FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

NHKで安倍晋三が「辺野古のサンゴは移植」と嘘を公言!

2019年1月11日(金)

先日放送されたNHKの年頭党首インタビューで、安倍晋三が嘘を公言し、
生放送では無く収録にも関わらず、NHKは検証することも無く垂れ流した!

安倍晋三政権への忖度と怖れと遠慮が徹底されている。

この放送にはさすがに安倍晋三政権への怖れを抱いているマスメディアも
疑問を呈している。

勿論、その先頭に立ったのは玉城デニー沖縄県知事であり、地元二紙だった。

辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが
実際は土砂投入海域の移植はゼロ
琉球新報 - 2019年1月8日 05:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-858199.html

20190113163532259.jpg


琉球新報【社説】
<社説>首相サンゴ移植発言 フェイク発信許されない
琉球新報 【社説】 ー 2019年1月9日(水)
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-858590.html

そして、大手マスメディアもこれに追随して報道。

首相「サンゴ移転」発言放送は妥当か NHKに疑問の声
朝日新聞デジタル ー 2019年1月11日
https://www.asahi.com/articles/ASM1C5D0YM1CUCLV00G.html

日刊ゲンダイもNHKの責任を厳しく問う!

居直りNHKに批判殺到 安倍首相「サンゴ移植」の嘘タレ流し
日刊ゲンダイ ー 2019年1月11日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245257




・・・・・・・・・

辺野古埋め立て 首相が「あそこのサンゴは移植」と発言したが…実際は土砂投入海域の移植はゼロ
琉球新報 - 2019年1月8日 05:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-858199.html

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に伴う埋め立てに関し、安倍晋三首相は6日に放送されたNHKのテレビ番組「日曜討論」で事実を誤認して発言した。安倍首相は「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」と述べたが、現在土砂が投入されている辺野古側の海域「埋め立て区域2―1」からサンゴは移植していない。

 埋め立て海域全体では約7万4千群体の移植が必要だが、7日までに移植が終わっているのは別海域のオキナワハマサンゴ9群体のみにとどまっている。

 沖縄防衛局は、土砂投入の海域付近にあった準絶滅危惧のヒメサンゴ1群体を当初移植する方針だった。県から移植に必要な特別採捕許可が得られなかったことから、特別な装置を用いてサンゴを囲み、移植を回避するよう工法を変更した経緯がある。

 首相の発言について玉城デニー知事は7日、ツイッターに「安倍総理…。それは誰からのレクチャーでしょうか。現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです」と投稿した。

 サンゴの生態に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授は「発言は事実と異なる。サンゴを移植しても生き残るのはわずかで、そもそも環境保全策にはならない」と指摘した。

 沖縄防衛局は、サンゴの移植は1メートル以上の大きさを対象とし、1メートルより小さいサンゴは移植していない。

 これまでに移植したオキナワハマサンゴ9群体はいずれも「埋め立て区域2―1」ではない場所に位置していた。

 移植に向けて沖縄防衛局が県に特別採捕許可を申請している約3万9千群体のサンゴも現在の土砂投入海域にはない。県は申請を許可していない。

 首相は「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」とも発言した。沖縄防衛局の事業で、貝類や甲殻類を手で採捕して移した事例はあるものの、「砂をさらって」別の浜に移す事業は実施していない。
************

『埋立中止電子署名』のサイトへのリンクを掲載!
https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa?fbclid=IwAR3f85kI9qPDvBxpJoGUW7D7duCYgVvnOZvNbp6jMfY2PCLGu1cgO_wJ6fY




<社説>首相サンゴ移植発言 フェイク発信許されない
琉球新報 【社説】 ー 2019年1月9日(水)
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-858590.html

 安倍晋三首相がNHK番組「日曜討論」で、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てについて「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移している」と、事実と異なる発言をした。一国の首相が自らフェイク(うそ)の発信者となることは許されない。

 NHK解説副委員長の質問に対して首相は、土砂を投入している区域のサンゴは移植しており、砂浜に生息する絶滅危惧種を砂ごと移す努力もしていると述べた。これらは事実ではない。
 現在土砂が投入されている区域ではサンゴの移植は行われていない。埋め立て海域全体で約7万4千群体の移植が必要で、終わっているのは別の区域の9群体のみだ。他のサンゴ移植は沖縄県が許可していない。砂ごと生物を移す事業も実施していない。
 首相の発言は準備されていたはずである。簡単に確認でき、すぐに間違いと指摘されることを、なぜ堂々と言うのだろうか。県民の意向を無視し違法を重ねて強行している工事の実態から国民の目をそらすため、意図的に印象操作を図っているのではないか。
 首相は「全く新しく辺野古に基地を造ることを進めている」との誤解が国民にあると述べ「誤解を解かなければいけない」として、危険な普天間飛行場を返還するために辺野古に基地を造るのだと強調した。
 この点についても多くの疑問や批判が沖縄側から出されてきた。移設先が県内でなければならない理由はないこと、普天間にない軍港や弾薬庫などの機能が備えられること、新基地の完成時期が見通せないこと、完成しても普天間が返還される保証がないことなどだ。
 これらに対する説明を避けたまま、政府は普天間固定化か新基地かという身勝手な二者択一論を押し付けてきた。それが今回も繰り返された。
 政府首脳による事実と異なる発言はこれまでも続いてきた。菅義偉官房長官は普天間飛行場返還合意のきっかけを、少女乱暴事件ではなく事故だったと強弁し続けた。
 普天間飛行場の5年以内の運用停止について首相は「最大限努力する」と約束していたが、実現の見通しのない空手形だった。これも意図的なうそだったのではないか。
 首相が頻繁に口にし、今回も最後に述べた「沖縄の皆さんの気持ちに寄り添っていく」「理解を得るようさらに努力する」という言葉も、フェイクにしか聞こえない。
 今回、もう一つ問題があった。事前収録インタビューであるにもかかわらず、間違いとの指摘も批判もないまま公共の電波でそのまま流されたことだ。いったん放映されると訂正や取り消しをしても影響は残る。放送前に事実を確認し適切に対応すべきだったのではないか。放置すれば、放送局が政府の印象操作に加担する形になるからだ。




居直りNHKに批判殺到 安倍首相「サンゴ移植」の嘘タレ流し
日刊ゲンダイ ー 2019年1月11日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245257
#日刊ゲンダイDIGITAL

 これで公共放送といえるのか――。

 安倍首相は6日、NHK「日曜討論」で、辺野古基地移設工事で希少なサンゴや絶滅危惧種が死滅する恐れについて、「土砂投入に当たって、あそこのサンゴは移植している」「砂浜の絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」などと放言。根拠のない話を事実のごとく語っていたが、何のチェックもせずに放送したNHKにも「ウソを垂れ流しか」などと批判が集まっている。

 驚きなのは、安倍首相の“フェイクニュース”を放送したにもかかわらず、NHKが訂正や釈明の姿勢を一切見せていないことだ。

 辺野古問題に詳しいジャーナリストの横田一氏が8日に、
①琉球新報の指摘通り事実誤認ではないか
②訂正放送の予定はあるか
③首相の事実誤認発言を放送したことを検証する予定はあるか――
とNHKに文書で問い合わせると、次の回答だったという。

「番組内での政治家の発言について、NHKとしてお答えする立場にありません。また、他社の報道についてはコメントいたしません」(広報部)

(以下略)





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5161-f409f78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)