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会保障を立て直す国民会議、自由党、社会民主党は、党首会談において以下について合意した。

○本通常国会において、野党5党1会派は協力連携を強め、立憲主義の回復や、また国会の国権の最高機関としての機能を取り戻し、国民の生活を豊かにし権利を守るため、安倍政権打倒をめざし厳しく対峙(たいじ)していく。

○内政・外政の山積する課題について徹底審議を行う。

○「毎月勤労統計」問題についての全容解明を行う。

○今夏の参議院選挙に際し、安倍政権打倒をめざし、32の1人区全ての選挙区において、与党を利することのないよう、速やかに候補者一本化のための調整を図る。


 野党5党1会派の幹事長・書記局長は、これらの確認事項の目的を達成するために、早急に協議し、その具体化を進める。



【関連記事】

野党、不適切統計の解明で連携
日本経済新聞 ー 2019年1月28日(月)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40551180Y9A120C1EAF000/


野党6党派の党首は28日午前、国会内で会談し、厚生労働省による毎月勤労統計の不適切調査に関して全容解明に向けた連携を確認した。28日召集の通常国会で安倍政権の打倒をめざして厳しく対峙する方針で一致した。夏の参院選については32ある改選定数1の1人区で候補者一本化に向けた調整を図ると申し合わせた。会談は立憲民主党の枝野幸男代表が呼びかけた。国民民主党の玉木雄一郎代表、共産党の志位和夫委員長、自由党の小沢一郎共同代表、社民党の又市征治党首、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野田佳彦代表が出席した。



野党6党派、統計不正「全容解明」で連携確認
毎日新聞 ー 2019年1月28日(月)
https://mainichi.jp/articles/20190128/k00/00m/010/232000c


 立憲民主党など野党6党派の党首らは28日、国会内で会談し、厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題の全容解明に向けて連携して取り組むことで一致した。夏の参院選で32ある改選数1の「1人区」で候補者を一本化することも合意した。ただ、野党内の主導権争いに歯止めはかかっておらず、政府追及を足がかりに歩調をそろえられるかが問われることになる。【小田中大、遠藤修平】

 会談には、立憲の他、国民民主、共産、自由、社民の4党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」が参加した。安倍政権打倒を目指し、通常国会では特に「毎月勤労統計」問題に力点を置いて徹底審議する方針を確認。参院選の1人区での共闘も政党間で初めて公式に合意し、立憲の枝野幸男代表は会談後の党会合で「安倍政権の政治に終止符を打ちたいという声を集結したい」と述べた。

 これに先立つ野党国対委員長会談では、与党側に補正予算案や来年度予算案に先んじた集中審議の開催を要求し、根本匠厚労相の責任を追及することも確認した。

 ただ、野党が結束していけるかは予断を許さない。国民と自由の統一会派の結成を受け、参院では国民が中心となる会派と立憲が中心となる会派で野党第1会派争いが勃発。国民、自由と立憲との溝は深まりつつある。

 さらに、28日の国民と自由の合同会合では、国民の階猛衆院議員が自由の小沢一郎共同代表の目の前で「大義が見えない。立憲との溝が深まって(野党の)大きな塊から遠ざかっている」と公然と批判するなど、国民、自由の中でも火種も抱えている。

 また、党首会談では、共産党の志位和夫委員長が参院選での政策協議の実施を呼びかけ、合意を取り付けた。しかし、立憲などは野党共闘を支援する市民グループ「市民連合」を介した形を模索しているのに対し、共産は政党間の政策協定締結を求めており、参院選戦略では思惑にずれもある。



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5180-d43babcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)