FC2ブログ

JUNSKY blog

政治関連・社会問題などについて書いてゆきます!

志位和夫・日本共産党委員長が新年の挨拶で野党共闘を一層強調!

2019年1月5日(土)


日本共産党の志位和夫委員長は、新年『党旗びらき』の挨拶で、
参議院選挙1人区の立憲野党の候補者統一に向けて、
一層の努力を強調した。

・・・・・・・・

共闘勝利と共産党躍進で“安倍政治サヨナラ”の年に/
全国心一つに「統一地方選必勝作戦」やりぬこう/
19年党旗びらき 志位委員長があいさつ
しんぶん赤旗 ー2019年1月5日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_01_1.html


20190106003543bf1.jpg

(一部引用)

【速やかな野党協議呼びかけ】

 志位氏は、昨年画期的な前進をみせた野党の国会共闘の流れを、参院選の共闘へと発展させられるかが今年の大きな課題だと強調。
昨年11月の市民連合のシンポジウムでの確認を踏まえ、野党各党が無条件で協議のテーブルにつき、安倍政権打倒と「参院選1人区での野党候補の一本化」を政党間で合意し、その具体化のための協議を速やかにはじめることを強く呼びかけました。
また、4月21日に行われる衆院沖縄3区補選での勝利にむけ全力をあげて奮闘する決意を表明しました。

 志位氏は、19年のたたかいとして、
(1)今年10月からの消費税10%の大増税を中止し、暮らし第一で経済を立て直す改革
(2)「戦争する国づくり」を許さないたたかい
(3)沖縄への連帯のたたかいを、さらに発展させる
(4)「原発ゼロの日本」をめざすたたかいの発展
ーの四点をあげ、それぞれで最も幅広い共闘を一貫して追求するとともに、日本共産党の躍進を訴えてたたかうことを強調し、四つの分野での対決点と課題について詳しく述べました。




共闘勝利と共産党躍進で“安倍政治サヨナラ”の年に/
党旗びらき 志位委員長のあいさつ(全文へのリンク)
2019年1月5日(土)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010504_01_0.html

(冒頭部分引用)
【沖縄と憲法】
二つの大きな成果を確信に、“安倍政治サヨナラ”の年に

「絶対に負けられない二つのたたかい」で大きな成果

 昨年の「党旗びらき」で、私は、安倍政権と対決する国民のたたかいをあらゆる分野で発展させる先頭に立つとともに、「絶対に負けられない二つのたたかい」に勝利することを訴えました。
一つは、沖縄県知事選挙で必ず勝利をかちとることです。
いま一つは、安倍首相による憲法9条改定を許さないことです。

 昨年1年間を振り返って、日本の命運を分けるこの「二つのたたかい」で大きな成果をあげたことを、新春の年頭にあたってまず確認したいと思います。(拍手)

 沖縄では、翁長知事の急逝という悲しみをのりこえ、2カ月早まった9月30日の県知事選挙で、辺野古新基地建設反対を掲げた「オール沖縄」の玉城デニー候補が、39万票という史上最多の得票で圧勝しました。

 憲法をめぐって、安倍首相は、憲法審査会を動かして改憲の発議を行うことに執念を燃やしましたが、これを水際で撃退し、憲法審査会への自民党改憲案の提案を、昨年の国会では断念に追い込むことができました。

 もとより、沖縄も憲法も、たたかいは続きますが、昨年、「絶対に負けられない二つのたたかい」で、安倍政権の思い通りにさせない結果をつくったことの意義はきわめて大きなものがあります。
みなさんと一緒にこの成果を喜びあいたいと思います(拍手)。
そして、沖縄でも憲法でも、「共闘の力」が、安倍政権の暴走を阻む大きな力として働いたことは、私たちに「いかにたたかうか」の展望を指し示しています。
このことをみんなの深い確信にして、今年のたたかいに元気いっぱいのぞもうではありませんか。(拍手)



・・・・・・・・・

【関連記事】

亥年の難局、自民にくすぶる衆参ダブル論 公明は否定的
朝日新聞デジタル ー 2019年1月5日(土)
https://www.asahi.com/articles/ASM14536YM14UTFK008.html

日曜版新年合併号 新春特別インタビュー
 安倍政権どう倒す/志位さんに早野さん直撃/
統一地方選・参院選 「本気の共闘」と共産党躍進で
しんぶん赤旗 【日曜版】ー 2019年1月1日(特別号)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-01/2019010101_01_0.html

志位和夫委員長 新春インタビュー/
日本を変えるたたかいに挑戦を/沖縄と憲法――二つの大きな成果を確信に/
聞き手 小木曽陽司・赤旗編集局長
しんぶん赤旗 ー 2019年1月1日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-01/2019010101_02_0.html

統一地方選まで3カ月/7月参院選の前哨戦 各党総力
しんぶん赤旗 ー 2019年1月1日
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-01/2019010101_03_1.html

2019年 政局展望/安倍政治に決着つける年/市民と野党の共闘 熱く結集
しんぶん赤旗 ー 2019年1月1日
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-01/2019010102_02_1.html

(前略)

【政党間協議急ぐ】

 昨年末で7年目に入った安倍政治はあらゆる分野で破綻を深め、市民と野党が明確な対抗軸と政治的受け皿を国民に示すことができれば、どこでも地滑り的な大激変を起こす条件は強まっています。

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会、自由党、社民党の6野党・会派はすでに32の参院選1人区での「候補者一本化」を確認。当面の最大の焦点は、「本気の共闘」体制構築に向け政党間協議を加速することです。メディアも「協議が始まれば選挙情勢は一変する」とこの点に注目します。

 昨年9月の沖縄県知事選では、権力総動員で新基地建設反対の民意を押しつぶそうとする安倍自公政権に対し、「オール沖縄」は結束をより強固にし、力ずくの攻撃を圧倒的大差で打ち破りました。

 この勝利は、戦後最悪の安倍政権の延命、支持率維持への「モヤモヤした気持ち」を一掃。対決軸を鮮明にし、市民と野党が一丸となってたたかう「本気の共闘」が実現すればどんな攻撃もはね返すことができる―。そのことを実証したのです。「沖縄のようにたたかおう」の声が全国に広がりました。
(以下略)



・・・・・・・・・

以下は、本日付けの西日本新聞紙面切り取り
2019010514071841a.jpg
20190105140719fa8.jpg


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junskyblog.blog.fc2.com/tb.php/5156-000c7f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)